ヤリスクロス ライズ…発売から1年経過! 評価は期待以上? それとも裏切られた??


■期待以上だった車種/スズキ ソリオ

スズキ ソリオ。スライドドアとシートアレンジでミニバン並みの優れた使い勝手を持つ

●2021年1~4月の1ヵ月の平均登録台数:5396台
●発売時点の月販目標(月販計画)台数:4000台

 登録台数自体は特に多くないが、スズキが軽自動車中心のメーカーであることも考えると売れ行きは好調で月販目標も上まわる。

 人気の理由は、全長を3790mm、全幅は小型車の中でも特に狭い1645mmに抑えて運転しやすく、全高は1745mmに達するから車内は広いこと。スライドドアと多彩なシートアレンジで、2列シート車ながら使い勝手はミニバン並みに優れている。

 主力グレードにはマイルドハイブリッドを搭載して、WLTCモード燃費も19.6km/Lと良好だ。運転支援機能も選べる。

■期待以上だった車種/日産 ノート

日産 ノート。動力性能と走行安定性の向上が好印象だった

●2021年1~4月の1ヵ月の平均登録台数:8460台
●発売時点の月販目標(月販計画)台数:8000台

 ヤリスに比べて登録台数は少ないが、現行ノートはハイブリッドのe-POWERのみを搭載して、ノーマルエンジンは用意されない。そこを考えると売れ行きは堅調だ。

 e-POWERは従来以上に動力性能に余裕が感じられ、加速も滑らかだ。ドライバーによって好みは分かれるものの、アクセルペダルだけで速度を幅広く調節できる。プラットフォームの刷新によって走行安定性も向上した。内装の質も高まり、優れたコンパクトカーに仕上げた。

 また今の日産には好調に売れる車種が少ないため、新型車のノートに日産車ユーザーの需要が集中した事情もある。

*   *   *

次ページは : ■期待を裏切られたクルマ/ホンダ フィット