クルマ好きの終着点は軽トラか? 究極のスーパーカーの魅力と選択肢

クルマ好きの終着点は軽トラか? 究極のスーパーカーの魅力と選択肢

 数年前から、欧米の一部のカーマニアが日本の軽トラに熱狂していたらしい。

 さらにそれより前から、フランスの日本アニメファンは、来日時に軽トラを見ると「アニメに出ていたミニ・トラックだ!」と感動するとも聞いていたが、軽トラの本家である日本では、それほどの軽トラブームは起きなかった。

 しかし、本国日本での軽トラブームは、深く、静かに進行していたのです……。

文/清水草一、写真/清水草一、DAIHATSU、SUZUKI、HONDA

【画像ギャラリー】クルマはエンジンと四つのタイヤで走るハコ……それをとことん突き詰めていくと、やがて軽トラにたどり着く!?


■クルマ好きの心の琴線に触れまくる『軽トラ』

スズキ スーパーキャリイ。車体カラーは本文でも言及されているガーデニングアクアメタリックだ

 このところ、軽トラブームが来ているらしい。いったいナゼ? 理由はよくわからない。

 数年前から、アメリカの一部マニアが、日本の軽トラに熱狂しているという話は伝わっていた。

 また、20年以上前から、日本のアニメファンが多いフランスで、アニメ作品中に登場する軽トラ(ミニ・トラック)に注目が集まり、彼らが来日すると、本物の軽トラを見て感動するとも聞いていた。

 しかし本家の日本では、「ふーん」「おもしろいね」くらいの反応で、特にマニアックなブームは起きなかった。

 個人的には、軽トラを意識したのは、3年前のスズキ・スーパーキャリィの登場からだ。キャビンが後ろに拡大され、シートがリクライニング可能になり、シートの後ろにカバンも置ける。これは2シーターミッドシップのフェラーリに似ている!

 見た目も頭でっかちでユーモラス。ボディカラーも、「ガーデニング アクアメタリック」などいかにもオシャレ。「これはクルマ好きのココロに刺さるぜ!」と直感した。

■クールなカラーに快適シート、ソフトなリーフリジット、こりゃイイぞ!

ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ。激シブなカラーリングだ

 スーパーキャリィの登場に刺激されて調べてみると、ライバルのダイハツ・ハイゼットには、「ハイゼットトラックジャンボ」という、同じような拡大キャビン版が、1983年から存在していたんですネ! 私は3年前までその事実すら知りませんでした。それほどまでに、軽トラは守備範囲外だったのです。

 もちろん、RRのスバルサンバーや、ミドシップのホンダアクティがスゲエ! という話は知っていたし、乗ったこともあったけれど、しょせん自分とは関係ないクルマだった。なにせ積むものがないので……。

 ところが、ハイゼットトラックジャンボの広報車を借りてみると、ボディカラーはオフビートカーキメタリック。めっちゃクールやんけ! 拡大キャビンのおかげでリクライニングもできる。スーパーキャリィのほうがキャビンがデカいので、リクライニング角度も大きいけれど、実用上の差はあまりない。

 乗り心地はどうか。イメージ的には、路面の凹凸がガツンガツンが来そうだけど、乗ったらマシュマロのようにソフト! リーフリジットってこんなにカイテキだったの!? これはイイ! クールな上にカイテキ! 最先端にオシャレさん! これに乗ってりゃモテるかも!? と思ってしまいました。

 が、それでも特にブームは来なかった。

次ページは : ■注目度はラグジュアリークーペよりも上!?