SUVの次はコレ!!? シューティングブレーク展覧会

SUVの次はコレ!!? シューティングブレーク展覧会

 日本ではあまり耳慣れないが、『シューティングブレーク』というカテゴリがある。形はステーションワゴンに似ているが、もっとスポーティーでスマートで、ヨーロッパなどでは人気のカテゴリのひとつだ。

 しかしこのシューティングブレーク、日本ではあまり見かけない。そこで、もっとシューティングブレークのかっこよさを知ってもらうため、世界のシューティングブレーク展覧会を開いてみた!

※本稿は2021年11月のものです
文/島崎七生人、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年12月26日号

【画像ギャラリー】なぜ日本はここを目指さない? エレガント&こなれ感が魅力のシューティングブレークたち(24枚)画像ギャラリー

■クーペ風の高級なステーションワゴン!?

クルマの歴史を考えると当然だが、自動車の形状をあらわす言葉には馬車由来のものが多い。シューティングブレークもそのひとつだ
クルマの歴史を考えると当然だが、自動車の形状をあらわす言葉には馬車由来のものが多い。シューティングブレークもそのひとつだ

 名称からも空気が伝わってくるように、シューティングブレークは優雅でエレガントなクルマである。毎日スーパーの買い物に使いますでも、道具をしこたま積み込んでアウトドアを楽しみますでもない、生活感のなさそうな、サラッとした生活スタイルを送るオーナーが似合う。

 実は日本車でもカローラ/スプリンターリフトバック、アコードエアロデッキなど、それ風のクルマがなくはなかった。が、見合った乗り方が定着しないまま販売に結びつかず消えた経緯がある。

 一方、輸入車は、あのアウディTTのショーモデルもあったほどだし、アストンマーティンラゴンダ、ジャガーの改造車などもあった。SUVの使いやすさはもはや鉄板だが、ある種のマイペースさで次にブームが来るかも?

●シューティングブレークとは?

 筆者も生まれる前のことだから自分の目で見たわけではないが、辞書的な解釈でいうと、シューティングブレーク(Shooting Brake)の呼び名は、ザックリというと、イギリスで(然るべき階級の人たちが)狩猟で使うために作られた馬車のことをそう呼んだのが始まり。

 転じて時代がクルマになると、今度はロールスロイスなどをベースに、少量生産の改造車が作られるようになった。少し細かくいうと、猟銃や弾薬などの狩猟のために必要な装備や、猟犬、獲物などが乗せられるような仕立て。

 なかには、今でも自衛隊車両で見かけるような、人が横向きで対面で座れるように対面でベンチシートを備えるタイプなどもあった。

 さらに時代がすすみ、今に繋がるシューティングブレークが誕生するようになる。狩猟用という本来の用途は形骸化しつつも、ステーションワゴンとも違う、ちょっと贅沢な位置づけで希少性もあるスタイリッシュなクルマのことをシューティングブレークと呼ぶようになった。

次ページは : ■日本車はゼロ!! 現在販売中の世界のシューティングブレーク

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ