ハリアーとキックスに再試乗!! 発売から1年でその評価は変わったか??


 新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまだろうが、それから1年、あるいは2年経った今、再度そのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、「評価が変わる」こともあるのでは?

 今回は昨年6月に登場したトヨタ ハリアーと日産 キックス。人気SUV2モデルに鈴木直也氏が改めて試乗。約1年前と比べ評価は上がるか、それとも!? ズバリ語ってもらおう。

※本稿は2021年5月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 陽
初出:『ベストカー』 2021年6月10日号

【画像ギャラリー】一年を経て再評価! ハリアー&キックス試乗の様子をギャラリーで見る


■1年経過の注目SUV2台 再びじっくり評価してみた!

 コロナに翻弄されたのは人間だけじゃなく、このタイミングでデビューしたクルマもちょっと不運。そんななかでの「一年経過後の再評価はどうよ?」ということで、改めて試乗してみた。

 用意したのはキックスとハリアー。今イチバン売れ筋のSUVマーケットに送り出されたメーカー期待の星だ。

 販売実績としては、キックスの初動はまずまずだったものの、その後やや伸び悩んで2020年の年間では国産車販売台数36位。

 一方のハリアーはコロナ禍でもかなり健闘し、年間13位。SUV部門だけでいえば、RAV4を抑えて年間2位の座を確保している。

日産 キックス(手前・2020年6月登場)…日産初のe-POWER搭載のSUV。価格:275万9900~286万9900円/トヨタ ハリアー(2020年6月登場)…RAV4とセットで開発されたモデルで都会的志向にキャラ付け。GA-Kプラットフォームにより上質な仕上がりに。価格:299万~504万円

■キックス再試乗:充電時のノイズが……ない!

 まずはキックスだが、久しぶりに試乗して感じたのは「最初に乗った時より静かになってる!」ってことだ。

日産キックス。先代ノートベースで設計が古いと侮っていたけど、乗ると意外によくてしっかり作りこんである。が、値付けが高い。例えば1.5L NAで、240万円ほどのモデルもあればユーザーのすそ野を広げられるのに(鈴木直也)

 ご存知のとおり、キックスは先代ノートe-POWERのSUV版だから、長所も短所もほぼ同様だ。

 以前乗って気になったのは、低速域でエンジンがかかって充電を始めた時のノイズだったが、久しぶりに乗ったら「アレ、こんなもんだったっけ?」というレベルで、ほとんど気にならない。

 ひょっとすると、ECUが新型ノート並みにバージョンアップされている可能性はある。再び乗ると、こんな気づきもある。

Xツートーンインテリアエディション(2WD、約287万円)の内装。「オレンジ色の配色がいいけどナビが小さい」と鈴木氏

 走りのほうは、相変わらず電動パワーでびゅんびゅんよく走って、とりわけ街中でのドライバビリティのよさは抜群。

 また、当初から評判のよかったハンドリングと乗り心地のバランスについても、一年経ってもセグメント平均より上の印象で、例えばヤリスクロスと比べても僕の好みではキックスのほうが好印象。この高評価は今も変わらない。

 また、イマイチという認識だった高速燃費については評価が上がった。というのも、首都高速を40.4km走ったケースでは24.8km/Lとまずまずの数値をマーク。

 「こんなにできる子だったのか、お前は!」と、一年ぶりに認識を改めた次第でございます。

次ページは : ■乗り出しで330万円超え

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ