アルファード以外にもある!! 残価設定ローンで買うのがお得なクルマは?


 近年、力を入れて低金利にしていることなどもあって、新車購入で利用する人がとても増えているという「残価設定ローン」。

 そして、この残価設定ローンの利用は、選ぶ車種によっては月々の支払いの負担が思っている以上に少ないケースもあって、そこが魅力になっているという。

 そんな残価設定ローンの利用で、特にお得感がある車種はどれなのか? 基本的な残価設定ローンの説明や注意ポイントを含め、新車販売事情に詳しい小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志
写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】日本の売れ筋、軽にミニバン、SUV!! 残設ローンは本当にお得か?


■残価設定ローンは3年後や5年後に買い替えするユーザー向き

 ここ最近は新車購入においてローンの利用が目立っている。しかも、その大半が残価設定ローンとなっている。設定した残価率に基づいて3年後や5年後の残価相当額を算出し、それを支払い最終回分として据え置くことで、月々の支払い負担が軽くなるというものである。

 過去には“リース型ローン”などとも呼ばれたことからも、リースのメリットを採り入れたローンといっていいだろう。

 残価相当分を据え置いた支払い最終回分の精算については、現金のほか、再ローンを組んで乗り続けることができるだけではなく、乗っている車両の返却や同メーカー車への乗り換えでも精算が可能となる。

 つまり残価相当額分の現金を、乗っている車両との相殺によって手元に残すことができるのである。メーカーやディーラーとしては、この“浮いた分”を次の新車購入資金に回してもらうなどして、顧客を囲い込みたいという戦略的な部分も多いので金利も低めに設定されている。

 ただ、残価設定ローンの利用には、月々の走行距離の上限が決められており、その走行距離をオーバーしたり、支払い最終回分の精算時には内外装の確認にあり、これで傷や汚れなどの減点が一定以上を超えると追加の支払いが発生する。

 そのため、走行距離が10万㎞以上など過走行気味になるなど、クルマの使用がハードで傷が絶えないようなユーザーにはお薦めできない部分もある。

 残価設定ローンではない、通常払いローンも用意されているが、いまでは残価設定ローンの利用が圧倒的に多くなっている。

こちらはホンダの残価設定ローンのイメージ図。「最終回のお支払分」のところが車種、クルマによって異なる。またフルローンと金利に差がある事もよくあるため、確認は必須

 昔は残価設定ローンに比べ、通常ローン金利はかなり高いものであった。しかし今では、ホンダでは一般的な残価設定ローンと同じ金利である3.5%となっているが、トヨタは残価設定ローンが4.5%なのに対し、6%と少々割高な金利設定となっていたりするなど、メーカーによって対応が異なるので、確認してもらいたい。

■残価設定率の高さ=リセールバリューのよさで、人気の指標ともなる

 残価設定ローンの“旨味”を高めるのは、なんといっても当該車両のリセールバリューとなる。

 残価設定ローンが日本メーカー系ディーラーで普及を始めた頃は、顧客の囲い込みという意味合いが強く、残価率が50%や60%が当たり前という時期もあったが(リセールバリューを超えるものだった)、今では一般的な残価率は35から40%程度となっている。

 アルファードのような“鉄板”ともいえる、高いリセールバリューを誇るモデルは例外となるが、それでもアルファードでさえ最大49%となっている。

現在の残価設定率は30%~40%が多い。残価設定率の申し子的爆売れ状態の「アルファード」も、今は最大49%と一時期に比べれば落ち着いた感もある

 カテゴリー別で見れば、総じてリセールバリューがいいのは、ミニバン、SUV、軽自動車といえるだろう。

 ミニバンとSUVに関しては国内での高い中古車人気だけでなく、海外輸出を行うバイヤーの間でも高い人気があることでリセールバリューがいいものとなっている。軽自動車は伝統的に、低年式(古い)であっても需要がしっかりあることで、リセールバリューが高めに推移していく傾向が目立っている。

 メーカーのWebサイト上での、ローンシミュレーションに掲載されている、支払い最終回の金額が車両本体価格のどれぐらいの割合になるかをここでは“残価率の目安”として、代表的な車種を見ていくと(いずれも60回払い)次のようになっている。

 ミニバンではヴォクシー約26%、シエンタ約25%、セレナ約46%、ステップワゴン約33%、オデッセイ約28%、フリード約32%。

 SUVでは、ライズ約35%、RAV4約35%、ランドクルーザープラド約40%、キックス約38%、エクストレイル約42%、ヴェゼル約35%、CR-V約35%。

 軽自動車では、ルークス約41%、N-BOX約35%、スペーシア約29%となっている。

次ページは : ■最近の残価設定率は「安全志向」。ただ買替の際に思わぬ恩恵を受ける場合も

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ