悩み一発解消! 梅雨時の正しいエアコンの使い方と梅雨の晴れ間に行いたいメンテナンス

悩み一発解消! 梅雨時の正しいエアコンの使い方と梅雨の晴れ間に行いたいメンテナンス

 気象庁は6月14日、「関東甲信越地方が梅雨入りしたとみられる」と発表した。平年より1週間遅く、ここ10年で一番遅い梅雨入りになったそうだ。

 さて、梅雨の時期は、当然だが雨が多いため、クルマの運転もいつも以上に気を付ける必要がある。そして一番頭を悩ませるのはエアコンの正しい使い方だろう。

 湿気が多くて蒸し暑く車内が曇った場合どうしたらいいのか? エアコンの温度設定を16度、18度、20度、はたまた25度とどの温度に設定したらいいのか? さらに内気循環、外気導入はどう使えばいいのかと、悩んでいる人は多いのでないだろうか?

 そこで、梅雨時の正しいエアコンの使い方と、梅雨時期の晴れ間に行ないたいメンテナンスをモータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。

文/高根英幸
写真/ベストカーweb編集部 Adobe Stock(トビラ写真/Daniel Je dzura@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】本格的な梅雨シーズン到来! 湿気が気になる今だからこそ確認しておきたいポイントを写真で見る


■梅雨時の正しいカーエアコンの使い方

オートエアコンは装着されている場合、オートモードか外気導入に設定しておこう(Nischaporn@Adobe Stock)

 梅雨時であっても、晴れの日は結構車内の温度は上がる。そのため冷房の利きを強めたいからと、内気循環モードにしている人も少なくない。一時的な使い方であれば、これは非常に効果的だ。

 しかしクルマの空調の基本は、外気導入であることは覚えておきたい。それは近年のクルマが静粛性のために密閉性を高めていることもあり、換気しないと車内のCO2濃度が上がりやすいからだ。

 車内のCO2濃度が上昇すると、頭痛やめまい、眠気など運転に支障が出る症状が現われることもある。高級車のオートエアコンはPM2.5センサーをダクト内に内蔵して、汚れた外気を検知すると自動的に内気循環に切り替わり、しばらくすると再び外気導入に戻ってくれるオートモードを備えている。したがってオートモードか外気導入をデフォルトとしておくことだ。

 コロナ禍であっても乗員が自分1人であれば、密ではないので窓を開けてまで換気する必要はない。それでも窓を開けて換気したい人は好きにすればいいだけだ。

 何名か乗車するなら、外気導入の風量を上げてやればいい。そしてリアドアのウインドウを少し開ければ、換気は十分だろう(もちろんマスクは着用することだ)。

■温度設定は25度が正解?

世界8カ国の開発拠点と78の生産拠点を有する「カルソニックカンセイ」の見解(2017年8月10日広報資料)では、日本車は「25度」、欧州車は「22度」が温度設定の中心のため、この温度を基準にすることをオススメするとのこと

 オートエアコンの温度設定についても、キチンと理解したうえで使いたい。あの温度設定はダクトから拭き出す温度ではなく、室内の目標温度だ。しかも室内の気温だけでなく日照センサーなど、人間が暑い寒いと感じる他の要素も考慮して吹き出す冷風を調整している。

 せっかくのオートエアコン、快適な空間を作り出してくれる装備だけに、クルマにお任せの設定で何も考えずに運転したいというドライバーも多いだろう。そのためのオートエアコンであるのだから、まったく異論はない。

 けれどもエアコンのシステムを理解して、無駄なく冷気を活かしたい、燃費を少しでも高めたいというのなら、積極的に操作してやることもできる。それにはまず、クルマのエアコンは冷気を作っている部分と、暖めている部分は別であることを知っておいてほしい。

 つまり適温を作るためにはクルマは空気を冷やしたり、暖めたりしているので、それは「とても贅沢である」ということだ。そもそも熱伝導率の低い空気を暖めたり冷やしたりするのは、結構なエネルギーを使う。それだけに、折角コンプレッサーを回して作り出した冷気は無駄にしたくない。

 温度を微妙な温度に設定しているほうが冷房を使わないと思っている人もいまだに多い。しかしエンジンはたくさんの熱を放出している。

 それを利用したヒーターはロスが少なく経済的ではあるが、冷房を使うならヒーターで温度調整するのではなく、暖房は全カットで、風量で室温を調整したほうが燃費のためにはいい。

 温度設定は最低にして、暑いと思ったら風量を上げ、十分涼しくなったら風量を下げる。これを走行中に行なうだけだ。風量を調整することで冷媒を放出する勢いも変わるから、コンプレッサーの駆動は風量に合わせて調整されることになる。

 つまり、必要な冷気のぶんだけしかコンプレッサーは働かないから、オートの適温設定より燃費は若干向上する。

 すでにハイブリッド車やEVのなかには電動コンプレッサーを使い、エンジンを使わずに冷気を作り出している。しかもヒートポンプ式であれば、暖房も逆の作用で作ることになるから、冷気を無駄に暖めるようなことはしないので、オートのままでも燃費は変わらないはずだ。

 メーカーが推奨する最も効率のいいオートエアコンの設定温度は何度なのか? 世界8カ国の開発拠点と78の生産拠点を有する「カルソニックカンセイ」の見解(2017年8月10日広報資料)では、日本車は「25度」、欧州車は「22度」が温度設定の中心のため、この温度を基準にすることをオススメするとのこと。
 つまり、これが製造メーカーの推奨する最も効率のいい設定値ということで、これを基準に状況に応じて上下させるとよいだろう。

 また、突然の豪雨で傘や洋服が濡れてしまった場合、クルマのエアコンは乾かすことにも使える。ウインドウが曇らないためにもエアコンを使って除湿するのが効果的だ。室内にカビが発生しないようにするには、湿気を抑えることも大事だ。

 エアコンで内気循環を使うことで室内の湿気はかなり急速に除去できる。ただしエアコン内部の結露はすぐには解消しないので、できれば目的地に到着したら、駐車する前にエアコンをオフにして、駐車作業中は送風状態にして少しでもエバポレーターを乾かしてから、空調を止めるようにするといい。

次ページは : ■晴れ間や梅雨明けに行ないたいメンテナンス