ガソリン暴騰時代に知っておきたい!! WLTC低燃費車と極悪燃費車 10選


■極悪燃費車2位:ランドクルーザー300ZX(WLTCモード燃費:7.9Km/L)

ワースト2位は今年発売のランドクルーザー300の上級モデルで7.9㎞/L。200系からワーストの常連で新型もあまり向上せず。ただその分動力性能は飛躍的に向上している

 極悪燃費車ワースト2位は、ランドクルーザーに3.5Lガソリンツインターボを搭載したグレードだ。ベーシックなGXとAXのWLTCモード燃費は8.0km/Lだが、売れ筋のZX、GRスポーツ、VXは7.9km/Lになる。プレミアムガソリンを使うので燃料代は一層高い。

 先代型のV型8気筒4.6LのWLTCモード燃費は6.7~6.9km/Lだったので、燃費数値はあまり向上していない。その代わり3.5Lツインターボになって最高出力は先代型の318馬力から415馬力に、最大トルクも46.9kgmから66.3kgmに向上した。

 現行型のV型6気筒ツインターボは、先代型のV型8気筒に比べて、低回転域から沸き上がるようなトルクとスムーズさには欠けている。その半面、高回転域まで含めて動力性能は上まわる。

 車両の性格を考えると、71.4kg-mの最大トルクを1600~2600回転で発揮する3.3Lクリーンディーゼルツインターボも魅力的だが、ガソリンも運転感覚が自然な印象で扱いやすい。

■極悪燃費車3位:レクサスLC500コンバーチブル(WLTCモード燃費:8.0km/L)

ワースト3位はLC500コンバーチブルとなる。同モデルはV8 5LのNAエンジンのみの設定。官能的なエンジンサウンドを響かせて走る優雅な姿は日本でも唯一の存在だ

 LC500コンバーチブルは、V型8気筒5Lエンジンを搭載して、WLTCモード燃費は8.0km/Lだ。クローズドボディのクーペは8.4km/Lだが、コンバーチブルでは燃料消費量が増える。

 V型8気筒5Lエンジンの最高出力は477馬力、最大トルクは55.1kgmとされ、最高出力は7100回転で発生する。そのために低回転域から高回転域まで、幅広い領域で加速性能が優れている。

 特に気持ちが良いのは5000回転を超えた高回転域で、7000回転付近までダイナミックに吹き上がる。同じV8エンジンでも、RC・Fではエンジンサウンドの演出が過剰だが、LC500では自然に抑えられている。

 ソフトトップを降ろした状態では、V8サウンドが心地よく聞こえて、LCならではのパワフルで爽快な走りを満喫できる。価格は1477万円で、燃料消費量も多いが、その効果は十分に得られる。

■極悪燃費車4位:フーガ370GT・FOUR(WLTCモード燃費:8.3km/L)

ワースト4位はフーガの4WDモデルとなる。正直まだ販売しているのか?と思う程存在感の無いフラッグシップとなってしまった。エンジンもVQ37と一世代前のエンジンのままだ
現行モデル登場時は流麗なスタイルで人気を誇った・・・。当初日産マークで登場したものの一時期インフィニティマークへ変更。しかし今はまた日産マークへ出戻りと迷走フーガよ何処へ行く?

 4位はV型6気筒3.7Lを搭載するフーガの4WDだ。同じ3.7Lエンジンでも2WDは、WLTCモード燃費が8.7~9.2km/Lだが、4WDは8.3km/Lまで下がる。使用燃料はプレミアムガソリンだ。

 フーガの4WDはV型6気筒2.5Lには用意されず、動力性能の高い3.7L専用になる。雪道だけでなく、舗装路面における走行安定性を高めることも視野に入れた4WDだ。

 4WDシステムは、電子制御される油圧多板クラッチを介して前後輪に駆動力を最適配分する方式で、アテーサE-TSと呼ばれるタイプになる。基本的なメカニズムの構成はGT-Rと同様だ。

次ページは : ■極悪燃費車5位:エルグランド350ハイウェイスター4WD(WLTCモード燃費:8.4km/L)

最新号

ベストカー最新号

ビッグネームが続々復活の情報捕捉!! ベストカー6月26日号

日本の自動車メーカーの2022年度3月期の連結決算が発表され、軒並み好調! クルマの販売も好調で、クルマへの関心が高まってきています。そんななか、発売中のベストカー6月26日号は新型フェアレディZの走行取材企画あり、スカイラインクロスオーバーやパジェロミニの復活登場のSCOOP企画あり、FRにスポットを当てた企画ありと盛りだくさん。「読み逃し」なく!! です。

カタログ