ブガッティがクロアチアEVメーカーの傘下へ 超名門メーカーの行く末はどうなる?


 去る2021年7月6日、クロアチアの新興EVメーカーであるリマックとポルシェの合弁会社が、スーパーカーブランドのブガッティを運営することが明らかになった。

 伝説のスポーツカーメーカーとも言われ、1998年以降はフォルクスワーゲン傘下で超高級スーパーカーを生産してきたブガッティはこの先どうなるのか? そしてEVメーカーのリマックとは?  スーパーカー評論家でもあるモータージャーナリストの西川淳氏が解説する。

文/西川淳
写真/BUGATTI

【画像ギャラリー】名門「ブガッティ」を手中に収めたマリックならぬ「リマック」とは何者?


■モータースポーツの黎明期に活躍した名門

 目の前をブガッティタイプ44コルシカが走っている。濃いめにペイントされたブルーの車体がすでに荘厳だ。コーナーが迫るたび、ドライバーは大きなステアリングホイールをねじ伏せるように回す。まるで格闘しているかのよう。

 ストレート8のエンジン音は至ってジェントルで、私たちが乗っている1970年代BMWの4気筒エンジンの唸り声に時折、かき消されていた。

 さらにその前には同じくツアラーの4気筒モデル、タイプ40が走っていて……。

 この原稿執筆の直前に北海道で行われたクラシックカーのドライブラリー「トロフェオ・タツィオ・ヌボラーリ」に参戦した。そこでなんと戦前のブガッティが3台も走っていたのだ。1.5L 4気筒のタイプ40が2台に、3L 8気筒のタイプ44が1台。いずれもマニア垂涎のヴィンテージ・ツアラーだ。

 イタリア生まれのエットーレ・ブガッティが自らの名を冠した高級車メーカーをフランスはアルザス地方で立ち上げたのは1909年のことだった。エットーレの生み出すツアラーは気品に満ち、洗練された装いで、しかも力強かった。

 けれども彼らのクルマを一躍有名にしたのは自動車の発明と同時に始まったモータースポーツにおいて活躍したグランプリカーで、フランス代表であるブガッティはイタリアのアルファロメオやドイツのメルセデスと死闘を演じている。

ブガッティタイプ35。大戦前の自動車レースで大活躍し、通算1000勝以上を挙げたモデルだ。世界初のアルミホイールを装着したクルマでもある。細部にまで洗練されたデザインは本当に美しい

 ブガッティのグランプリカー、タイプ35シリーズなどはヴィンテージカー界の頂点に君臨する名モデルであり、今では数億円で取引されている。もっともツアラー、GPカー合わせてブガッティの最高峰はタイプ57クーペアトランティークSCで生産台数わずかに4台。ミュージアムのほか、ポロ・ラルフローレンなどが所有している。

 エットーレ自身が愛用した黒い個体(ラ・ボワチュール・ノワール)は第二次世界大戦中に行方不明となっており、もし発見されたなら(残骸からのレストレーションでもいい)、百億円以上で取引される可能性があるという。

 戦後、自動車の大衆化が始まると、次第に高級車ブランドの行き場は狭まり、ブガッティもあえなく活動を停止した。1980年代後半にイタリアの実業家によって一度は復活したものの、EB110というスーパースポーツを世に送り出したのみで、程なく再びの眠りについてしまった。

■超高級スポーツカーメーカーとして3度目の復活。現在に至っていたが・・

 華々しく復活したのは1998年のこと。当時VWグループを牽引したフェルディナント・ピエヒ(とその孫)の思いつきが、ブガッティという歴史あるブランドを史上最も高性能で高級なスーパーカーブランドとして三度復活せしめたというわけだ。

 フランスに帰ってきたブガッティは、アルザスのモルスハイムにアトリエと呼ばれる工場を建設。そこでW16気筒エンジン搭載オーバー1000馬力、最高速400km/h以上を誇る正真正銘のハイパーカー、ヴェイロン、そして1500馬力を誇るシロンの生産を始めたのだった。

3度目の復活となったブガッティは写真の「ヴェイロン」を市場に投入。1000馬力というとてつもないエンジンをミッドに搭載。時速400㎞超えとまさにハイパーカーだ

 シロンのスペシャルモデルはなんと490km/h以上を達成している。客単価3億円以上のラインナップを揃える世界最高峰のブランドであり、先日納車されたシロンベースのワンオフモデルなどは件の黒い個体へのオマージュとして製作され、なんと16億円であったという。

ヴェイロンの後継車として登場した「シロン」1500馬力のエンジンを搭載、420㎞/hでリミッター作動とさらに性能をアップさせた。標準車で3億円、特注となると16億円の仕様も存在する!

 そのオーナーの自動車平均所有台数は30台以上と言われるほどブガッティは何もかもが桁違いの高級車ブランドである。

 以前、ブガッティのトップを務めた人間に面白い喩え話を聞いた。「ベントレーの客は愛車に乗って五つ星ホテルの三つ星レストランへ行く。ブガッティの客はヘリコプターを使って自ら所有するホテルへ行くか、シェフを自宅へ呼びつける」。

ブガッティは乗るクルマではなく愛でるクルマ? 創業者エットーレ・ブガッティも美を追求。それは機械の持つ「機能美」だった。時は移り「装飾美」を追求しなければ億単位の価値は見出せないらしい?

 それを聞いた時、筆者は思わず「じゃ、ブガッティはいつ乗るの?」と聞き返したものだった。

次ページは : ■突如VW100%からポルシェと新興リマックの合弁会社の傘下になると発表

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ