今や装着率約50%! ドライブレコーダーに必須の性能と大事なポイントとは!?


 交通事故の瞬間だけでなく、あおり運転や不意のトラブルを捉えるドライブレコーダーは、今の時代必須アイテムといえる状態になっている。

 ただ購入しようと思った時に気になるのが、どんな性能であればもしもの時にしっかり役立つのか? ということだろう。

 今回は、自身もドライブレコーダーを活用している自動車ジャーナリストの諸星陽一氏が、選ぶ際に押さえておきたい性能、そしてドライブレコーダー装着時に気を付けるべきポイント(自動ブレーキに干渉しないように)について解説していく。

文/諸星陽一
写真/Adobe Stock(Masaharu Shirosuna@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】ドライブレコーダー購入時に押さえておきたい4つのポイント


■全体の約46%という高い装着率となっているドライブレコーダー

 私達ジャーナリストが自動車メーカーやインポーターから借用するクルマを「広報車」と呼びます。その広報車も現在はほとんどのクルマにドライブレコーダーが搭載されています。

 ドライブレコーダーは何らかのトラブルが起きた際にその状況を録画できるため、さまざまなことに役立ちます。簡単に言ってしまえば証拠が押さえられるというわけで、何か事故が起きた時には何が原因だったか? 誰に非があったかなどを判明できる可能性があります。あえて可能性があると書いたのは、ドライブレコーダーは万能だと思って欲しくないからです。

今や必須装備となったドラレコながら、その多様さゆえ自分に合った1台を選ぶには、まず「期待する機能」を考える必要がある(Proxima Studio@Adobe Stock)

 そんなドライブレコーダーですが、多くの人は「あおり運転」対策に搭載したい……と考えていることでしょう。ちょっと古いデータになりますが2016年のJAFの調査によると、あおり運転の被害にあったという人は約6割にもなると言われています。

 テレビのニュースやワイドショーで、あおり運転のドライブレコーダー映像が公開されたことも影響して、搭載率はかなり高くなっています。2019年に国土交通省が行った調査では、全体の45.9%が搭載、その目的は交通事故の記録が第1位、第2位があおり運転への対策でした。

 さて、多くの人が必要としているドライブレコーダーですが、実はいろいろなタイプがあります。いったいどんなタイプを選べばいいのでしょうか。今回はそんなドライブレコーダーの選び方について考えていきます。

■海外製品は注意が必要 国産品が安心感高し

 まずは基本的な部分です。ドライブレコーダーは電子パーツのため、自動ブレーキなどの装備に干渉する可能性があります。最新の国産品はまず問題ありませんが、海外通販などで販売されているものは注意が必要です。

 海外製品が必ず干渉するとは限りませんが、安全に関係する部分だけに自動ブレーキ装着車などは、国産品を選ぶことをおすすめします。もちろん、海外製品でも自動ブレーキに対する検証がしっかりと行われている製品で、説明書などがしっかりしているものは使っても構わないでしょう。搭載時はセンサーから何cm離すといった指定がある場合はそれを守ることも大切です。

次ページは : ■事故の証拠として使うなら押さえておきたい性能

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ