デカいだけが原因じゃない? 海外でバカ売れの日本車が日本で売れない決定的理由

デカいだけが原因じゃない? 海外でバカ売れの日本車が日本で売れない決定的理由

 21世紀の訪れとともに日本車のグローバル化は一挙に加速。従来も海外で販売される日本車は存在したが、それでも日本市場では国内をメインに考えられた車種が多数であった。それが令和の今や、グローバルで販売される日本車が大半で、国内専用車は極めて珍しい存在に。

 いっぽうで、主に米国をメインマーケットとする海外向けの日本車は、海外では売れても日本では売れないという、ねじれ現象が目立つようになってきた。なぜ海外向けの日本車は日本でさっぱり売れないのか? 背景にはサイズの大きさだけではない様々な事情が絡み合っているといえそうだ。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、TOYOTA、NISSAN、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】本文未収録写真あり!! 海外では売れているのに国内では売れない日本車を写真で見る


■軽自動車とトヨタが圧倒する国内市場

国内と海外の両方で売られるクルマにはコンパクトな車種が目立つ。アルファードは今は海外でも販売されるが、商品開発の対象は国内市場を基本にしている

 国内の新車販売データを見ると、販売ランキングの上位に位置するのは、ホンダ N-BOX、スズキ スペーシア、ダイハツ タント、スズキ ハスラーなどの軽自動車と、ヤリス、ヤリスクロス、ルーミーといったコンパクトな車種を中心とするトヨタ車だ。

 2021年1~7月に国内で新車として売られたクルマのうち、軽自動車が38%を占めている。また、同じ期間に国内で新車として売られた登録車を見ると、トヨタ車(レクサスを含む)の比率が53%に達した。軽自動車が一番の売れ筋カテゴリーになり、小型/普通車では、トヨタが圧倒的なシェアを誇る。

 その結果、2021年1~7月における乗用車メーカーの国内新車販売台数ランキングは、1位:トヨタ、2位:スズキ:3位:ダイハツ、4位:ホンダ、5位:日産、6位:マツダ、7位:スバル、8位:三菱になる。

 注目すべきは、2位がスズキ、3位はダイハツという順位だ。今の国内新車市場が、軽自動車を中心に成り立っていることを示している。

 そして軽自動車は基本的に国内向けの商品だから、この販売比率が増えると、海外と国内の両方で売られる登録車は相対的に減ってしまう。

 しかも国内と海外の両方で売られるクルマには、前述の通りコンパクトな車種が目立つ。アルファードはLサイズで今は海外でも販売されるが、ミニバンだから商品開発の対象は国内市場を基本にしている。つまり、国内販売が好調な車種は、そのすべてが国内市場を意識した商品だ。

 この点についてメーカーの開発者は次のように述べた。

 「日本では軽自動車の販売比率が高く、特殊な市場とされている。売れ筋車種も海外とは大きく異なるが、唯一共通するのはコンパクトカーだ。このカテゴリーは、海外でも売られるが、世界生産台数に占める国内比率が高い」

 それなら逆のクルマにはどのようなことがいえるのか。日本と北米を始めとする海外の両市場で売られていながら、日本国内では低迷する車種も多い。

■日米で売られる日本車が低迷する複数の理由

現在の日本はセダンが不人気だ。国内販売ランキングの上位には5ナンバーサイズに収まる車種が多く並ぶが、セダンの5ナンバー車は写真のカローラアクシオだけだ

 トヨタは国内における小型/普通車登録台数の過半数を占めるが、カムリは2021年1~7月における月平均登録台数が約1000台と少ない。ホンダではアコードが約220台、シビックは先代型を販売していた2020年で約600台であった。

 日産はスカイラインが約300台、マツダ6は約230台、スバル レガシィは2020年の時点で約600台という具合だ。

 このように北米などの海外向けとされる典型的な車種は、月平均登録台数が1000台以下だ。ホンダでは国内向けのN-BOXが、2021年には月平均で1万8000台以上届け出された。アコードは約220台だから、N-BOXの1.2%に留まる。

 これらの海外向けに開発された車種は、なぜ売れないのか。この背景には複数の理由がある。

 まず、ボディタイプがセダン中心になることだ。セダンは低重心で、後席とトランクスペースの間には骨格や隔壁があるから、ボディ剛性も高めやすい。走行安定性と乗り心地を向上させやすく、静粛性でも有利になる。

 メリットの多いボディ形状だが、SUVに比べて新鮮味が乏しく、後席や荷室も狭い。5ドアハッチバックとの比較では空間効率が下がる。そのためにセダンの売れ行きは世界的に低迷して、2018年にはフォードがセダンからの撤退を表明した。

 特に日本ではセダンが不人気で、トヨタもプレミオ&アリオンやマークXを廃止した。国内販売ランキングの上位には、軽自動車を含めて5ナンバーサイズに収まるコンパクトな車種が多く並ぶのに、セダンの5ナンバー車は設計の古い継続生産型のカローラアクシオだけだ。

 つまり海外向けに開発された日本車は、不人気のセダンが中心で、なおかつ3ナンバー車ばかりだから販売を低迷させている。

 それならワゴンはどうかといえば、これも日本では大幅に荷室の広いミニバンと新鮮味の伴うSUVに押され、販売が堅調なのはレヴォーグとカローラツーリングだけだ。マツダ6にはワゴンとセダンがあるが、ワゴンの販売比率は45%に留まり、セダンよりも少ない。

 このワゴンの売れ方からは、海外向けのクルマが人気を低迷させる別の理由も見えてくる。マツダ6の比率はワゴンが45%、セダンは55%なのに、カローラでは、ワゴンのツーリングが78%でセダンは22%に留まることだ。

次ページは : ■車は良いのに海外向けの日本車が売れない理由とは?