東京モーターショーに出展されのちに名車となった日本のクルマたち

東京モーターショーに出展されたのちに名車といわれた日本のクルマたち

 本来であれば第47回 東京モーターショーが開催されていた今年・2021年。過去のショーでは華々しく展示され、その後名車となったクルマたちを取り上げてみたい。

●ベストカーWeb版 東京モーターショー2021 【トヨタ・レクサス・スバル編】
●ベストカーweb版 東京モーターショー2021 【日産・三菱編】
●ベストカーweb版 東京モーターショー2021!! 【ホンダ・マツダ・スズキ編】

※本稿は2021年10月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】名車だからデビューが衝撃的なのか、衝撃的デビューが名車を作るのか……東京モーターショーに出展された名車たち(17枚)画像ギャラリー

■東京モーターショーでのお披露目はどれも衝撃的事件!

トヨタ パブリカスポーツ(1961年)

 歴代の東京モーターショーに出展され、のちに「名車」と呼ばれたコンセプトカーや発売真近のクルマたちの存在は、まさに『衝撃的事件』だったといえる。主なクルマを時代を追いながら取り上げていこう。

 初期の頃は1958年のスバル360(コンセプトカーとして出展)や1961年のトヨタパブリカスポーツ(3ドアクーペ)だろう。後者はデザインも衝撃的だった。

 1960年代中盤になるとたて続けに東京モーターショーで話題のモデルが登場する。マツダコスモスポーツ(1964年)、トヨタ2000GT(1965年)、いすゞ117クーペ(1966年)だ。

マツダ コスモスポーツ(1964年)
トヨタ 2000GT(1965年) 1965年、このクルマの出展は事件だったに違いない。1966年には『007ボンドカー』も登場
いすゞ 117クーペ(1966年)

 こうやって名前を並べるだけでも心が躍る。日本のクルマ史を変えた名車たちで、当時憧れを抱き、今でもトキめくクルマ好きは多いだろう。

 1968年に出展された日産スカイラインGTプロトタイプ。当時の衝撃度はかなりのもので、のちにGT-Rとして市販される。元祖「羊の皮をかぶった狼」だ。

 セリカシリーズのなかでもその格好よさと走りでヒットしたリフトバック。1971年東京モーターショーにトヨタSV-1として出展されている。今でこそリアが寝ているクーペは多いが、セリカリフトバックのスタイルはこの時代の人の心をつかんだ、ということだろう。

 時代は進み、1979年の三菱パジェロIIコンセプトカー。オープントップのモデルだが、1982年にクロカンの名車、パジェロが生まれる礎となる。

三菱 パジェロIIコンセプトカー(1979年)

 そして1989年。晴海から幕張へ会場を移したこの年のショーは、初代マツダロードスターをはじめ、のちに名車となるモデルが多数出展! すんごく印象に残る年ゆえ、下にコラムを設けた。読んでいただきたい。

 今もこの先もトヨタの象徴であろうプリウス。そのコンセプトカーは1995年に出展され、1997年に初代が誕生。エコへ舵取りが変わる第一歩だ。

 そしてクルマ好き垂涎の一台、LFAのプロトは2009年に出展。その「衝撃」は今なお残る。

トヨタ プリウスコンセプト(1995年) 初代プリウスのコンセプトカー。初代モデルの面影あり。「地球に優しいクルマ」第一章
レクサスLFA(2009年) 2009年ショーで豊田章男社長とともにお披露目された。走りは衝撃的!

■名車&人気車ばかりが出展された1989年のショー

ユーノスロードスター(1989年) 日本を代表するFRオープンスポーツの出発点。ユーノスロードスターという名前で登場した

 東京モーターショーを語る時、外せない年が1989年。会場をそれまでの東京・晴海から千葉・幕張に移し、展示スペースを拡大。メーカー各社も気合が入り注目モデルを多数出展した。

 ホンダ初代NSX、マツダ初代ロードスター、トヨタ初代セルシオ、日産初代シーマ、日産スカイラインR32 GT-R、日産フェアレディ(Z32)、トヨタ初代RAV4、スバルアルシオーネSVX……など、名車として語りつがれるクルマばかりだ。

ホンダ初代NSX(1989年) アイルトン・セナが開発に参加するという鳴り物入りで世界が注目した

次ページは : ■東京モーターショー主な出来事&TOPIC