【レクサス、マクラレーン、GT-R…】超ド級!! パワーウェイトレシオの世界

 いくらパワーがあっても重すぎれば、運動性能は落ちる。逆に、いくら軽くても非力では速くない。軽いのに馬鹿みたいに力強い。そんな車好きのロマンを端的に表す指標がパワーウェイトレシオなのだ!!

 世界に、日本に、超ド級の高性能車が登場する、めくるめくパワーウェイトレシオの世界へようこそ。

文:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年4月10日号


今さら聞けない!? パワーウェイトレシオとは

 パワーウェイトレシオは、車重をエンジン出力で割ったもので、単位は「kg/ps」で表わされる。

 主に加速能力を評価する際の指標となるもので、数値が低ければ低いほど、加速力が優れると考えられている。

 日本では車重÷エンジン出力だが、海外ではエンジン出力÷車重で求められ、この場合は数値が大きいほど、加速力に優れると判断される。

 例えば、メイン写真のシビックタイプRは車重1380kg÷最高出力310psでパワーウェイトレシオは4.45kg/ps。大雑把に言って、パワーウェイトレシオ4kg/ps台なら「なかなかの韋駄天ですね!!」といえるだろう。

 ……が、驚くことなかれ。世界には凄まじいパワーウェイトレシオの持ち主がいるのだ!!

あの欧米スポーツカーはパワーウェイトレシオ2kg/ps台!!

■コルベット Z06【kg/ps値:2.44】

コルベットZ06

 6.2LのV8、OHV+スーパーチャージャーエンジンは、89.8kgmという最大トルクで、0-96km/h加速を2.95秒でこなす。価格は1468万円から。

■マクラーレン 650S 【kg/ps値:2.05】

マクラーレン 650S

 3.8LのV8ツインターボエンジン搭載。0-100km/h加速は、軽量ボディということもあって、3.0秒と好タイム。

ほとんどF1!? ついにパワーウェイトレシオ1kg/ps台突入!!

■パガーニ ウアイラ 【kg/ps値:1.60】

パガーニ ウアイラ

 AMG製の6L、V12ツインターボエンジンを搭載するウアイラBC。最大トルク=112kgmという数値を誇っているだけに、0-100km/h加速タイムも、ウアイラの3.2秒を大きく短縮してくるだろう。生産台数はわずか20台。早い者勝ちだ。

■ブガッティ シロン 【kg/ps値:1.33】

ブガッティ シロン

 昨年のジュネーブショーで発表されたシロンは、世界一速い市販車として知られるヴェイロンの後継モデル。

 8LのW16型クワッドターボは、1500ps/163.2kgmの出力を発生。最高速=458km/h、0-100km/h加速も2.5秒未満だという。もう意味わからん(卒倒)!!

■ケーニグセグ One:1 【kg/ps値:1】

ケーニグセグ One:1

 2014年のジュネーブショーで発表され、わずか6台のみ生産されたハイパースポーツ。搭載する5LのV8ツインターボエンジンは、驚異の1360ps/139.8kgmという出力を発生。

 理論上の最高速度は440km/hといわれ、0-100km/h加速も3.3秒でこなす。ちなみに新車時の価格は約3億4000万円だったとか。

ちょっと麻痺したが……国産スポーツも凄い!!

■ホンダ NSX 【kg/ps値:3.06】

最高出力:581ps/車重:1780kg ■エンジン:V6 DOHC+モーター、3.5L

 3.5LのV6エンジン+3モーターをパワーユニットとするハイブリッドスポーツ。過去にJARIで行ったテストにおける0-100km/h加速タイムは3.57秒だった。

■日産 GT-R NISMO 【kg/ps値:2.90】

GT-R NISMO

 優れた4WDシステムが武器。0-100km/h加速は570psのトラックエディションでも2.9秒をマークする。1870万200円という価格はダテではない。

■レクサス LFA 【kg/ps値:2.64】

レクサス LFA

 2010-2012年に500台限定で生産されたスポーツモデル。4.8LのV10エンジンを搭載し、0-100km/h加速タイムは3.7秒。

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ