ベンツGクラスの人気衰えず!! 日本人はなぜGクラスが好きなのか?


■いわゆるイケてる感じのキラキラしたGクラスに乗りたい


■先代末期のG350dロング 中古車相場:760万~1300万円

Gクラスは細かく改良を受けていて、2012年のマイナーチェンジでLEDライトが装着されるなど、内外装が大幅に変更された

★ベストカー厳選中古車 メルセデス・ベンツGクラス 760万円~

 乗り味は現行型より若干無骨なニュアンスとなるが、「そこが逆にいい!」とも言え、また現行型以上に四角四面なフォルムにもタイムレスなカッコよさがある。

 そして「キラキラしてイケてる感じ」も2016年式以降のG350dなら十分以上であり、ディーゼルターボエンジンのパワーとトルクも、これまた十分以上。

 そして数年後の売却額も(距離を大幅に延ばさない限り)なかなかの高値になると予想される。

2012年のマイナーチェンジでインテリアデザインも変更。オーディオやナビを操作するコマンドシステムを採用した

■さらにキラキラした感じのGクラスに乗りたい


■先代末期のG350d ヘリテージ エディション 中古車相場:960万~1400万円

2018年4月に発売された日本限定のG350dヘリテージエディション。当時の新車価格は1190万円

★ベストカー厳選中古車 メルセデス・ベンツGクラス 960万円~

 2018年4月に発売された先代Gクラス最後の特別仕様車で、Gクラス39年の歴史をモチーフとした日本限定モデル。

 長い歴史のなかで特に人気が高かったボディカラー、プロフェッショナルブルー(原名:チャイナブルー)やライトアイボリーなどの5色を特別設定し、さらにブラックペイント18インチ5ツインスポークアルミホイールと、随所にオブシディアンブラックのアクセントを加える「ナイトパッケージ」も特別装備している。

 かなりイケてるエクステリアであり、距離をさほど延ばさなければ、数年後も高値での売却が可能だろう。

ヘリテージエディションのインテリア。本革シート(前席・後席シートヒーター付)やセンターコンソールにHeritage Editionプレートが装着される

次ページは : ■キラキラしてなくていいので、ほどよい予算でGクラスを購入したい