知らない人が多数の穴場車なれど超コスパよしのお薦め高配当カー 5選

わずか4年の命に終わった穴場カー 「スズキ バレーノ」

穴場カーを掘り起こせ! 個性あり、コスパ良し! 高配当車5選
日本国内では2016年にリリースが開始されたスズキ バレーノ。居住性重視のあまり腰高なフォルムになりがちなコンパクトカーながらカッコ良さも追求された

 続いては、スズキが2016~2020年に国内販売を行っていたコンパクトハッチバックの「バレーノ」だ。2015年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトモデルの「iK-2」の市販バージョンであるバレーノは、全世界で販売するすべての車両をインド工場で製造するという意欲的なモデル。

 基本となるプラットフォームは同じスズキのスイフトと共通ながら、全長、全幅ともにスイフトよりひと回り大きくして、反対に全高を下げることによって、一般的な日本のコンパクトカーとは一線を画すローダウンフォルムを実現している。

 ただし、コンパクトカーなのに日本国内では3ナンバーとなってしまう車幅がネックになったのもまた事実で、海外での好評ぶり(インドでは1万台/月を超える売れ行きだとか)に対して日本での販売実績は低迷してしまった。

 キャビンやラゲッジスペースには余裕があり、パワーもこのクラスでは十分。1リッターターボエンジンは、最高出力111ps、最大トルク16.3kgmを発揮。加速感はテンロク並みだ。

 1.2リッターガソリンNA車で141万8000円、1リッターターボの新車価格は161万7840円と、コスト面ではかなりリーズナブルなモデルではあったが、残念ながら2020年で国内市場からの撤退が決定した。

 バレーノとはイタリア語で「閃光」を意味する言葉。皮肉なことに、バレーノは国内市場を文字どおり閃光のように駆け抜けていってしまった……。

 製造拠点のインドをはじめ、海外での販売は好調のため引き続き製造と販売が行われるものの、日本国内でバレーノを購入するには、中古、あるいはディーラー在庫を探すしかない。つまりバレーノは“穴場だった”モデルなのだ。

 ちなみにバレーノの中古車をチェックすると、最近まで現役だったクルマだけあって流通数は意外に多く、100万円以下でもかなり状態の良い個体が入手できそうだ。

これぞ究極の穴場カー 「トヨタ MIRAI」

穴場カーを掘り起こせ! 個性あり、コスパ良し! 高配当車5選
トヨタ製FCV第一号のMIRAI(写真は現行型)。FCVとは(Fuel Cell Vehicle)のことで、燃料電池自動車を指す。このMIRAIが新たな穴場カーとなるはずだ

 最後は将来的に穴場カーと呼ばれる存在になりそうなクルマを紹介したい。それがトヨタの水素燃料電池自動車(FCV)の「MIRAI(ミライ)」だ。

 MIRAIに関しては今さら紹介するまでもないが、あえて説明しておくと、トヨタが2014年に販売をスタートした世界初の量産型燃料電池自動車で、車体のタンクに搭載した水素と大気中の酸素を反応させて発電を行い、電動モーターを駆動するエコカーだ。

 2020年にはフルモデルチェンジされた現行型が登場し、さらなる効率アップを実現。FCVのイメージリーダーとしての役割も果たしている。

 現行の2代目は、航続距離が向上し、カタログ値では約750km~約850kmと、東京から大阪までなら充填なしで走行できるほどに進化。以前よりもインフラ不足への不安も軽減されている。

 とはいえ、この“水素自動車”の普及にはインフラの充実が必須であり、まだまだ日常の足としてFCVを使うハードルは高い。だが、未来を担う技術のひとつにFCVがあるのもまた事実で、さらなる開発をサポートする先行投資としてのMIRAIは、本当の意味で穴場カーと呼べるはずだ。

【画像ギャラリー】選択肢に入れても損はない高配当車をチェックしよう(13枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します