ガソリン暴騰時代に知っておきたい!! WLTC低燃費車と極悪燃費車 10選


■低燃費車3位:プリウスE(WLTCモード燃費:32.1km/L)

3位はプリウスE。言い方悪いが燃費スペシャル仕様だ。燃料タンクの小型化や窓ガラスの厚さすらその他グレードとは異なる。燃費の為に機能や快適性をカットする姿勢には疑問が残る

 低燃費ランキングの3位はプリウスEで、WLTCモード燃費は32.1km/Lだ。ヤリスとアクアは5ナンバーサイズのコンパクトカーで、直列3気筒1.5Lエンジンをベースにするが、プリウスは全長が4575mmの3ナンバー車だ。ハイブリッドに使われるエンジンも、直列4気筒1.8Lになる。

 車両重量は最も軽いEが1320kgだから、ヤリスハイブリッドXに比べて270kg重い。それに合わせてエンジンの排気量も拡大されている。

 それでもプリウスEのWLTCモード燃費は32.1km/Lと良好だ。空力特性も優れ、ヤリスXと比較して、燃費数値は約10%しか悪化しない。売れ筋のSやAも30.8km/Lになる。

 プリウスは、ヤリスやアクアに比べて後席と荷室容量に余裕があり、ファミリーカーとしても快適に使える。ミドルサイズのボディを備えながら、売れ筋グレードで30km/Lを超えるWLTCモード燃費は注目される。

■低燃費車4位:ヤリスクロスハイブリッドX(WLTCモード燃費:30.8km/L)

第4位はヤリスクロス。SUV小型軽量の利点を活かし、高い車高ながら30.8㎞/Lを達成している。THS-Ⅱの実力恐るべしだ

 ヤリスとアクアはコンパクトカー、プリウスはミドルサイズのハッチバックだが、ヤリスクロスはSUVだ。ハイブリッドシステムは、ヤリスと同様、直列3気筒1.5Lエンジンをベースにしたタイプを搭載する。

 ベーシックグレードのハイブリッドXは、車両重量も1160kgに収まり、WLTCモード燃費も30.8km/Lと良好だ。SUVの中では、燃費性能が最も優れている。

 3ナンバー車ではあるが、全長は4180mmと短く、後席と荷室は狭い。それでもヤリスよりは実用性が高い。SUVとあって、走りやデザインの楽しさと低燃費を両立させたいユーザーに適する。

■低燃費車5位:カローラスポーツハイブリッドG(WLTCモード燃費:30.0km/L)

第5位はカローラスポーツ。ハイブリッドの標準モデルで30.0km/Lと驚異的な燃費をたたき出す。ただ走りのG” Z”モデルでは25.6㎞/Lとガクンと落ちる。車重と大径タイヤのせいか?

 カローラスポーツハイブリッドは、基本的にはプリウスと共通のハイブリッドシステムを搭載する。ハイブリッドGは16インチタイヤを装着して、WLTCモード燃費は30km/Lだ。Zは18インチタイヤにグレードアップされ、車両重量も30kg重く、WLTCモード燃費は25.6km/Lになる。

 低燃費のハイブリッドながら、スポーティな運転感覚を味わえることが特徴だ。クルマ好きのユーザーに適したハイブリッドといえるだろう。

■極悪燃費車1位:GT-R(WLTCモード燃費:7.8km/L)

R35 GT-R 3.7Lツインターボで570PSで7.8㎞/Lという燃費は仕方なし。ただ高速クルージング時はリーン燃焼により10㎞/L近い燃費をたたき出す 意外?な経済性を誇る

 燃料消費量の多い車種は、いずれも動力性能が高く、ボディは大きい。ワースト5車を並べると、WLTCモード燃費は8.4km/L以下に収まる。V型8気筒エンジンを搭載するレクサスRC・Fは8.5km/Lだから、僅差でランク外になった。

 最も燃料消費量の多い車種はGT-Rだ。WLTCモード燃費は7.8km/Lで、プレミアムガソリンを使う。ヤリスハイブリッド(36.0km/L)に比べて、燃料代は約5倍だ。

 その代わり動力性能も高く、最高出力は570馬力、最大トルクは65kg-mに達する。フル加速を行えば、燃料消費量に見合うパワーを発揮する。価格も最も安いピュアエディションが1082万8400円だから、ヤリスハイブリッドXの199万8000円に比べると5.4倍だ。

 つまり、さまざまな数値がヤリスハイブリッドXの5倍になる。おそらく次期型は存在しないので、高性能車の好きなユーザーは、予算が許せば購入しておくと良いだろう。

 生産終了が発表されると注文が集中して、短期間で売り切れる可能性が高い。中古車市場では高値になり、有利な条件で売却できると思われる。

次ページは : ■極悪燃費車2位:ランドクルーザー300ZX(WLTCモード燃費:7.9Km/L)

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ