ブガッティ、パガーニ他…超ハイパースポーツカーが健在な理由

ブガッティ、パガーニ他…超ハイパースポーツカーが健在な理由

 世界中の自動車メーカーが吸収、合併を繰り返し再編されている。同時に環境問題から多くの自動車メーカーが電動化に舵を切っている。

 そんな世界の自動車産業において特異な存在なのが、少量生産のウルトラハイパースポーツカーメーカーではないだろうか。高効率化、グローバル化、電動化などどこ吹く風(一部は電動化に対応)、といった感じで、超ド級のウルトラハイパースポーツカーを生産・販売して存在感を放っている。

 環境問題の深刻化から、これらウルトラハイパースポーツカーメーカーがいつまで存続できるのかはわからいが、現在存続できている理由、存在意義について考察していく。そして、具体的にスーパースポーツを紹介していく。

文:石川真禧照/写真:ASTON MARTIN、LAMBORGHINI、BUGATTI、PAGANI、KOENIGSEGG、SALEEN、NOBLE

【画像ギャラリー】全部で50億円超!? 世知辛い時代だからこそ心が躍る少量生産のウルトラハイパースポーツの共演!!


歴史のあるスポーツカーメーカーのクルマはお金があっても買えない

 いまから20年近く前のことだった。海外のモーターショー会場で、ポルシェの販売部門の副社長と話しをしていたとき、ポルシェが時々少量生産の高額なスポーツカーを販売している理由を聞いてみた。そのとき彼はこう言い放った。

「世界中にポルシェファンの富豪は200人はいる。彼らはどんなに高価なポルシェでも買ってくれるからね」

アストンマーティンのマレック・ライヒマンとレッドブルレーシングの鬼才エイドリアン・ニューウェイの共同監修によって誕生したアストンマーティンヴァルキリー
アストンマーティンのマレック・ライヒマンとレッドブルレーシングの鬼才エイドリアン・ニューウェイの共同監修によって誕生したアストンマーティンヴァルキリー
アストンマーティンとザガートがコラボして誕生したDBS GTザガートはDB4 GTザガートと2台セットで約8億円という珍しい販売方法を採用
アストンマーティンとザガートがコラボして誕生したDBS GTザガートはDB4 GTザガートと2台セットで約8億円という珍しい販売方法を採用

 ここ数年のアストンマーティンは、量産スポーツカーとは別に、ごく限られたファンのために少量生産、高額なスポーツカーを生産している。

 例えばF1のレッドブルレーシングと開発した「ヴァルキリー」やザガードと共同生産のDBシリーズは数億円で販売された。ランボルギーニもハイブリッドスポーツの「シアン」を19台限定で販売した。

 どれもがすでに完売という。

 もし、あなたがこのコロナ禍で大金を手に入れ、こうしたクルマを購入しようと思ったとしよう。おそらく、いくらお金を積んでも手に入れることはできないかもしれない。

 その理由は、歴史あるスポーツカーメーカーのクルマは、世界中のロイヤルコレクターと呼ばれている裕福なクルマ好きに優先的に販売されてしまうからだ。

正式車名はランボルギーニシアンFKP37で、FKPはフェルディナント・カール・ピエヒ氏の頭文字で37はピエヒ氏の生まれ1937年にちなんでいる
正式車名はランボルギーニシアンFKP37で、FKPはフェルディナント・カール・ピエヒ氏の頭文字で37はピエヒ氏の生まれ1937年にちなんでいる

 この傾向は特に1990年代バブル期が終わってから強くなったように思う。

 資金はあるのに欲しいクルマが手に入らない。それは多くの場合、ごく少数のクルマ好きのために作られたスーパースポーツだ。彼らの物欲を満たす新しいスーパースポーツを作る人たちが現れても不思議ではなかった。

 今回、紹介するウルトラハイパースポーツカーメーカーの多くが1990年代に創業しているのは偶然ではないのだ。

 そして、彼らが生き延びてこられているのも、こうしたウルトラハイパースポーツを購入したいという新世代スーパーリッチな人たちがいるからなのだ。

次ページは : ブガッティ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ