“次世代”ETC2.0を取り巻く謎 利用者にメリットが薄いのになぜ普及?


■ETC2.0はすでに時代遅れ?役所が機能の更新に取り組まないワケとは?

 いったいなぜこんなことになったのか?

 理由は単純明快で、システムの設計が古いまま進化していないからだ。もちろん通信速度も。

 国交省のITS計画が始まったのは1994年。ETC2.0の構想もその頃持ち上がった。それが2009年から徐々に実現していったわけだが、その少し前、2007年に恐るべきライバルが出現していた。

 その名は「アイフォーン(iPhone)」である。

 そして、ちょうどETC2.0の本格稼働あたりから、アイフォーンを含むスマホ全般が猛烈な勢いでポピュラーになり、物凄い勢いで進化していったことは、皆様ご存じのとおりだ。この進化ぶりを予想できた者は誰もいない。せいぜいスティーブ・ジョブスくらいでしょうか?

 つまり、この点に関して国交省を責めるのは酷だが、ETC2.0の情報取得機能が、完全に置き去りにされていることは確かである。

 続いてのメリットは、「圏央道2割引」である。これは、圏央道をよく利用するドライバーにとっては確実にメリットだ。

 実は、ETC2.0の直近の利用率は、中型車以上に限ればなんと6割を超えていて、これが全体の利用率を押し上げている。

「圏央道の料金2割引」はETC2.0搭載の唯一わかりやすいメリットかもしれない。圏央道に限って言えば中型車以上の利用率が6割に達するという(tokoriki@Adobe Stock)

 トラックは圏央道の利用頻度が高い。圏央道沿道には物流拠点も多数ある。大型車や特大車なら、経路によってはすぐに元が取れる。しかし、圏央道をあまり使わない乗用車のドライバーにはメリットはない。

 ETC2.0を選ぶか否かは、今のところ、この一点にかかっている。圏央道をある程度利用するなら付けた方が得だし、使用しないなら付ける意味はない。

 もうひとつ、高速道路の一時退出が可能というのもあるが、今のところ可能なのは、全国にわずか23か所の道の駅に立ち寄る場合のみ。しかもメリットは、ターミナルチャージに限れば、1回あたり150円+消費税だ。

高速道路近隣の「道の駅」に途中退出できるメリットもあるにはあるが、全国でわずかに23ヵ所、しかも今後も拡大する気配もない(moonrise@Adobe Stock)

 ETC2.0は、通信料等はかからないが、スタンダードなETCと比べると、取り付け時の費用が約1万円違う。付け替えとなると、工賃を含めて3万円近くかかる。その差を取り返すことができるのは、ごくわずかなドライバーだけだろう。

■メリットない、時代遅れ、いいところなしでも普及が進むカラクリとは?

 これほどメリットのないETC2.0が、これほど普及するのはなぜなのか? それに関する調査はないのであくまで推測だが、理由は2つ考えられる。

 ひとつは、ETC2.0の実態が知られていないことだ。

 私は以前から、「ETC2.0はメリットが乏しい」と書いているが、マスメディアで同様の情報発信を見たことがない。つまり、多くの人が、新車購入時、知らずに付けてしまっていると考えられる。

 理由その2は、新車ディーラーがETC2.0の後押しをしていることである。

 ETCとETC2.0、どちらにしますか? となった場合、多くの営業マンが、2.0のメリットを説明する。実態を知らない人が、「1万円くらいの差なら、新しい方を付けようか」と思ってしまっても不思議はない。その割合は、乗用車(軽を含む)で約3割だ。

結局は道路管理者側の省人化メリットが大きいのかもしれないが、それは通常のETCでも十分に達成しているので、ETC2.0導入の恩恵でもない(moonrise@Adobe Stock)

 一方で、ETC2.0の特典は、圏央道の2割引その他以外に拡大する気配がない。一体なぜか?

 国交省としては、利用率がここまで高まれば、すでに十分なのだろう。

 国交省が一番欲しかったのは、民間から買わずに得られる独自の交通経路データだ。利用率が25%まで高まれば、十分なデータが得られ、すでに渋滞対策の立案等にも活用されている。これはETC2.0のメリットだが、2.0を付けていなくても、その恩恵を受けられる。

 とにかく国交省としては、これ以上出血サービスをしなくても、クルマの買い替えが進むにつれ、自然と装着率は高まる。もはや何もしなくても、果実は増していくのである。

 一方で、ETCの発展性がもはや行き止まりであることは、誰よりも国交省がよく知っている(はず)。ただ、役所というものは、一度決めたら止まれない。もう惰性で行くしかない。

 実際のところ、頻繁にロングドライブをする人を除けば、あの交通情報を煩わしいとまで思うこともなく、デメリットにも感じないかもしれない。ただ、圏央道をある程度利用しないなら、ETC2.0のメリットはほとんどない。

 近い将来、古いETC車載器の一部が使えなくなるが、「2.0じゃないとダメになる」ということもない。実は、初期の2.0にも、いずれ使えなくなる機種があるくらいだ。

【画像ギャラリー】高速道路をより便利に利用できる? ETC2.0搭載メリットまとめ

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

特集 2030年 日本クルマ界大予測  地球環境問題、カーボンニュートラルのことを抜きに進んでいけな…

カタログ