トヨタ カムリ なぜ堅調?? 「単なるデカいセダン」と侮れない確かな実力と進化


 トヨタ カムリが堅調な販売を記録し続けている。

 日本自動車販売協会連合会のデータによると、2021年1~3月平均で月販1000台超。常にベスト40~50位圏内にいる。カムリは、クラウンと並び今やDセグメントセダン(アッパーミドルセダン)として日本国内にも根を生やしている。

 日本国内“にも”という理由、カムリは北米での超ヒットモデルだからだ。筆者は1990年初頭から2000年までインディ500参戦のため米国に滞在する日数が多かった。

 ほとんど1か月超の米国滞在中は移動の足としてクルマが必要でレンタカーを借りていたが、数あるレンタカー会社にかなりの台数割合でカムリがラインナップされていた。

 GM、フォード、クライスラーにも同じサイズの競合セダンが存在するが、カムリの人気は絶大。筆者もよくカムリを指定したものだが、予約満杯で仕方なく米国車になることもあり、そんなとき改めてカムリの優位性を再確認させられる。とにかく運転しやすく燃費が良かったのだ。

 そしてやはり機械的トラブルが少ない、というのがレンタカー会社の窓口スタッフの意見だった。あれから20年超、モデルチェンジを繰り返しながら現在でもカムリは北米でのベストセラーセダンに君臨している。

文/松田秀士 写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】現行型カムリ&昨年出た40周年特別仕様車 WS“Black Edition”をみる


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ