【RAV4、ジューク、C-HR…】日本車のお家芸だった歴代クロスオーバーカー 41選


 世界的なクロスオーバーSUVブームが続いています。

 昨今では(フレームではなく)モノコック構造で作ったクロスカントリー型4WDがSUVであり、それをもっと乗用車寄りにしたモデルが「クロスオーバーカー」だといわれています。

 しかし言葉のもともとの意味(「ジャンルとジャンルの垣根をクロスオーバーするクルマ」)を考えれば、SUVに限らず異なるジャンルを組み合わせたモデルは、日本車のお家芸でもありました。

 ここでは日本車における「クロスオーバーカー」の歴史をみていきます。

 こうして振り返ってみると、日本のクルマは新しいアイデアの宝庫だったことがわかります。

 本企画で紹介できたのはほんの一部で、日本市場にはこのほか多くのクロスオーバー車が登場していますが、すべてを掲載するわけにはいかないので、未登場車のファンや元オーナーの皆さまにはご寛恕ください。

※各車名横に記載したのは登場年
文:ベストカー編集部
ベストカー2017年3月26日号「ニッポンのクロスオーバー45年史」より


■SUBARU レオーネ4WDバン 1972年

【バン+クロカン】ジープタイプしかなかった4WDをバンに搭載し、雪国で大活躍。ご覧のとおり、広報写真なのに悪路走破性を前面に打ち出しておりました。

■TOYOTA スプリンターカリブ 1982年

【ワゴン+クロカン】当時としてはめずらしい全車4WDで登場。広い室内も評判だった。のちに「ある程度の最低地上高を確保したワゴン」を数多く生み出した元祖的なモデル。

次ページは : ■TOYOTA カリーナED 1985年

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ