歴代最高のスバル車はどれか? 名車ズラリ 孤高の独自路線が目白押し

独自路線・技術を貫くなかで生みだされた数々の名車たち 歴代最高のスバル車はどれだ!?

 ラインナップの全面的な刷新、新型レヴォーグ発売開始・カー・オブ・ザ・イヤー受賞、そして2代目BRZの出現など、絶好調・明るい話題に事欠かないスバル。独自路線・技術を貫きながらメインストリームでもあり続ける、そうした意味で唯一無二の存在と言っていい。

 そんなスバルの、歴代すべてのクルマたちのなかでいったいどのモデルが「最高」なのか? 自動車評論家5氏に選出してもらった。

 単純なお題ではあるが、歴代レガシィ、インプレッサWRXをはじめ、スバル360にサンバーなどなど、ナンバーワンにふさわしいモデルが出揃った。各氏が悩みに悩み抜いた結果はいかに!!?

【画像ギャラリー】全57枚!! レガシィからサンバーまでスバル歴代の名車たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年11月のものです
文/国沢光宏、渡辺陽一郎、清水草一、斎藤 聡、片岡英明、写真/SUBARU、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■今なお最高は4代目レガシィ!(国沢光宏)

 歴代モデルナンバーワンは迷うことなく4代目レガシィとしておく。このクルマ、今見ても&乗っても「いいね!」したくなる。

4代目レガシィ(2003~2009年)…歴代史上最高のレガシィと誉れ高いのが2003年に登場した4代目レガシィツーリングワゴン&セダン。端正で均整の取れたボディデザインに軽量化の徹底で今なお多くのファンを虜にしているのもうなづける

 なんたって凝ってます。ボンネットにアルミを使うなど軽量化を行い、最新の安全性も確保しながら重くなりがちなステーションワゴンのターボ4WDで1400kg台前半を実現。

 当時のライバルをまったく相手にしなかった走りの実力を含め素晴らしい。「BPを超えるモデルなし」と乗っている人が多いほど。

 ナンバーツーはWRCで大暴れした2代目インプレッサGDB後期型「鷹目」としておく。

2代目インプレッサWRX STI(2005~2007年)…2代目インプレッサWRX STiは初期型(丸目)・中期型(涙目)・後期型(鷹目)と3つのタイプに分けられるが、国沢氏が2位に選出したのは鷹目の後期型。熟成された4WDターボマシンに仕上がっていた

 初期型の「丸目」は熟成不足が目立ったものの、WRCの戦闘力を高めるべく毎年のようにボディやエンジンのモディファイを繰り返した結果、後期型になって圧倒的な完成度を持つに至った。

 もちろん成果はハッキリ出て、WRCで大活躍。当時のスバルを駆ったP・ソルベルグは今でも日本で最も人気のあるWRCドライバーです。

 GDBをベースにしたSTIのコンプリートカーはどのモデルも超人気なのだけれど、個人的に一番の「よかったな~!」といえばS204となる。

S204(2005年)…チューニングカーのようなS202から、コンセプトを大幅に変更してプレミアムスポーツ路線となったS203の後を受け継いだ

 バランス取りした320psのエンジンは高回転まで気持ちいい音と振動(いわゆる振動はないけれどバランスのいいモノが回転している感覚)で素晴らしく官能的。

 ハンドリングも文字どおり「意のまま」感を持っており、このクルマをもってして、本当の意味での「人馬一体」だと思う。

 4位と5位は少しばかり変化球。スバル360についちゃ今さら書くまでもない。クルマの随所に貧しかった60年前の日本ながら心意気じゃ負けないという精神を感じます。

 WRX S4は発売された2014年当時、これほど優れた走りと安全のバランスを持っていたクルマなど世界に存在しなかった。

 もうすぐスバルの高性能ターボエンジン車は本当の意味での絶版になるため、新車で買うなら最後のチャンスとなります。

■国沢光宏のスバル オールタイム・ベスト5
・1位…4代目レガシィツーリングワゴン
・2位…2代目インプレッサWRX STi
・3位…S204
・4位…スバル360
・5位…現行型WRX S4

■最後の自社生産サンバーは凄い!(渡辺陽一郎)

「これは凄い」と驚いたスバル車の筆頭は、OEM車に変更される前の先代サンバートラックだ。

6代目サンバー(1999~2012年)…RRの駆動方式を持ったスバル生産モデルの最後となった6代目サンバー。これ以降、サンバーはダイハツOEM車へ

 軽トラックながら足回りは4輪独立式で、乗り心地は実に快適。操舵に対する車両の反応も自然で、4気筒エンジンは滑らかに回る。後部に搭載するからノイズも小さい。

「軽トラックとしては」という条件をつけず、乗員と荷物に優しい上質なクルマだった。同じカテゴリーのライバル車同士を比べて、先代サンバートラックほど競争相手に大差をつけて勝つクルマはなかった。

 2位はスバル360。発売は1958年で、独創的なモノコックボディにより、4名乗車の可能な居住空間を備えながら車両重量は385kgだ。当時の軽自動車は500kg前後が中心で、スバル360は20%以上軽い。

 足回りは4輪独立式で、デコボコの多い当時の道路をしなやかに走った。クルマが急速に進化した時代に、11年間も作られ続けている。その本質は今のスバル車に通じている。

 3位は初代レオーネエステートバン4WDだ。水平対向エンジンに4WDを組み合わせたスバルでは最初の市販車で、最低地上高を210mmに設定した外観はレガシィアウトバックの祖先に思える。

初代レオーネエステートバン4WD(1972~1979年)…初代レオーネ登場1年後に追加された、いわゆるJEEPタイプではない世界初の量産車4WD

 ツール感覚と野性味が調和して、今の時代に合った雰囲気も感じる。

 4位は3代目レガシィだ。1990年代の中盤以降、ミドルサイズ以上の日本車は海外を重視して次々と3ナンバー車になったが、3代目レガシィのツーリングワゴンとB4は5ナンバーサイズを守った。

3代目レガシィ(1998~2003年)…歴代最後の5ナンバー車モデルとなったのがこの3代目レガシィ。大ヒットした2代目モデルの正常進化版で、3代目の開発担当主査は後のSTI社長となる桂田勝氏が務めていたことでも知られている

 視界と運転のしやすさ、走行安定性、居住性などを高水準で調和させていた。

 5位は初代インプレッサだ。走りが軽快で、スポーツワゴンは荷室の両側に大きなウィンドウを装着する。デザイン性も優れていた。

 以上のようにスバルは、ほかのメーカーとは違う独自のクルマ作りを、ユーザーの視点に立って愚直に、地味に続けている。

■渡辺陽一郎のスバル オールタイム・ベスト5
・1位…6代目サンバートラック
・2位…スバル360
・3位…初代レオーネエステートバン
・4位…3代目レガシィ
・5位…初代インプレッサ

次ページは : ■いかにもスバルっぽい初代レガシィ(清水草一)