EVよりFCVが現実的!! ダイムラーが提言するFCVトラックの未来像

航続距離問題はこれで解決!? ダイムラーの燃料電池大型トラックコンセプト「GenH2」が示す長距離輸送用大型トラックの未来像

 ダイムラートラックAGが昨年9月に世界初公開したメルセデス・ベンツブランドの燃料電池トラックのコンセプトモデル「GenH2」は、水素の貯蔵方法に液体水素を採用しているのが特徴。

 液化水素の高いエネルギー密度によって、大型車の電動化における課題のひとつである「ディーゼル車並みの長距離運用」を可能にするという提案で、2023年に顧客による実用供試を開始し、25年以降に量産を開始する計画だ。

 ここでは同時発表された大型電動トラック「eアクトロス・ロングホール」と「eアクトロス」とともに、GenH2の実像に迫ってみたい。

文/多賀まりお、「フルロード」編集部
※2020年12月10日発売「フルロード」第39号より

【画像ギャラリー】ディーゼル並みの長距離運用!? 2025年以降の量産を計画するダイムラーのコンセプトモデル「GenH2」


最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ