これがホンダ流!? ZR-Vの超個性派ロボデザインは新たなトレンドなのか?

ZR-Vの「お間抜けロボット顔」はホンダデザインの中心となるのか?

 ここのところホンダデザインは独自の路線を突き進んでいる。2021年はヴェゼルで独自のSUVデザインを展開して大ヒット! そして2022年発売のステップワゴンでは流行のこってり顔ではなく、すっきり顔路線を展開している。

 そんな中、2022年9月予約開始となる新型SUV、「ZR-V」のデザインが公開された。コンパクトで引き締まったフォルムをまとっているが、注目は超個性的なフロントマスクだ。

 そんなZR-Vが提案するホンダデザインを、清水草一氏に読み解いてもらった。

文/清水草一、写真/HONDA

【画像ギャラリー】ZR-Vの「お間抜けロボット顔」はホンダデザインの中心となるのか?(12枚)画像ギャラリー

■愛すべきロボット顔SUV

2022年7月14日に特設サイトにて先行公開されたホンダ ZR-V。フロントグリルの縦桟が印象的で、絵文字の(°皿°)のような顔をしている?

 2022年7月14日、ホンダは、2022年秋発売予定の新型SUV、ZR-Vに関する情報をホンダの特設サイトに公開した。

 ZR-Vは、中国ではZR-V(同名)、アメリカではHR-Vとして発売されているが、ボディサイズはヴェゼルとCR-Vのちょうど真ん中あたり。国内では、カローラクロスやCX-5と競合する。

 パワートレインは基本的にシビックと同じで、ハイブリッドモデルには、2L直噴エンジン+2モーター内蔵・電気式CVTの「スポーツ e:HEV」が、SUV初搭載されるというから期待が持てる。ハイブリッドモデルの走りは、ライバルを一歩リードしているのではないだろうか?

 走りがオッケー確定となると、焦点はデザインだ。ZR-Vのデザインはどうなのか。

 まだ写真でしか見ていない段階だが、フロントマスクが非常に印象的で、誰でもまずそこに目が行くだろう。

 比較的水平な横長ヘッドライトと、楕円に近い六角形のオーソドックスなグリルの組み合わせは、奇を衒わずシンプル。最近のホンダデザインは、かつての複雑怪奇路線を脱却し、シンプル路線に舵を切っているが、その流れに沿いつつも、このフロントマスクは、シンプルであるがゆえのインパクトが強い。

 あえて表現すれば、「お間抜けロボット顔」とでも言いましょうか? 昔のSF映画や、昭和のマンガに出てくるロボットのようなテイストなのだ。「あまり表情がないロボット」という点では、『鉄人28号』(古すぎてすいません)だろうか。

 ただ、ヴェゼルやステップワゴンのように、純粋にエアコン等の機械っぽいわけではなく、あくまで目と口のあるロボットだ。

 ホンダによると、ZR-Vのフロントは、「周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質でありながら凛々しく存在感のある表情を作り出しました」となっている。意味がよくわからないが、とにかくグリル内の桟は、ブラックの縦桟が入る。

 海外仕様のZR-Vのフロントグリルは、六角形のハニカム形状と、メッシュ形状の2種類だが、国内仕様は、12本のスリットが入ったバーチカル(垂直)グリルが採用されるのだ。

 ハニカムやメッシュに比べると、縦桟はフォーマル志向。個人的には、スポーティなハニカム形状のほうがZR-Vに似合うと感じるが、あえて縦桟を採用した背景には、ホンダの国内販売事情があるように思える。

 CR-Vは、全世界で大ヒットしているが、国内では値付けの高さもあって鳴かず飛ばず。ほとんど売れていない。つまり、ZR-Vが事実上、ホンダSUV勢の国内最上級モデルになる。ホンダとしては、最上級モデルらしい上質感を優先したということだろう。

次ページは : ■今後のホンダデザインはどこへ向かう?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ