ヴェゼル、RAV4 PHV…スポーツモデルが顔負け!? 走りもイケる本格派SUV


 「悪路を走る性能に特化」、「重心が高く走りは苦手」は過去のもの? 最新SUVには走りもスポーティで本格派も出現!

 かつてSUVといえば悪路に特化したクルマで、舗装路の走りは得意分野ではない、というイメージも強かった。しかし、そもそもSUVは「多目的スポーツ車」の略。近年ではさまざまな特長を持つ、乗用車的な快適性を持つ人気車が増加。走りのレベルも大幅に向上している。

 なかでもスポーティと呼べる走りが身上の最新SUVとは? 自動車ジャーナリストでレーシングドライバーの松田秀士氏が解説する。

文/松田秀士、写真/TOYOTA、SUBARU、HONDA、NISSAN、VOLVO

【画像ギャラリー】荒地も舗装路もスポーティに走りこなす! ハイレベルな走りを楽しめる本格SUV


■SUVの「生涯未舗装路走行距離」は全体の1割未満?

かつてクロカン4WDと呼ばれたランドクルーザーのような本格派も、最近では広義のSUVとして括られることが多い

 実はSUV、もともとはそんなに走りの良いクルマではなかったのです。というのもSUVの中にはクロカンSUVなるものも存在しているから。

 クロカンSUVはクロカン四駆などとも呼ばれ、悪路走行を前提にしたモデル。発展途上国などで道なき道を走る映像を見たことがあるでしょう。車高が高く、見た目にはSUVのようです。米国ではトラックから派生したピックアップなどもSUVと呼んでいます。

 岩場やぬかるみ等を走るため、これらは頑丈なラダーフレームや左右が繋がったリジット式のサスペンションを持っています。地上高ももちろん高い。だからSUVに見えますよね。しかし、路面の良いオンロードでは、それらの走行性能はあまり良くありません。

 構造的に重いし、重心が高く、バネ下も重くまったりとした走りです。これはこれで味わい深いものですが、ほぼオンロードばかり走るSUVにはそれらの機能は余計なもの。

 メルセデスの調査によれば、いわゆる一般的なSUVの生涯走行距離の中でオフロード走行距離は10%にも満たない、と言われています。なのに新型SUVのキャッチにはオフロード性能を前面に謳ったものが多いですね。

 つまり、使わなくても本格的なオフロード性能を持っていることがある種のステイタスなのです。これはもうファッションですよね。要らないもの、高級なもので身を飾ることに通じます。それらを身に着けることで幸せな気分に浸る。

 しかし、このようにオフロード性能を謳いつつも、実際にはそのようなシチュエーションを走行することはないのだから、本題のオンロード性能をもしっかり身に着けているモデルがあるのです。その代表的な走りのいいモデルをここに紹介しましょう。

■パワフルさは屈指! RAV4 PHV

トヨタ RAV4 PHV(システム最高出力:225kW(305ps))

 まずトヨタRAV4 PHV。「好きにまみれろ!」というキャッチはオフロード性能もしっかり磨きましたよというメッセージ。

 PHVは人気殺到で本年度(2020年)分がすでに完売。RAV4にはガソリンモデルとハイブリッドモデルもラインナップされていますが、そのどれもがオンロードでの走りが良い。なんといってもカムリと共通のプラットフォームを使用しているのです。

 プラットフォームが共通だと、エンジンの搭載位置、駆動方式、サスペンションの取り付け位置も共通。特にサスペンションに関してはSUV化することで車高が40mm前後上がってしまうわけで、これに対応した初期設計とサスペンション取付変更が必要になります。

 昔はそんなことお構いなしで車高を上げるモデルも多かったのですが、最近はどのモデルも小規模なモディファイを行ってSUV化しています。

 話を戻して、PHV化されたRAV4は18.1kWhというPHVとしては大容量のリチウムイオンバッテリーを床下に搭載。これだけで200㎏以上の重量があり、よって低重心になるわけ。

 レーシングカーの開発コンセプトに、重いものは低く中央に搭載する、というセオリーがありますが、まさにこれに沿った設計。だからそれだけでもコーナリングが良いわけです。

 さらに「Eブースター」と呼ばれる前後輪のモーターパワーによって、発進加速から追い越し加速までバツグンの瞬発力。来年の受付が始まったらボクも欲しいモデルの1台です。

次ページは : ■ターボ車も復活! フォレスターは回頭性も抜群