アルファード以外にもある!! 残価設定ローンで買うのがお得なクルマは?

アルファード以外にもある!! 残価設定ローンで買うのがお得なクルマは?

 近年、力を入れて低金利にしていることなどもあって、新車購入で利用する人がとても増えているという「残価設定ローン」。

 そして、この残価設定ローンの利用は、選ぶ車種によっては月々の支払いの負担が思っている以上に少ないケースもあって、そこが魅力になっているという。

 そんな残価設定ローンの利用で、特にお得感がある車種はどれなのか? 基本的な残価設定ローンの説明や注意ポイントを含め、新車販売事情に詳しい小林敦志氏が解説する。

文/小林敦志
写真/TOYOTA、HONDA、NISSAN

【画像ギャラリー】日本の売れ筋、軽にミニバン、SUV!! 残設ローンは本当にお得か?


■残価設定ローンは3年後や5年後に買い替えするユーザー向き

 ここ最近は新車購入においてローンの利用が目立っている。しかも、その大半が残価設定ローンとなっている。設定した残価率に基づいて3年後や5年後の残価相当額を算出し、それを支払い最終回分として据え置くことで、月々の支払い負担が軽くなるというものである。

 過去には“リース型ローン”などとも呼ばれたことからも、リースのメリットを採り入れたローンといっていいだろう。

 残価相当分を据え置いた支払い最終回分の精算については、現金のほか、再ローンを組んで乗り続けることができるだけではなく、乗っている車両の返却や同メーカー車への乗り換えでも精算が可能となる。

 つまり残価相当額分の現金を、乗っている車両との相殺によって手元に残すことができるのである。メーカーやディーラーとしては、この“浮いた分”を次の新車購入資金に回してもらうなどして、顧客を囲い込みたいという戦略的な部分も多いので金利も低めに設定されている。

 ただ、残価設定ローンの利用には、月々の走行距離の上限が決められており、その走行距離をオーバーしたり、支払い最終回分の精算時には内外装の確認にあり、これで傷や汚れなどの減点が一定以上を超えると追加の支払いが発生する。

 そのため、走行距離が10万㎞以上など過走行気味になるなど、クルマの使用がハードで傷が絶えないようなユーザーにはお薦めできない部分もある。

 残価設定ローンではない、通常払いローンも用意されているが、いまでは残価設定ローンの利用が圧倒的に多くなっている。

こちらはホンダの残価設定ローンのイメージ図。「最終回のお支払分」のところが車種、クルマによって異なる。またフルローンと金利に差がある事もよくあるため、確認は必須
こちらはホンダの残価設定ローンのイメージ図。「最終回のお支払分」のところが車種、クルマによって異なる。またフルローンと金利に差がある事もよくあるため、確認は必須

 昔は残価設定ローンに比べ、通常ローン金利はかなり高いものであった。しかし今では、ホンダでは一般的な残価設定ローンと同じ金利である3.5%となっているが、トヨタは残価設定ローンが4.5%なのに対し、6%と少々割高な金利設定となっていたりするなど、メーカーによって対応が異なるので、確認してもらいたい。

次ページは : ■残価設定率の高さ=リセールバリューのよさで、人気の指標ともなる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ