日本車のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?


 2021年2月17日、テスラモーターズジャパンが大幅な値下げを行った。モデル3のスタンダードレンジプラスは、以前は511万円であったが、82万円値下げされて429万円になった。

 同様にリチウムイオン電池の容量に余裕を持たせたモデル3のロングレンジは、655万2000円から、156万2000円値下げされて499万円。ちなみに717万3000円のパフォーマンスについては価格の変更はなし。

 それにしても、テスラモデル3はなぜこのような大幅値下げを行ったのか? 最も大きな理由は日本仕様の生産拠点を北米のカリフォルニア州フリーモント工場から中国の上海ギガファクトリーに移された。その結果、日本への輸入に要する時間、輸送費用を含めた各種のコストが節約されている。

 搭載されるリチウムイオンバッテリーは、カリフォルニア州フリーモントの工場で生産されていた時(2020年12月納車以前のモデル)はパナソニック製のバッテリーだったが、上海ギガファクトリー生産のモデル3が、中国の車載用電池最大手であるCATL(寧德時代新能源科技)製のリチウムイオン電池(コバルトを含まないリン酸鉄LFP電池)に切り替えたために、大幅なコストダウンが実現したということだ。

 このCATL製のリチウムイオン電池はスタンダードレンジプラスに採用され、ロングレンジやパフォーマンスはLG化学製とされる。

 補助金を差し引くと、なんと300万円代でテスラが買えるのである。この値下げの話が出るまでは、「テスラはいいけど500万円代からでしょ、無理無理」と敬遠していた人達が、「ちょっと視野に入ってきたかも」と、そわそわしているのではなかろうか。

 そこで、改めて日本のEVについて考えてみた。日本の自動車メーカーから、EVの1充電あたりの走行距離について、「1日の走行はせいぜい約40kmだからEVの1充電あたりの航続距離は200~300kmで充分」とさんざん聞かされてきた。

 本当にそれでいいのかと疑問に感じるユーザーもいることだろう。確かに1日約40kmも走らないから、メーカーは1充電300kmあれば充分だろうというのはわかる。

 しかし、EVを実際に使う、これから買いたいと思っているユーザーの多くは、実際にはそこまで走らなくても、電欠の不安のない400~500kmは欲しいと望んでいる心理を読み取っていないように感じるのだ。

 そこにテスラである。特に航続距離の面では一番安いテスラモデル3のスタンダードレンジプラスでもWLTCモードで448km、ロングレンジでは580kmである。EVを買うユーザーの深層心理をとても理解しているような気がするのだ。

 そんなテスラに対抗する主な日本車のEVは、日産(リーフやアリア)、ホンダ(ホンダe)、トヨタ(UX300e、シーポッド、3月30日に発表されるレクサスLF-30)、マツダはMX-30 EV、トヨタとスバルが共同開発したEVのSUV(4月の上海モーターショー発表)といったラインナップ。

 はたして、テスラモーターズに対して、日本のEVを作っている自動車メーカーが見習うべきところはあるのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎 
写真/テスラモーターズ ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】先進テクノロジーと電気自動車に特化した「テスラ」フォトギャラリーはこちら


■補助金を差し引くと369万円で手に入るテスラモデル3

日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
モデル3は全長4694×全幅1849×全高1443mmと、欧州DセグメントのメルセデスベンツCクラス(全長4686×全幅1810×全高1445mm)、BMW3シリーズ(全長4645×全幅1800×全高1440mm)より少し大きいサイズ。写真はパナソニック製バッテリー搭載の北米生産モデル

 最近、テスラが注目されている。主力車種のモデル3を大幅に値下げしたからだ。モデル3スタンダードレンジプラスは、以前は511万円だったが、82万円値下げして429万円になった。

 リチウムイオン電池容量に余裕を持たせて航続可能距離を伸ばしたモデル3ロングレンジは、以前は655万2000円だったが、156万2000円値下げされて今は499万円だ。

 そして2021年3月23日には、第3次補正予算に新たな補助金が盛り込まれ、経済産業省による電気自動車に交付される補助金額の上限を60万円に引き上げられる。従来は40万円(給電機能装着車は42万円)だったので、20万円の上乗せだ。

 テスラの場合、経済産業省による新たな補助金交付額はすべて60万円だ。従ってモデル3スタンダードレンジプラスは、価格が429万円だから、補助金額を差し引くと369万円で手に入る。この金額はインサイトの最上級グレードと同等だ。

日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
上海ギガファクトリー製のモデル3、2021年モデル。モデル3スタンダードレンジプラス(RWD)はこれまでの511万円から82万円値下げされて429万円。WLTC航続距離は448km、最高速度は225km/h、0~100km/h加速は5.6秒
日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
上海ギガファクトリー製のモデル3ロングレンジは156万2000円値下げされて499万円。WLTP航続距離は580km、最高速度は233km/h、0~100km/h加速は4.4秒
日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
今回値下げの対象とならなかったモデル3パフォーマンス。価格は717万3000円。WLTP航続距離は567km、最高速度は261km/h、0~100km/h加速は3.3秒

 モデル3ロングレンジは499万円だから、補助金額を差し引くと438万円になる。この金額はプリウスPHVの最上級と同程度だ。

 なおモデル3ロングレンジは、156万2000円値下げされ、補助金交付額は20万円増えたから、合計すると以前に比べて実質176万2000円安く買えるようになった。

 値下げに関してユーザーの反応はどうなのか? テスラの販売店に尋ねると、以下の返答であった。

 「テスラモデル3が大幅に値下げされた背景には、製造工場を北米から中国の上海へ移転しこと。そして部品を供給するサプライヤーを見直したことがあります。

 輸送費用などのコスト低減が可能になり、大幅に値下げできることになりました。話題性は高まり、テスラに興味を持たなかったお客様からも問い合わせをいただいています。

 特にロングレンジの人気が高いですね。(156万2000円の)大幅値下げになり、1回の充電で走行できる距離も長いために注目されています」。

 今までの電気自動車市場では、販売面についてはリーフの圧勝だった。テスラは日本国内の登録台数を公表していないので、売れ行きは不明だが、街中で見かける頻度を含めてリーフを超えることない。

 しかし今回の値下げで状況が変わった。テスラモデル3スタンダードレンジプラスは429万円だから、リーフG(418万9900円)と比べて約10万円しか違わない。しかもリーフGの補助金額は55万2000円でテスラモデル3の60万円を下まわるから、実質的にほぼ同額になる。

■テスラのどこが日本車よりいいのか?

日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
EVのパイオニアであるリーフ。2017年12月に登場した現行リーフの航続距離はWLTCモードで322km、リーフe+は458km
日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
ホンダeは標準仕様が136ps/32.1kgm、アドバンスが154ps/32.1kgm。リチウムイオンバッテリーの容量はいずれも35.5kWh。1充電あたりのWLTCモードの航続距離は標準仕様が283km、アドバンスが259km。価格は標準仕様が451万円、アドバンスが495万円

 1回の充電で走行できる距離(WLTCモード)は、テスラモデル3スタンダードレンジプラスが448km、リーフGは40kWhのリチウムイオン電池を搭載して322kmだ。テスラモデル3は、リーフGよりも126km多く走る。比率に換算すると1.4倍だ。

 一方、テスラモデル3ロングレンジは、デュアルモーターの4WDも採用されて価格は499万円だ。リーフに当てはめると、62kWhのリチウムイオン電池を搭載するe+G(499万8400円)とほぼ同額になる。

 1回の充電で走行できる距離は、テスラモデル3ロングレンジが580km、リーフe+Gは458kmだから、 テスラモデル3は122km上まわる。比率では1.3倍の違いだ。このように価格と航続可能距離のバランスで見ると、テスラモデル3がリーフよりも割安と受け取られる。

 特にロングレンジは、前輪にもモーターを搭載して4WDを成立させた。スタンダードレンジプラスに比べると、動力性能、航続可能距離に加えて駆動力の伝達効率まで向上させたから、注目度も高まるだろう。

※テスラは、最高出力、最大トルク、リチウムイオン電池の総電力量(kWh)などを正式には発表していないようです。分かっているのは、航続可能距離、最高速度、0-100km加速なのでガッチリした比較はしにくいです。可能な範囲で比べました。

 日本メーカーの電気自動車としては、リーフのほかにレクサスUX、ホンダe、MX-30EVモデルがある。これらに比べてテスラモデル3が優れているのは、前述の1回の充電で走行できる距離と動力性能だ。

 1回の充電で走れる距離(WLTCモード)と価格を改めて整理すると、以下のようになる。テスラモデル3のスタンダードレンジプラスは、448kmを走行できて価格は429万円。ロングレンジは580kmを走行できて499万円だ。

 リーフは40kWhが322kmを走行できてGの価格は418万9900円。62kWhは458kmを走行できて、e+Gが499万8400円になる。

 ホンダeは、総電力量が35.5kWhで、標準仕様は283kmを走行できる。価格は451万円だ。

日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
レクサスUX300eは、最高出力204ps、最大トル30.6kgm、バッテリーはリチウムイオンで容量54.3kWh、航続距離400km、普通充電(AC)最大6.6kw、急速充電(DC)最大50kwとしている
日本のEVはテスラを見習うべきところはあるのか?
2021年1月28日に発売したマツダ初の量産EV、MX-30EV、ピュアEVとなったも低重心、高剛性骨格で人馬一体感をさらに進化。価格は451万~495万円

 レクサスUX300eは、リチウムイオン電池の総電力量が54.4kWhで、1回の充電により367kmを走行できる。価格はバージョンCが580万円だ。

 MX-30 EVモデルは、総電力量が35.5kWhで256kmを走行できる。価格はEVベーシックセットが458万7000円になる。

 このように見ていくと、448kmを走行できて価格が429万円になるテスラモデル3スタンダードレンジプラス、580kmを走行できて499万円のロングレンジは、走行距離の割に価格が安い。

 乱暴な計算だが、価格÷航続可能距離、つまり1km走行当たりの価格は、テスラモデル3だけが1万円を下まわる。日本車はすべて1km当たり1万円以上だ。

 またテスラモデル3は動力性能も優れ、スタンダードプラスは停車状態から時速100kmに達するまでの所要時間が5.6秒、ロングレンジは4WDも効果を発揮して4.4秒だから加速性能も上まわる。

 その代わり割り切られたところも散見され、テスラモデル3には、いわゆるメーターパネルが装着されない。インパネの中央にワイドなモニター画面が備わり、この部分にカーナビの地図から速度までさまざまな情報を表示する。

 考え方と機能はパソコンやタブレット端末と同様で、1つの画面を使いながら、切り替えることによって機能の幅を広げている。内装の質も高い印象は受けない。

次ページは : ■テスラに対抗できるのは日産アリアだけ?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ