お待たせ! シトロエンベルランゴに待望の3列7人乗り追加販売決定! その魅力を徹底研究

お待たせ! シトロエンベルランゴに待望の3列7人乗り追加販売決定! その魅力を徹底研究

 2019年の導入より人気急上昇中のフレンチMPVであるシトロエン ベルランゴ。先行導入車となった限定車「デビューエディション」の予約注文はオンラインで実施されたが、なんと受付開始から約5時間半で予約枠が一杯に。

 驚くべきは、急遽決定された追加生産分の第2弾予約受付も、同じく約5時間半で締切となったこと。

 話題となるだけでなく、これほどの購入希望者が殺到したのは、日本のシトロエンの歴史の中でも初の経験だったに違いない。2020年よりカタログ販売も開始され、一躍、シトロエンの看板車種へと成長を遂げたのは、みなさんもご存じの通りだ。

 日本に導入される「シトロエン ベルランゴ」は、2列シート車であり、日本のMPVの主役である3列シートのミニバンとは、若干顧客層が異なっている。

 しかし、本国には、ミニバン的な3列シートのロングボディ「XL」が設定されており、その導入を待ち望む声が多かった。その「ベルランゴXL」が2022年内に導入されるというのだ。

 はたして、シトロエンベルランゴに追加導入される、待望の3列シート7人乗り版はどんなクルマなのか? モータージャーナリストの大音安弘氏が徹底解説する。

文/大音安弘、写真/ストランティス

【画像ギャラリー】7人でワイワイ乗る? あえて4人家族でゆったり乗る? 待望の3列シート7人乗り「ベルランゴXL」上陸!!(23枚)画像ギャラリー

■全長が350mm、ホイールベースが285mm長いベルランゴのロング版XLの日本発売は2022年中

シトロエン ベルランゴ3列7人乗り。5人乗りの標準ボディが「M」、写真の7人乗りロングボディが「XL」となる

 ベルランゴのロングボディとなる「ベルランゴXL」は、標準ボディのベルランゴをベースに、全長、ホイールベース、リアオーバーハングの3つをそれぞれ拡大し、積載能力を高めたロングボディ仕様だ。

 拡大したラゲッジスペースに、2座の追加したことで7人乗り乗車を可能としているのも大きな特徴だ。標準車となるMボディとロングのXLボディの差は、全長が+350mm、ホイールベースが+285mm、リアオーバーハングが+160mmも長いのだ。

 これだけのサイズアップとなると、取り回しも気になるところだが、VWの3列シートミニバン「シャラン」よりもコンパクト。しかも全長はトヨタノア以上だがトヨタアルファードよりは短いので、日本のミニバンと競合する存在と成り得るのだ。

2列5人乗り仕様のベルランゴ。ボディサイズは全長4403×全幅1848×全高1849mm
3列7人乗り仕様のベルランゴXL。ボディサイズは全長4753×全幅1848×全高1849mm、5人乗りのベルランゴに比べ全長が+350mm、ホイールベースが+285mm、リアオーバーハングが+160mm
シトロエン ベルランゴ(欧州仕様)と日本市場のライバルミニバンとのサイズ比較

 ベルランゴとベルランゴXLは、パワートレインを含め、基本的な仕様を共有しており、その違いは積載能力と3列目シートに関することが中心。3列目の頭上空間確保のために、ユニークな天井収納ボックスは非装着で、ルーフも個性的なガラスルーフは設定がなく、全てハードトップ仕様となる。

 専用アイテムの3列目シートは、左右独立式で取り外しも可能。さらに130mmのスライド機構を備えるなど、使い勝手の良いものだ。7名乗車時でも322Lのラゲッジスペースを確保しているのは、リアオーバーハングを延長による恩恵のひとつ。

 さらに最大積載容量は、Mボディの+500Lとなる4000Lを確保。ロングボディを活かし、長尺物は+350mmとなる3050mmまで収めることができるのも大きな強みだ。

ベルランゴ2列5人乗りのインテリア。ラゲッジは5人乗りのMでもじゅうぶんな広さがある
e-ベルランゴ3列7人乗りのインテリア。シートアレンジで3050mmまで収めることができる

次ページは : ■日本導入はいつ?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ