三菱GTOツインターボに約30年56万km愛し続けた秘訣とは【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.9】

三菱GTOツインターボに約30年56万km愛し続けた秘訣とは【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.9】

 一台のクルマには、縁あってオーナーになった人との歴史や思い出があり、物語になるほどのエピソードが生まれることもある。

 そんなクルマと人との関わりを、オーナーさんに直接取材して、リアルな生の声を紹介していきたいと思います。はたして、どんな生の声が聞けるのでしょうか?

 購入した動機から、愛車に対するこだわりのポイント、年間の維持費、故障箇所、愛車の主治医まで、これからそのクルマを購入しようと思っている人にも役に立つ情報満載でお届けします。

文・写真/松村透

【画像ギャラリー】三菱「GTO」には強烈な加速で人々を痺れさせるポイズンがあった!?


■27歳の時に購入した三菱GTOと30年7ヵ月乗り続ける思いとは

 「今のクルマは一生乗る!」と心に決めて手に入れたはずなのに、いつの間にか熱が冷め、数年後には乗り換え…というケースも少なくありません。

 その一方で、「ずっと乗り続ける」ことを当たり前のように実践し、気づけば約30年・56万kmをともに歩むことに……。

 三菱GTOという、一生モノの愛車との出会いを20代のときに果たし、現在も実践中のオーナーさんを直撃しました。

オーナーの安藤 一弘さん。愛車である1991年式三菱 GTO ツインターボとは30年と7ヵ月の付き合い。それにしても時が止まったように綺麗なボディだ
オーナーの安藤 一弘さん。愛車である1991年式三菱 GTO ツインターボとは30年と7ヵ月の付き合い。それにしても時が止まったように綺麗なボディだ

■プロフィール&愛車紹介

・お名前(HNも可):安藤 一弘さん
・ご年齢:57歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1991年式三菱 GTO ツインターボ
・購入時期:1991年1月(27歳)
・所有年数;30年と7ヵ月(新車)
・購入時の走行距離:0km
・現在の走行距離:約55.7万km
・購入時の金額:398.5万円

取材に合わせて三菱3000GTのTシャツを身に纏い、大切なGTOのダイキャストモデルもご持参くださった。GTOへの溢れる程の愛情が伝わってくる
取材に合わせて三菱3000GTのTシャツを身に纏い、大切なGTOのダイキャストモデルもご持参くださった。GTOへの溢れる程の愛情が伝わってくる

■愛車であるGTOを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

 1989年に開催された第28回東京モーターショーの三菱ブースに展示されていた「HSX」を観てひと目惚れしたのがきっかけです。実は友人から誘われて「まぁ、暇だし」くらいのノリで行ったんですが、まさかこんなことになるとは(笑)。

 この年の東京モーターショーは、後にビンテージイヤーと呼ばれるほど今でも人気のあるクルマが数多くデビューしましたが、私が目に留まったはHSXだけでしたね。「日本車のデザインもいよいよここまで来たか!」と思いましたから。

 その日以来「市販されたら絶対に乗りたい!」と思い続け、毎日のようにHSXのパンフレットを眺めつつ、無駄遣いをやめて必死に貯金しましたよ。

 そして、念願がかなったのは発売から数ヵ月経った1991年1月でした。

GTOのカタログはもちろんのこと、当時のDMもファイリングされ、大切に保管している安藤さん。日本車にとっての黄金期を今に伝える貴重な資料だ
GTOのカタログはもちろんのこと、当時のDMもファイリングされ、大切に保管している安藤さん。日本車にとっての黄金期を今に伝える貴重な資料だ

次ページは : ■愛車との濃いエピソードを教えてください

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!