スバルの新世代アイサイトは自動ブレーキNo.1か? 「ぶつからない車」に新兵器!


新世代アイサイトは世界トップクラスか

アイサイトXは、新世代アイサイトと準頭頂衛星『みちびき』などの高度運転支援システムを加えたものになる。先行車がいる場合かつ50km/h以下の車速だとハンドル手放し運転が可能。

 ちなみにアイサイトX、新世代アイサイトをベースに準頭頂衛星『みちびき』や3D高精度地図を使う高度運転支援システムを加えたもの。

ハンドルを握っているかどうか判別するのに静電センサーを使っていることもあり、ハンドルに触れているだけで走ってくれる。

 さらに渋滞などで先行車が入れば50km/h以下の車速はハンドルから手を離すことも可能(国際協定によりアイサイトXは日本でも手放し運転が合法になってます)。

 「居眠りしたらどうするんだ?」と突っ込みたくなるだろうけれど、車載カメラでドライバーを常時監視しており、よそ見したり目を瞑ったりしている時間長いと警告されます。

 少し脱線した。といった高性能システムを持つため、新世代アイサイトは相当期待していいと思う。実は新型レヴォーグの試乗のため恵比寿のスバル本社をスタート。50mくらい走ったあたりで路地から特攻自転車が飛び出してきた。

 車道にノーブレーキで出てきたから命知らずだ。私は現役のラリードライバーだからして(笑)、瞬時にブレーキ!

 すると、そいつを追いかけるようなタイミングで新世代アイサイトがブレーキ制御してきた。現役のラリードライバー(笑)だって気を抜いて運転することはある。

アイサイトXの広範囲のセンサーにより、見にくい路地から出てくる歩行者、自転車、クルマを感知し、警報、ブレーキ制御を随時行うことが可能

 真横からの自転車に気付くのが1秒遅れたら、完全に新世代アイサイトのおかげで事故を起こさず済んだと思う。この件だけでも新世代アイサイトの実力に脱帽する。

 また、急制動に対するブレーキのレスポンスを挙げようとすると従来の負圧(バキューム)を使った、ブレーキサーボではタイムラグ出るということから電動サーボを採用している。これだけで減速の立ち上がりが0.1秒は早くなったという。

 以上。新世代アイサイトの性能は現時点で世界TOPクラスだと考えていいだろう。

【画像ギャラリー】新世代「アイサイトX」を搭載した新型レヴォーグをみる