ホンダが心配だ!! 軽自動車やコンパクトしか売れてなくて大丈夫か?

ホンダが心配だ!! 軽自動車やコンパクトしか売れてなくて大丈夫か?

 4月1日付で新たに三部敏宏氏が社長に就任したホンダ。新社長で今後どう変わるのか? 注目されるが、現状ホンダで特に心配されるのが国内販売の落ち込み具合だろう。2020年の国内販売台数はスズキに抜かれ、2位から3位へとブランド別の販売順位を落とした。

 さらに気になるのが軽自動車のN-BOXばかりが売れている今の売れ方。ホンダの国内販売はこのままでいいのか? 間もなく新型ヴェセルが登場するといったプラス材料もあるが、ホンダの売れゆきは今のところ軽自動車以外に好調さが見られない。

 ところが、モータージャーナリストの御堀直嗣氏は次のように考察するという。

文/御堀直嗣、写真/HONDA、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ホンダの現在・過去・未来を画像で見る!


■軽やコンパクトカーへの依存はそれほど深刻には感じない

2020年度の軽四輪車・新車販売台数でN-BOXシリーズ(N-BOX+とN-BOXスラッシュを含む)が1位を獲得するなど、相変わらず販売好調なN-BOX(N-BOX+とN-BOXスラッシュは既に販売を終了)

 ホンダが、新車販売実績で、軽自動車やコンパクトカーに依存している様子を見て、心配する声があるようだ。しかし、私はそのことをそれほど深刻には感じていない。

 軽自動車ではホンダはN-BOX人気が盤石で、今日もなお圧倒的差(2月で3000台差以上)でスズキ スペーシアやダイハツ タントを凌いでいる。

 一般社団法人全国軽自動車協会連合会の通称名別新車販売確報による2月の順位で、N-BOXが1万8591台で1位、スペーシアは1万5328台、タントは1万3876台、日産 ルークスが1万973台で、2~4位と続く。

 その後、ベスト15位までのメーカー名で、ホンダは12位のN-WGNまで車名が出てこないのでN-BOX依存は鮮明だが、その2台を合計すると、約2万3000台強の販売台数になる。

全国軽自動車協会連合会による2021年3月の販売台数は7302台で11位のN-WGN。2万7164台で1位のN-BOXとは約2万台の開きがある

 スズキはスペーシアに次いでハスラーが6位と健闘しているが、2台を合わせた販売台数はやはり約2万3000台強だ。ダイハツは、ムーヴが5位と上位につけるが、タントと合わせた台数は同じく約2万3000台なのだ。これら3社に次いで、ルークスと7位のデイズを合わせた日産は、約1万7000台となる。

 一見したところ、N-BOX以外のホンダ車は低迷し、ホンダの軽自動車販売は好調なN-BOXだけなのかと思いがちだが、販売実数を各社の成績2番手と合算してみると、必ずしも他社に比べホンダ車が少なすぎるということはなさそうだ。

■販売面で目立つのはN-BOXだが、その他のクラスでも比較的堅調

2020年2月に発売されたフィットは、約1ヵ月後の時点で3万1000台を受注するなど好調だったが、2021年の月販台数は6000台弱に落ち着いている

 登録車では、昨年ベスト5位以内にあったフィットが、今年に入って1月の10位、2月の12位と大きく順位を下げている。昨年と今年の明暗の差には、やはり懸念を覚える印象がある。だがその販売台数は、1月に5889台、2月に5782台と比較的安定している。

 だが1位を快走するトヨタのヤリスに比べ半分以下であり、ヤリス人気にフィットが負けはじめたのではないかとの印象もあるだろう。

 しかし、その中身をみると、たとえば1月のヤリスの1万8516台のうち、コンパクトハッチのヤリスの台数は約8180台で、残りはコンパクトSUV(スポーツ多目的車)であるヤリスクロスの約9350台とスポーツモデルであるGRヤリスの約980台という内訳になる。

 いわゆるコンパクトハッチバック車のヤリスの販売台数は、ヤリスシリーズとして合計されている統計に出てくる数の44%ほどであるのだ。

 そのうえで、トヨタの販売店数は5000店を超えるが、ホンダの販売店は2000店強と半分に満たない。その店舗数で頑張ったフィットの数字が5800台前後なのである。これを2倍すれば、1万1600台になる。

 また、2月の販売台数ランキングではフィットより上の順位にフリードがあり、新型フィットとの相乗効果で、5年前にモデルチェンジしたコンパクトワゴン車が健闘しているのだ。この2台を合わせると1万1710台となり、2位のルーミーに迫る。

 こうした数字合わせが、正当な比較になるかどうかは議論の余地はある。けれども、販売店の売り上げという視点で新車販売台数を追うなら、ホンダは健闘していると思うのだ。

2021年4月22日に発表の新型ヴェゼル。初代ヴェゼルはモデル末期の時期でも、販売は堅調だった

 さらに、新型が4月22日発表したコンパクトSUVのヴェゼルは、モデル末期の2月でも2568台(25位)とけっこう売れている。これは、30位のトヨタCH-Rを上回っている。CH-Rより先に売り出したヴェゼルの底堅さも伝わる。

2020年11月にマイナーチェンジしたオデッセイ。押し出し感のあるフロントマスクなど外観デザインを刷新。機能向上なども含め、商品力を高めている

 ミニバンでは、トヨタ ヴォクシーや日産 セレナにはおよばないが、ステップワゴンも4713台売れているし、競合車がすべて消えたオデッセイが、マイナーチェンジによってそれまでの3桁から4桁へ、多少なりとも台数を伸ばしている。

 目立つのは軽自動車のN-BOXばかりで偏っているのは事実だが、数字を、以上のように読み解いてゆけば、ホンダの危機を疑うような低迷ぶりではないというのが、私の考えだ。

次ページは : ■創業以来、いつの時代も心が弾むような話題を提供してくれた