最近増えてきた流れるウインカー 後付けは違法にはならないのか?


 最近、軽自動車にも採用され始めた流れるウインカー。カッコいい、ダサいなど賛否両論あるが、今どんな車種が採用しているのだろうか?

 また、純正のオプション品、アフターパーツ市場ではどうなっているのか? さらに法的に後付けで装着した場合、問題はないのか? 流れるウインカーについて最新事情をお伝えします。

文/柳川 洋
写真/トヨタ、日産、ホンダ、柳川洋

【画像ギャラリー】ダサい? カッコいい? 流れるウインカーの歴史・最新事情・注意点をギャラリーでチェック!(5枚)画像ギャラリー

■「流れるウインカー」はカッコいい? ダサい?

アルファードはベースグレードには流れるウインカーは採用されない(筆者撮影)

 シーケンシャルターンシグナルランプ、通称「流れるウインカー」、はダサいかダサくないか。これは結構微妙な質問だ。

 世の中が昭和から平成に変わったぐらいのタイミングで流行ったドリカムの歌で、ブレーキランプを5回点滅させると「愛してる」の5文字を表すサインというのがあった。

 それを知っている筆者のようなオヤジ世代だと、「流れるウインカーって昔あったデコトラのアレでしょ? 昭和の自転車のテールランプでも似たようなのなかったっけ? なんか懐かしくない?」からの、一周まわって「流れるウインカー、カッコいいしアリかも」となるけれど、そんな昔のことを知らない若い人からすると「なんかダサくない?」という声が聞こえてくる。

 そもそも「流れるウインカー」、シーケンシャルターンランプが装着されるようになった理由は、はっきり言って見た目、つまり「カッコよさ」や「高級感」があるとされていたからだ。

 わかりやすい例が先代レクサスLX570。発売当時、「レクサスLXの最新装備」として、「LEDシーケンシャルターンシグナルランプをLEXUSで初採用。ターンシグナルが流れるように点灯し、右左折時の注意喚起を高めると共に先進性を演出」と大きく宣伝されていた。

 また現行アルファードだと、高級グレードにはシーケンシャルターンランプが標準で装着されるが、ベースグレードには装着されていないことからも、「流れるウインカー=高級車に装着されるもの」、という考えがあったことが透けて見える。

 だが、最近ローンチされた高級車には流れるウインカーが続々と採用されているのか、というと、実は意外にそうでもない。また、軽自動車であるN-BOXやタントカスタムなどでも直近新たに採用されたりしている。

 街中で注意して見ていると、実は思ったほど装着車が少ないことがわかるだろう。それどころか、フルモデルチェンジの際、これまで採用してきた流れるウインカーをやめてしまうケースも最近見られるようになった。

流れるウインカーは高級車のみに採用されていると思われているが、直近ではN-BOXやタントカスタムなどでも採用されている

■モデルチェンジ後に不採用にする例も

レクサスブランドで「LEDシーケンシャルターンシグナルランプ」を最も早く採用したのは2015年8月に発売されたLX

 例えばレクサスLX。先ほど書いたように、レクサスで初めて流れるウインカーが採用されたが、直近のLX600へのモデルチェンジでは不採用となった。

 同様に、「新世代」レクサスとされるNXでも、モデルチェンジで流れるウインカーは不採用となっている。

 いずれのモデルも、フロント・リアのコンビネーションランプ形状がモデルチェンジ前後で大きく変わったわけではないので、デザイン上採用したかったけれどできなかった、のではなく、今回あえて採用しなかった、ということだと思われる。

 流れるウインカーは、クルマの中央部分から側方に左右に向かってあたかも光が流れていくように見え、どちらに曲がるかというクルマの次の動きを周囲が理解しやすくて安全性が高まる、という「安全性」があるのが当初の売り文句の一つだった。

 だが、ウインカーがただ点滅するだけではどちらにクルマが曲がるがすぐわからなくて、光って流れないと困る、という認知レベルの歩行者やドライバーにばかり囲まれて運転している、という状況はあまり現実的ではないだろう。

 だからやはり、安全性というよりは「見た目」のための装備。シーケンシャルに点灯させるのには大したコストがかからないことを考えると、それぞれのクルマごとに「カッコよく/高級感があるように見えれば採用、そう感じられなければ不採用」という世界なのだと思われる。

 ウインカーの光が流れるとカッコよくて高級感がある、と全ての人が感じるわけではなく、また逆に全ての人が流れるウインカーはダサい、と感じるわけでもない、ということだろう。

 その証拠と言ってはなんだが、もうすぐ発売になるホンダステップワゴンの「お上品バージョン」のほう、「AIR」に、今回新たに採用されてもいる。

新型ステップワゴンの「上品系」AIRと「オラオラ系」SPADAのうち、流れるウインカーはAIRのみに採用される模様

次ページは : ■日産のデザイナーは実は流れるウインカーが好き?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ