下りなのに登ってる!? 坂道は危険がいっぱい!! 意外と知らない坂道での走り方

下りなのに登ってる!? 坂道は危険がいっぱい!! 意外と知らない坂道での走り方

 運転免許を取りたての頃は、坂道にさしかかるとハンドルを握る手に汗がジワ~ッとにじんでくるほど緊張したなんて思い出がある人も多いかもしれない。しかし、運転に慣れてくるにしたがい、そんな初々しい感覚も忘却の彼方に……。

 しかし、坂道の運転には平坦な道とは比較にならないほど多くの危険が潜んでいる。緊張感なしに運転していると大きな事故に遭遇する危険も……。

 そこで今回は、坂道に潜む危険を検証。ベテランドライバーも今一度、坂道での走り方を見直してみてほしい。

文/藤原鉄二、写真/写真AC

【画像ギャラリー】ベテランドライバーこそ要注意!! 坂道に潜む危険を再チェック(11枚)画像ギャラリー

下り坂なのに登り坂に見える!? 目の錯覚に要注意

下りなのに登ってる!? 坂道は危険がいっぱい!! 意外と知らない坂道での走り方
久米島の「おばけ坂」は縦断勾配錯視が発生することで有名な坂。この坂は見た目は登り坂だが実はサイドブレーキを引かないとクルマが動いてしまうほどの下り坂だ。こうした坂は全国に多々ある。視覚は時にあてにならないことがあるのだ

 登り坂なのに下り坂に見えたり、下り坂なのに登り坂に見えたり……そんな錯覚にとらわれたことはないだろうか? 全国にはこうした「幽霊(おばけ)坂」と呼ばれる坂がたくさんある。この錯覚は「縦断勾配錯視」と呼ばれている。

 下り坂に見えて登り坂の場合はスピードダウンして渋滞の原因になるが、車速は低いため事故が発生するリスクは低い。

 危険なのは下り坂なのに登り坂である場合や、見た目では緩やかな坂であるものの実際には急な下り坂であった場合だ。本来は減速すべき道であるにもかかわらずアクセルを踏み込んでしまったり、エンジンブレーキを適切にかけられずフェード現象が発生してしまったりするからだ。

 縦断勾配錯視が発生しやすいのは、ふたつ以上の傾斜が異なる坂が続いている道。具体的には、急な下り坂と緩い下り坂が続いているような道だ。特に、傾斜の切り替わりの部分がくぼんでいるとより錯覚は発生しやすいという。

 写真のおばけ坂は縦断勾配錯視により、実は下り坂なのに登り坂に見えるという有名な坂。ただし、こういった道は決して珍しくはなく、一般道でも縦断勾配錯視が発生しやすい道路は多いのだ。

 そのため、視覚は時にあてにならないことがあると肝に銘じ、坂道を走る時は登りも下りもスピードメーターを確認してスピードの急な上昇や急な低下が発生していないかをチェックすることが必要となる。

次ページは : 急な登り坂には危険がいっぱい

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ