車重1トン以下の軽くて安くて運転が楽しいクルマ!


フィアット500 1.2 スポーツ(5MT)/車重=990kg

中古車相場=60万~120万円

車重は990kg(5MT)。現在、1.2スポーツの5MTは廃盤。エンジンは69ps/10.4kgmを発生する1.2L、直4SOHC8バルブ)=5万円)

フィアット500(5MT)の中古車情報はこちら!

 中古車市場のなかから1トン切りの「軽くて安くて速いモデル」を探すとすれば、このイタリア車がまずは候補となるだろう。

 フィアット500に途中から追加され、現在は廃番となっている5MTグレード「1.2スポーツ」だ。

 通常のフィアット500はデュアロジックという2ペダルMTを採用しているわけだが、こちら1.2スポーツは正真正銘の5MT。この5MTはシフトタッチも実は素晴らしく、短いゲートでカチカチ決まるそれはかなりの快感である。

 とはいえこのクルマ、搭載エンジンは最高出力69psの1.2L、SOHCに過ぎないため、「速いか?」と問われれば「いや、むしろ遅いかもしれません」と答えざるを得ない部分もある。

 しかし、非力なエンジンでもってアップダウンのある道をなるべく速く、なるべくスムーズに走らせるために頭と身体を使ってコキコキと変速させながら走るのは、少なくとも「めちゃめちゃ楽しい!」とは言える。

 機械任せの変速に慣れきった身体に喝を入れ、精神を活発化させたい人にはかなり向いている一台だ。

 ただしあまり売れなかったせいか、中古車の流通量が少ないのが玉に瑕ではあるのだが……。

先代マツダデミオ13C(5MT)/車重=970kg

中古車相場=15万~60万円

2007年5月~2011年6月まで販売された3代目デミオの13Cの5MT車は970kg。搭載されるエンジンは91ps/12.6kgmを発生する1.3L、直4DOHC

3代目デミオ(5MT)の中古車情報はこちら!

 車重1トン切りの名車を中古車市場から探し出すとなれば、コレも外すわけにはいかないだろう。2007年7月にフルモデルチェンジした先代マツダ デミオの前期型の、なおかつ最廉価グレードである。

 何も知らない人が先代デミオ13Cを見れば「おじさんかおばさんが乗ってる安い実用コンパクトカー(の中古車)」にしか見えないだろうが、実際の走りはまったくそうではない。

 1.3L、直4DOHCエンジンは最高出力91psとほどほどだが、それが車両重量わずか970kgの高剛性ボディと組み合わされると途方もないドライビングプレジャーを生む。

 具体的には、英国製ライトウェイトスポーツのごときステアリングのレスポンスと、軽やかな回頭性を生み出しているのだ。

 先代デミオ13Cの5MTがあれば、もうロータスはいらない!……というのはさすがに言い過ぎだろうが、それに近い資質とフィーリングを備えているのが、一見する限りでは何の変哲もないハッチバックに見えるこのクルマだ。

次ページは : スマートロードスター/車重=830kg