30分で車内温度は50℃! 梅雨の合間の真夏日に要注意! 暑い車内を最も早く冷やす方法とは


 5月28、29日は全国的に今年一番の暑さになり、猛暑日を記録したところもありました。関東甲信越地方の梅雨入りは前年より8日早く、平年より1日早い6月6日になりました。

 とはいえ、このような梅雨の合間に、気温が25℃以上となる真夏日を記録することもあります。本日、6月20日も全国的に今年2番目の真夏日になると予想されています。気をつけなければいけないのは熱中症対策です。5月29日、幼児を3時間車中に置いて亡くなるという事件もありました。

 そこで、こうした、梅雨の合間の晴れ間の暑い時期に気を付けるべきと注意を呼びかけるとともに、暑い車内を最も早く冷やす方法をモータージャーナリストの高根英幸氏が解説していく。

文/高根英幸
写真/ベストカーweb編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】梅雨の合間の真夏日こそ油断大敵! 車内は灼熱地獄 早急に解決せよ!(7枚)画像ギャラリー

■夏はまだまだ先とタカをくくっているとえらい目に遭う

梅雨の合間の真夏日こそ、油断大敵。あっという間に車内温度は急上昇する

 関東地方は前年より8日早く、平年より1日早い梅雨入りだったが、梅雨明けはそのぶん早まるとは限らないらしい。

 それでも梅雨の合間の晴れ間となれば、初夏のような汗ばむ日になることも珍しくない。本格的な夏の到来はまだ先のことと油断するのは、危険かもしれないのである。

 というのもクルマの車内は外気よりも気温が上昇しやすい。日なたに置かれているクルマの車内は温室のようなものだ。強い陽射しの下であれば、30分も放置すれば車内の温度は50℃を超えることもあるほどで急激に気温が上昇するのだ。

 最近のクルマはUVカットに加えて熱線カット機能が与えられたガラスを備えている場合も多いが、それでも可視光線には太陽の熱エネルギーの40%が含まれていると言われている。

 ましてや近年は気候変動で平均気温が上昇しており、5月からは最高気温25℃以上になる天候(真夏日は30℃、35℃以上は猛暑日)になることも珍しくない。

 そうなると問題は、走行中は冷房が効くからいいが、駐車中にはあっという間に室内の気温が上昇してしまうことだ。用事を済ませて再び乗車する際には、あまりの灼熱地獄ぶりに怯んでしまうこともある。

 そんな時には、できるだけ早く車内を冷やして、快適な温度に下げたいものだ。車内の空気を素早く入れ替える方法として、よく言われているのが、片側の窓ガラスを開けて、反対側のドアを開閉させて、その圧力で空気を押し出す方法だ。

 助手席側のリアドアのウインドウを開けて、対角線上となる運転席のドアを5、6回強めに開閉させると、リアドアの開口部から室内の熱い空気が押し出されて、車内の換気を効率良く行う方法だ。

 たしかに車内の空気を入れ替えるだけなら、この方法がいいのかもしれない。ただし車種によっては、ドアや窓の開口部の大きさ、シートなど室内形状による空気の抜け方が違うので、効果には差が出てくる。

 さらにゆっくり開閉させると圧力が高まらず、あまり効果がないが、勢いが強すぎてもドアやウインドウ回りを傷めることになりかねないし、ドタンバタンと結構な騒音がするので近所迷惑になることにも注意したい。

■車内の空気を入れ替えれば、涼しくなるか?

室温が50℃以上になると内装は触るのは厳しい状態。腕の毛穴という毛穴から、汗が噴き出た状態。きちんと水分補給しなければ、あっという間に脱水症状を起こすことになるだろう


1/窓を全開にしてある程度車内が冷えるまでアイドリングで冷房を全開&外気導入
2/フロントシートが冷えてきたら前席ドア、車内が冷えてきたら後席ドアを閉め熱い空気を車外に出す
3/ある程度冷えてからリアハッチも閉めて、内気循環にして走行しながらさらに室内を冷やす

 空気を入れ替えるだけでは、車内は快適にならない。なぜなら空気以上に温まっているモノが再び空気の温度を上昇させようとするからだ。外気でも言えることだが、空気は日光によって直接温められているのではなく、日光が当たっている場所が熱くなってその表面に触れている空気に熱を伝えるのだ。

 シート内部やエアコンダクト内を冷たい空気で冷やして温度が下がるまでは、車内の気温はなかなか下がらない。それら車内の熱せられたモノが、空気を暖めているからで、自然に冷めるのを待つのは結構時間がかかる。

 したがって、エアコンを作動させて室内を積極的に冷やしてやった方が、絶対に早く温度は下がる。エンジンをかけてエアコンを最低温度でファンを最強にして、外気導入にすることで、まずエアコンダクト内の空気を入れ替えて冷やすことができる。

 そして冷風をシートに当てることで、シート表面が空気を暖めるのを防ぐと共に、シートに座わっても熱くて不快な状態になるのを防ぐことができるのだ。

 エアコンはエンジン回転がある程度上昇して走行している方が、コンプレッサーの稼動も増えてクーラーガスを圧縮してくれるし、コンデンサーが走行風によって冷やされるので、冷房は強く効いてくれることになる。

 そういった意味では、なるべく早く走り出した方が、車内は冷えるし、時間や燃料の節約になるが、シートが熱い状態で座ると、汗をかいたり蒸れるので不快だから、できればある程度シートを冷やしてから座りたいと思うのが普通だろう。それにステアリングが熱くてまともに触れない状態であれば、その状態で運転するのは危険でもある。

 その時の状況にもよるが、ある程度車内が冷えるまで、アイドリングで冷房を全開&外気導入にして、ドアやリアハッチを全て開け、フロントシートが冷えてきたら前席ドア、車内が冷えてきたら後席ドア(後席にもエアコンの吹き出し口がある場合は前後同時でもいい)を締め、熱い空気を後ろに押し出してやり車外に出す。そして、ある程度冷えてからリアハッチも閉めて、内気循環にして走行しながらさらに室内を冷やす。

 窓を全開にしてエアコンを外気導入にして走行して車内の熱気を出し、窓を閉めて内気循環にして車内温度をエアコンで冷やす、という方法もあるが、前述した方法が一番合理的であり、オススメだ。

 この時、シート表皮に除菌消臭のアルコールスプレーを噴射してやれば、さらに気化熱で冷却が期待できるが、乾くまでは乗車できないのと、クルマに保管しておく場合は注意が必要だ。

次ページは : ■車内が熱くなりにくい対策を取るのも重要