リッター8.0km 481馬力・・・買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選

買うなら今? 贅沢の極み!大馬力&極悪燃費の日本車各3選

 かつて日本車の最高出力といえば「280馬力」というシバリがあった。これを「呪縛」と捉えるか「自主規制」と解釈するかで見方が180度変わってくる。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
デビュー当時、新車価格は1200万円。ニスモが放ったコーンプリートモデルがニスモ400Rだ。当時の新車のポルシェ911と同価格帯。車名の400Rは最高出力(400馬力)に由来する

 この「呪縛(自主規制)」は、2004年にフルモデルチェンジを果たしたホンダレジェンドが300馬力をするまで継続された(1996年にデビューしたBCNR33型ベースの「ニスモ400R」という例外はあるが)。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
日本の自動車メーカーが発売するクルマとして初めて280馬力の壁を破った4代目レジェンド

 このレジェンド以降、日本車でも輸入車のハイパワーモデルに匹敵するクルマが相次いでデビューしたことは知ってのとおりだ。しかし、そのパワーウォーズもそろそろ終わりを迎えつつあるのかもしれない。

 そこで、現時点で新車で購入できるハイパワー&極悪燃費車をそれぞれ3台挙げてみた。

文/松村透
写真/トヨタ、レクサス、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】リッター8.0km 481馬力・・・買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選(21枚)画像ギャラリー

■かつての280馬力規制はなんだったのか?

 日本車で最初に280馬力のスペックを掲げてデビューしたのは、1989年にフルモデルチェンジした日産フェアレディZ(Z32型)であった。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
280馬力、3L ツインターボエンジン、優雅なボディライン、豪華な内装、そしてハイパワーなエンジン。Z32型フェアレディZは当時の日本を象徴する1台かもしれない

 当時、3リッター&ツインターボエンジンの響きとスペックに憧れを抱いたクルマ好きも少なくなかったはずだ。

 時はバブル。トヨタスープラ、日産スカイラインGT-R、ホンダNSX、三菱GTOツインターボ、マツダユーノスコスモ、トヨタセルシオ、インフィニティQ45・・・などなど。

 1990年前後といえば、各自動車メーカーがこぞって大排気量&ハイパワーモデルをデビューさせた頃だ。

 どれもカタログ数値はきっちり「280馬力」だ。いわゆる「国からのお達し」で数値上は280馬力に自主規制を「強いられた」と表現しても差し支えないだろう。

 その一方で、推定800馬力にチューニングされたスカイラインGT-Rをはじめとするハイパワーマシンが公道やサーキットを掛け抜けていたことも事実だ。

■エコ志向なのに、ハイパワー&極悪燃費という贅沢と矛盾

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
先代モデルのアクアと比べて約20%も燃費が向上した現行モデル。35.8km/L(BグレードのWLTCモード燃費)という数値は驚異的だ

 あれから30年。時は流れ、令和の時代となったいま、圧倒的なパワーや大排気量エンジンよりも高燃費を誇るクルマに人気が集まるようになった。

 ハイブリッドエンジンではない純粋な内燃機関を持つクルマでさえ、30km/Lオーバーを標榜するクルマも珍しくなくなった。

 その一方で、ハイパワー&極悪燃費の国産車が新車販売されているのもまた事実だ。エコとは真逆だ。

 矛盾といえばそれまでだが、需要があると見込まれるから商品化されるのだ。本音と建前。そこまで人は賢くなれないということなのかもしれない。

■今しか買えないハイパワー国産車3選

 前述のように、2004年にフルモデルチェンジを果たしたホンダレジェンドが280馬力自主規制の壁を打ち破って以来、一昔前では考えられなうようなスペックを掲げるクルマが増えてきた。

 では、現時点で新車が購入できる(正確には受注可能な)クルマのなかでハイパワーなモデルを3台、ピックアップしてみた。

3位:レクサスLS500:422ps
・発売開始:2017年10月
・エンジン:V型6気筒DOHCツインターボ(HVもあり)
・排気量:3444cc
・最高出力/最大トルク:422ps/61.2kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):5325×1900×1450[1460]mm
・新車の価格帯:1071万円〜1690万円(全グレード)
・中古車の平均価格:779.1万円

 2017年にフルモデルチェンジした5代目LS。斬新なクーペシルエットやエモーショナルな走りを実現。

 2021年の改良においてる静粛性と乗り心地のさらなる向上に加え、標準装備の19インチタイヤをランフラットタイヤから新開発のノーマルタイヤに変更し、走りの上質感をさらに高め、乗り心地と静粛性の向上に寄与しているという(メーカーオプションでランフラットタイヤも設定あり)。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
かつてのセルシオの流れを組むLS。ライバルたちが軒並み姿を消し、今や貴重なフルサイズのセダンだ
リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
LS500に搭載されるV型6気筒DOHCツインターボエンジンの最高出力は422馬力。この他、ハイブリッドエンジンも設定される


2位:レクサスLC500:477ps
・発売開始:2017年3月
・エンジン:V型8気筒DOHC(V6エンジンもあり)
・排気量:4968cc
・最高出力/最大トルク:477ps/55.1kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4770×1920×1345mm
・新車の価格帯:1327万円〜1500万円(全グレード)
・中古車の平均価格:1020.6万円(全グレード平均)

 2017年の発売以降、独創的なデザインや優れた走行性能を実現し、レクサスの全モデルラインアップの乗り味を方向づける1台とされているLC。

 2021年9月の一部改良では、LC500h/LC500におけるコイルスプリング、スタビライザーの諸元やショックアブソーバーの制御の最適化により、運動性能をさらに進化。その結果、タイヤの接地感を高め、操舵入力に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を高めたという。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
世界の名車と肩を並べてもまったく見劣りしないデザインのレクサスLC
リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
設定されるエンジンはV8およびV6。大排気量エンジンで優雅なボディラインをまとったクーペを駆る。まさに贅沢の極みだ


1位:レクサスRC Fパフォーマンスパッケージ:481ps
・発売開始:2014年10月
・エンジン:V型8気筒DOHC
・排気量:4968cc
・最高出力/最大トルク:481ps/54.6kgm
・ボディサイズ(全長×全幅×全高):4710×1845×1390mm
・新車の価格帯:1052万円〜1449万円(全グレード)
・中古車の平均価格:564万円(全グレード平均)

 V8 5.0LのNAエンジン、8速SPDSを搭載し、パフォーマンスを追求したサスペンション、ブレーキ、空力パーツなどの専用装備を数多く採用。レーシングスピリットを受け継ぐ「F」モデルとして、レクサス車の運動性能向上と進化の牽引役ともいえるモデルだ。

 パフォーマンスパッケージは日本スーパーGTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を応用した高性能バージョンモデルである。2021年9月の一部改良では専用内装色の設定や10本スポークの19インチ鍛造アルミホイールを新たに設定している。

リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
ノーマルのRCはどちらかというとLCに近い優雅なクーペだが、RC Fは明らかにレーシングカーの雰囲気を漂わせる。ラグジュアリーかロードゴーイングレーサーを選べる贅沢さを今のうちに味わっておきたい
リッター8.0km、481馬力……買うなら今しかない! 大馬力&極悪燃費車各3選
V8 5.0LのNAエンジンが搭載されるのは現行モデルが最後であろうか・・・。絶滅危惧種であることは間違いがない

次ページは : ■もはや絶滅危惧種な極悪燃費国産車3選

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ