オデッセイの対抗馬として登場も1代で消滅 トヨタ ガイアの挑戦【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はトヨタ ガイア(1998-2004)をご紹介します。

【画像ギャラリー】新しいコンセプトと5ナンバーの間で揺れた?? “全能”ガイアの写真を見る

文/伊達軍曹、写真/TOYOTA


■当時大ヒット中のホンダ オデッセイの対抗馬として登場したガイア

 低ルーフミニバンの先駆けとして大ヒットを記録した初代ホンダ オデッセイに対抗すべく、初代トヨタ イプサムをベースに開発。

 しかし5ナンバーサイズにこだわったことが逆に仇となったか、競合並みの高級感を訴求することができずに「やや中途半端な存在」となってしまい、1代限りで消滅したミニバン。

 それが、トヨタ ガイアです。

 トヨタ ガイアは1998年5月、当時大人気となっていた初代ホンダ オデッセイの対抗馬としてデビューしました。

 ベースとなったのは初代トヨタ イプサムで、イプサム同様にコロナプレミオのプラットフォームを採用したため、ボディサイズは5ナンバー枠に収まっています。

トヨタ ガイア。全長×全幅×全高は4620mm×1695mm×1675mm、ホイールベース2735mm。イプサムのルーフ部分を後部に90mm延長しつつ、5ナンバーサイズは守った(写真はエアロパッケージ)
ガイアのベースとなったトヨタ イプサム(1996-2010年)。全長×全幅×全高は4530mm×1695mm×1620-1645mm、ホイールベース2735mm
ホンダ オデッセイ(初代・1994-1999年)。全長×全幅×全高は4750mm×1770mm×1645-1660mm、ホイールベース2830mm

 初代イプサムはホンダ オデッセイに室内の広さや高級感の面で劣っていましたが、ガイアは仮想敵であるオデッセイと真っ向勝負をするべく、5ナンバーサイズは死守しながらも全長を90mm、全高を20mm延長することで室内空間を拡大。

 それと同時に、いわゆる高級感が感じられる演出を各所に施すことで、強敵であった初代オデッセイを打ち破らんとしました。

 搭載エンジンは2L直4ガソリン自然吸気と2.2L直4ディーゼルターボの2種類で、トランスミッションは全車コラム式の4速AT。

 駆動方式はFFおよび4WDで、ガソリン車のみに用意された4WDシステムは、前後輪のトルク配分をほぼ100対0のFFに近い状態から、50対50の直結4WDの間で連続的に可変し、さまざまな走行条件下で最適な駆動力配分を実現するという「アクティブコントロール4WD」でした。

 外観デザインは、初代イプサムがベースとはいえ、外板パネルはすべてガイアの専用設計。

 初代オデッセイによく似たそのフォルムは、似ていることの良し悪しはさておき、確かにイプサムよりもシックで高級感のあるものではありました。

ガイアのリアビュー。なお「ガイア」という名前はギリシア神話の大地の女神に由来する。登場時のキャッチコピーは「全能ガイア」
こちらはオデッセイ(初代)のリアビュー

 そんなこんなでスタートしたトヨタ ガイアでしたが、セールスはさほど振るいませんでした。

 2001年4月にはマイナーチェンジを行ってガソリンエンジンを直噴タイプに変更するなどのテコ入れを行いましたが、状況は好転せず。

 そのためトヨタは2004年8月にガイアの生産を終了し、同年9月には販売も終了。そしてその後、「2代目ガイア」が登場することはありませんでした。

■5ナンバーならではの取り回しの良さは支持されるも… ガイア消滅の背景

 大トヨタが「打倒オデッセイ!」のため送り出したガイアが、さしたる人気モデルにはならないまま、1代限りで消滅してしまった理由。

 それは、ひとつには「5ナンバーサイズにこだわったこと」であり、もうひとつは「志の低さ(初代オデッセイの後追いでしかないこと)を消費者に見透かされてしまったから」ではないかと思われます。

 まずは5ナンバーサイズ問題について。

 トヨタとしては良かれと思い、確信をもって採用した「5ナンバーサイズ」でした。

 そして実際ガイアは、5ナンバー枠内でありながら初代イプサムより全長および全高を延ばしたことで、イプサムの弱点であった「3列目の狭さ」「荷室の狭さ」はそれなりに改善されています。

ガイアの内装。イプサムにはない2列目キャプテンシートが選べた

 またイプサムにはなかった「キャプテンシートの6人乗り仕様」というのも、高級感を売りにするガイアには合っていました。

 しかし「しょせんは」と言ってしまうと言葉は強すぎますが、まぁどうあがこうとも5ナンバーサイズでしかないことは間違いありません。

 そのためガイアは、3ナンバーミニバンほどの「快適な広さ」を実現することはできず、高級と感じられる車にはある意味必須な大排気量エンジンも搭載できませんでした。

 それゆえ、冒頭でも申し上げましたが「いささか中途半端な感じ」になってしまったのです。これが、ガイアの主な敗因ではあるはずです。

 そして「志の低さ(初代オデッセイの後追いでしかないこと)」も、ガイアという車の問題点だったかもしれません。

 ガイアのベースとなった初代イプサムは、その客観的な評価はさておき、少なくとも「今までにないデザインを作り上げたい」的な思いは感じられるミニバンでした。

 しかしガイアは、まぁ初代イプサムもそうなのですが、イプサム以上に「初代オデッセイがバカ売れしてるから、それと似たモノを作りました」という部分が大いに垣間見えてしまう車でした。

 そのあたりをユーザーは意識的あるいは無意識に感じ取り、言葉は悪いですが「パチモノより本物を選びたい」ということで、ホンダ オデッセイのほうを選択したのかもしれません。

 まぁトヨタの場合は「ホンダ ストリームに対するウィッシュ」という成功例(?)もあるので、なんとも言えない話ではあるのですが……。

■トヨタ ガイア主要諸元
・全長×全幅×全高:4620mm×1695mm×1675mm
・ホイールベース:2735mm
・車重:1420kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1998cc
・最高出力:135ps/6000rpm
・最大トルク:18.5kgm/4400rpm
・燃費:11.6km/L(10・15モード)
・価格:227万円(1998年式 Lパッケージ)

【画像ギャラリー】新しいコンセプトと5ナンバーの間で揺れた?? “全能”ガイアの写真を見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ