運転支援システムが普及した今だから気になる!! フロントガラス補修・交換の費用

運転支援システムが普及した今だから気になる!! フロントガラス補修・交換の費用

 スバルのアイサイトをはじめとしたカメラを使った運転支援システム&自動ブレーキの普及は歓迎すべきことである。

 その反面でこの種の安全装備の普及に伴い、この種の安全装備はフロントガラスにカメラが付いているだけに「飛び石などでフロントガラスの補修、交換が必要になった場合に費用が非常に高い」という声も増えつつある。

 ここではアイサイトを例にガラスの補修、交換が必要になった際の費用を調べてみた。

文/永田恵一、写真/SUBARU、AdobeStock

【画像ギャラリー】飛び石は連休だけにしてほしい!! どうする!? 運転支援システム装着のフロントガラス破損


■アイサイトなしの場合

先代のBRZにはアイサイトは装着されていなかった。フロントガラスが破損して交換するといった場合、社外製互換品が使えるというメリットがあった

※以下費用はディーラーでの作業の場合の概算

 スバルの自社製登録車でアイサイトなしのモデルはほとんどないため、先代BRZを例に挙げると

●部品代
フロントガラス(純正新品):9万円
モールやテレビのフィルムアンテナなどの付属物:1万円

●工賃:2万円

 合計12万円程度だ。しかし、アイサイトなしであれば作業を外部のガラス屋さんに直接頼む、ガラスは中古品や安価な輸入品、紫外線や赤外線をカットし、日焼けや車内の温度上昇を抑える旭硝子のクールベールなどの社外品のガラスを修理ついでに選ぶ、補修で済む可能性もあると、選択肢はいろいろある。

■アイサイト付の場合

新型BRZにはアイサイトが装備される。フロントガラス修理に使用可能なのは純正品のみとなり、アイサイトの調整などが必要になるため費用は上がる

※アイサイト付きの車両の一例

●部品代
フロントガラス(純正部品):15万円
モールやテレビのフィルムアンテナなどの付属物:1万円

●工賃
ガラス交換そのもの:2万円
エーミング※:2万円
(※エーミングとはガラスを交換した際に必要になる、アイサイトの調整作業)

 合計20万円程度と、一気には跳ね上がる。その挙句アイサイト用のフロントガラスは専用品なので、純正部品以外の選択肢は中古品を含めゼロに近い。

 また、エーミング作業は器材が必要になる関係もありディーラー以外でできるところは少ない。トドメに補修もアイサイトはステレオカメラを持つため補修できる範囲がかなり狭く、結果的にガラス交換を余儀なくされることも多い。

 まとめると、アイサイト装着車のガラス交換、補修は修理方法の選択肢が少ないのも含め、やはり非常に高いというのが結論だ。

次ページは : ■ガラス交換の際に車両保険は有効か?