NO.1はランクル!? 購入前に知っておきたいリセールバリューが高いSUV 安いSUV


■リセールバリューのいいSUV/トヨタ RAV4


2019年式残価率72.8%

写真はRAV4「アドベンチャー」。グリルのデザインなど、他のグレードと外観の差別化を図っている

現行トヨタRAV4の中古車情報はこちら!

 続いては最近になってPHVの販売を再開したトヨタ RAV4。現行モデルは約2年8カ月ぶりとなる2019年4月に発売した。

 トヨタのクルマ構造改革であるTNGAに基づいたプラットフォームや高い熱効率を誇るダイナミックフォースエンジン、そして新開発のダイナミックトルクベクタリング4WDをはじめとした3タイプの4WDシステムを搭載するなどオンオフ問わない高い走行性能を実現しているのが特徴。

 搭載するパワートレインは2L、直4ガソリンエンジンと2.5Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドの2種類。安全装備では次世代の予防安全パッケージのトヨタセーフティセンスを全車に標準装備している。

 また、全車にDMC(専用通信機)を搭載し、クルマと情報センターを繋げるコネクティッド機能も装備している。下取り価格を調べたのは、ガソリン車にのみ設定されている高い悪路走破性を誇るアドベンチャー。

 まだ、2019年式の2年落ちの下取り価格しか算出できないが、約241万円、残価率72.8%と高水準をキープ。最近人気が衰えてきたという声を真っ向打ち消す数字を示している。

■リセールバリューのいいSUV/マツダ CX-5


●2019年式残価率68.8%、2018年式残価率61.3%

初代の基本フォルムを踏襲しながら、さらに躍動的なデザインが与えられた現行のCX-5

現行マツダ CX-5の中古車情報はこちら!

 続いては、トヨタに次いでSUVのラインアップが充実しているマツダ車のSUVをチェックした。まずはCX-5。2代目となる現行モデルは2016年12月に発表され、2017年2月より販売開始された。

 ボディサイズの拡大が進むなか、現行型のCX-5は先代モデルとほぼ同じ大きさとなっている。インテリアはドライバーの操作性とともに後席の快適性を向上させている。

 搭載されているパワートレインはデビュー当初は2L、直4ガソリンエンジン+6速AT、2.5L、直4ガソリンエンジン+6速ATそして2.2L直4ディーゼルターボエンジン+6速ATの3種類だったが、2018 年10月に最高出力230psを発生する2.5L、直4ガソリンターボエンジンを追加し、ラインアップを強化した。

 先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を全車標準装備し、高い安全性を実現している。ただ、毎年のようにアップデートを行っているので同じ年式でも機能差があるので注意が必要だ。

 下取り価格を調べたのは、人気のディーゼルエンジンを搭載したXDプロアクティブ2WD車。2年落ちの2019年式の下取り価格は約207万円、残価率は68.8%と合格点だ。そして2018年式でも約198万円、残価率は61.3%をキープ。

 しかし2018年式と2019年式で残価率に開きがあるのは、この年にCX-5は2度の一部改良を行っているため。やはりマイナーチェンジや一部改良は残価率に影響を及ぼすということがわかる。

次ページは : ■リセールバリューのいいSUV/ホンダ CR-V