ヤリスクロス ライズ…発売から1年経過! 評価は期待以上? それとも裏切られた??


■期待を裏切られたクルマ/ホンダ N-ONE

フルモデルチェンジされた新型N-ONE。先代モデルの外板パネルを継承したため見た目はほぼ変わらないが、樹脂部分は新デザインとなる

●2021年1~4月の1ヵ月の平均届け出台数:2511台
●発売時点の月販目標(月販計画)台数:2000台

 2020年11月に発売された設計の新しい軽自動車だが、2021年の1ヵ月平均届け出台数はN-BOXの約13%に留まる。

 売れない理由は2つある。1つ目は、新型にフルモデルチェンジしたとは思えないことだ。

 開発段階では別の外観も検討したが「外観を変えるとN360をモチーフにしたN-ONEらしさが薄れる」「コストダウンも図りたい」という理由で、外装の樹脂部分以外は先代型から流用した。そのためにプラットフォームまでN-BOXと同じタイプへ一新したのに、マイナーチェンジのように見えてしまう。

 2つ目の理由は割高な価格だ。N-WGNと同等の装備を持ったグレード同士で比べると、N-ONEは16万円以上高い。RSの価格は199万9800円に達する。

■期待を裏切られたクルマ/マツダ MX-30

マツダ MX-30。EV仕様を設定するなど意欲的だが魅力が伝わりにくい

●2021年1~3月の1ヵ月の平均登録台数:803台
●発売時点の月販目標(月販計画)台数:1000台

 比較的コンパクトなSUVで基本部分はCX-30と共通だが、内外装を穏やかなデザインに仕上げた。マイルドハイブリッドと、電気自動車の仕様がある。

 従来のスポーティなマツダ車とは異なる路線を開拓すべく企画されたが、観音開きのドアを採用したこともあり、商品の特徴や魅力が分かりにくい。

 貴重なチャレンジなのに、MX-30は埋もれた。リラックス感覚で開発される背の高いコンパクトカーなど、これから登場するMX-30路線の新型車に期待したい。

次ページは : ■期待を裏切られたクルマ/ホンダ アコード