手に入れて23年 コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは?【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】

 長年、欲しいと思っているクルマがあるとしよう。

 手に入れられる人とそうでない人。その違いはどこにあるのだろうか。

 お金? 運? タイミング? どれも正解であり、どれか一つが欠けたとしても成し得ないだろう。

 それと同じか、それ以上に大事なことがあるように思う。それは「本気度」だ。

 本気で欲しい、必ず手に入れたいと思っていればいつかチャンスが巡ってくると信じたい。また、そうでなければやっていられない。

 今回、取材させていただいたオーナーの方も「本気だったからこそ」現在の愛車と出会うことができたようなのだ。

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
オーナーの小野 大輔さん。愛車である1998年式 日産スカイラインGT-R 4ドア AUTECH VERSION 40th ANNIVERSARY(R33型)とは23年の付き合い


文/松村 透
写真/松村 透

【画像ギャラリー】手に入れて23年 コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは?【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】(21枚)画像ギャラリー

■プロフィール&愛車紹介


・お名前:小野 大輔さん
・ご年齢:46歳
・ご職業:会社員
・所有しているクルマ(年式、グレード名):1998年式 日産スカイラインGT-R 4ドア AUTECH VERSION 40th ANNIVERSARY(R33型)
・購入時期:1998年(平成10年)12月
・所有年数:23年
・購入時の走行距離:1km
・現在の走行距離:56700km
・購入時の金額:440万円

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
23年間という時間の流れを感じさせないほどのコンディションを誇る小野さんのスカイラインGT-R。まさにコンクールコンディションだ

■このスカイラインを手に入れようと思ったきっかけを教えてください

 免許を取得したらいつかはスカイラインGT-Rに乗りたいと考えていましたが、すぐに購入できず、18歳の時にスカイラインGTS-4(R32型)を手に入れました。

 いつかはスカイラインGT-Rという想いはありましたが、なかなか踏み切れず・・・。せっかく所有するなら限定車のような特別な仕様が欲しいと考えていました。

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
当時のカタログや価格表、そしてR33 4ドアGT-Rのミニカーも大切なコレクション。毛ばたきは外装用、内装にはクイックルワイパーを愛用しているのだとか

 それからしばらく経ったある時、40周年記念で4ドアGT-Rが限定で発売されると聞き、ディーラーへカタログをもらいに行きました。

 偶然、展示車が置いてあり、すっかり一目惚れしてしまいました。運転はできなかったんですが、座らせてもらって、そこで一気に購入意欲がわいてきまして。まずは最初は頭金作りから。少しでも頭金をそろえるように頑張りました。

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
登録済未使用車として手に入れたというこのGT-R。取材時の実走行は56700kmだった

 その後、偶然、雑誌で登録済未使用車の4ドアGT-Rを見つけ、現車を確認に行ったんです。

 中古車店の店長さんが、知り合いに頼まれて注文した車両がギリギリになって何らかの理由でキャンセルとなり、在庫車になっていた個体とのことでした。売りに出していたあいだも店頭に並べず、お店のガレージで保管していたそうです。

 そのため、雨にも当たらず、日焼けや傷ひとつない文句なし状態だったこともあり、さらに希望のボディカラーだったこともあり、その場で購入を決めました。

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
シート(R34GT-R純正)とシフトノブ(純正オプション)以外、オリジナル然とした車内。星光産業製ドリンクホルダーが懐かしい(現在も購入可能)

 とはいえ、私としては「一生モノ」という意気込みで購入を考えていたので「新車が買える時に新古車を買うのはどうなんだろう・・・」。そして「ワンオーナーではなく実質ワンオーナー」という点がネックとなり、悩んだことも事実です。

 今でも少し気にすることもありますが、なにはともあれ、4ドアGT-Rオーナーになれた喜びの方が強いので、結果大満足です(笑)。

手に入れて23年。コンクールコンディションを維持するR33GT-R 4ドアの真実とは? 【Bestcar Classic オーナーズボイスVOL.17】
このクルマの心臓部にあたるエンジンはRB26DETTが搭載される

次ページは : ■愛車との濃いエピソードについて聞かせてください