電気自動車がアガリでいいのか? 人生最後に乗る「アガリのクルマ」


■ピュアEVへの準備として、「先代プリウスPHV」

2012年1月に発売された先代プリウスPHV。エンジンやモーターの出力は通常のプリウスと同じだが駆動用バッテリーを4.4kWhに大型化。EV走行は満充電で26.4km走行可能

 個人的には、今はまだピュアEVを買う時期ではないと考えまする。なにせこれから短期間で長足の進歩が発生するであろう分野。今のEVはあっという間に旧式になる。たぶん。

 でも、自分の車庫に普通充電が設置できる方なら、まずはプラグインハイブリッドを「アガリのひとつ前」にするのもオツではないか? 

 ただしあくまで「ひとつ前」なので、あんまりお金はかけたくない。ってことで、先代プリウスPHVがイイ! 現行プリウスPHVだと、中古でも200万~300万円しちゃうけど、先代なら100万円そこそこから買える! 

 100万円で、航続距離を気にせず乗れるプラグイン車が買えるのって、なんだかとってもお買い得だよね? 同時にハイブリッドのヨロコビも味わえるし。アガリのひとつ前感もバリバリだ!

【画像ギャラリー】やはり最後のクルマはスポーツカー!? 「新型 Z 」優先のアガリのクルマを写真でチェック!!