ルール無視の高齢者事故急増中!! 横断禁止場所で歩行者と衝突してもクルマが悪いのか?

ルール無視の高齢者事故急増中!! 横断禁止場所で歩行者と衝突してもクルマが悪いのか?

 2022年10月18日早朝、「ザ・ドリフターズ」の仲本工事さんが、交差点を横断中クルマにはねられて病院に搬送され、翌19日に亡くなった。享年81歳。この事故が起こったことで、SNSでは高齢者と交通事故の話題が沸騰。「この事故をきっかけのひとつにして、(高齢者側もクルマ側も)交通安全意識を高めるべき」との意見が目立った。今回のように横断禁止の場所を渡る歩行者とクルマが衝突した場合、過失はどうなるのか。以下、警察資料などをもとに検証した。

文/加藤久美子、写真/加藤博人、AdobeStock(アイキャッチ写真は@Satoshi)

【画像ギャラリー】画像で確認!! クルマと歩行者が衝突しても、すべてが「ヒャクゼロ」ではない!!!(8枚)画像ギャラリー

■歩行者は「交通弱者」でも、好き放題していいわけじゃない

 交通弱者に位置づけられる「歩行者」は、あらゆる交通の中でもっとも弱い存在である。そのため、クルマやバイクとの衝突事故では一般的に歩行者の過失割合は低くなる。「過失割合」とは、保険金支払いの際に大きく関わってくるもので、簡単にいうと事故が発生した際の「被害者と加害者の不注意(=過失)の割合」である。

 典型的な「100:0」(ヒャクゼロ)の事故はクルマ対クルマなら信号待ちで停車している際の追突事故などがあげられる。クルマ対歩行者の事故なら、クルマが赤信号を無視して青信号で渡っていた歩行者をはねてしまったようなケースだ。ほとんどの場合、完全にクルマが悪い(=歩行者の過失ゼロ)事故となる。

道路はクルマやバイクや自転車や歩行者が共存している。そうしたなかで事故が起こった場合、どちらにどれくらいの過失があったかが判定される
道路はクルマやバイクや自転車や歩行者が共存している。そうしたなかで事故が起こった場合、どちらにどれくらいの過失があったかが判定される

 そのいっぽうで、「相手が歩行者だとどんな事故でもクルマが一方的に悪くなる」……と都市伝説のように昔からよく言われていることだが、必ずしもそうではない。

 たとえば信号のある横断歩道上での事故であっても、歩行者が赤信号、クルマが青信号の時に衝突した場合、状況によっては歩行者側の過失割合がクルマより高くなることもある。

 近年はドラレコや道路に設置された防犯カメラなどの普及によって、事故時の状況が良くわかるようになり、より正確な過失割合が出せる状況が整ってきたともいえるだろう。

 横断歩道上で起こった歩行者とクルマの事故で信号の色の違いによって過失割合がどう変わってくるか、紹介しておこう(※以下、弁護士法人弁護士事務所MIRAIOの公式サイトにある「法律サプリ」からデータや資料などの引用許可をいただいて構成しています)。

 まず以下の表からわかる通り、信号のある横断歩道で歩行者用信号が青、クルマ側の信号が赤で起こった事故は、クルマ側の信号無視となるため歩行者の過失は当然ゼロ。逆に、歩行者が信号無視をして横断歩道を渡った場合の事故では歩行者の過失が70%となる。たとえ交通弱者の歩行者であっても信号無視によって発生した事故に対しては意外と高い過失が問われることになる。

出典:法律サプリ「歩行者も過失が問われる?歩行者と車の事故の過失割合を状況別に図解」<br>https://www.miraio.com/blog/pedestrian-and-car-accident-error-rate
出典:法律サプリ「歩行者も過失が問われる?歩行者と車の事故の過失割合を状況別に図解」
https://www.miraio.com/blog/pedestrian-and-car-accident-error-rate

 また、衝突した瞬間は歩行者側の信号が青になっていても、その歩行者が赤信号の時に横断を開始し、クルマ側が青信号で交差点に進入したような場合も歩行者の基本的な過失割合は70%になる。問題は「信号がどのような状態の時に交差点に入ったのか?」ということだ。

 横断歩道を渡る歩行者であっても、信号無視など交通ルールを破った場合には過失の割合が高くなることを覚えておきたい。普段はクルマを運転している私たちもクルマから降りれば歩行者になる。歩行者だから何をやってもクルマの方が悪くなり、過失割合も低くなる、ということでは決してないのだ。

 いっぽう、信号のない横断歩道で発生した事故では歩行者の過失割合が基本的にゼロとなる。信号のない横断歩道において、歩行者は絶対的に保護される立場にあるからだ。

 ドライバーは渡ろうとしている歩行者がいないかどうかを徐行しながら確認し、絶対に誰も渡ろうとしていないことを確認してから進まなくてはならないし、人波が途切れない場合は、途切れるまで待つ義務もある。

 歩行者が完全に道路を渡り終えて、新たに渡ろうとしている人がいなくなるまでクルマは距離を詰めることをせず停止線にて待つ必要がある。

 近年、信号のない横断歩道における歩行者とクルマの事故が増えていることから『横断歩行者等妨害等違反』の取り締まりが急増している。

 ちなみに、(横断歩道に限らないが)ドライバーの「歩行者保護違反」によって、令和2年は192名、令和3年には217名もの命が失われていることも知っておきたい。

次ページは : ■歩行者の過失割合が修正される事故とはどんなケース?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号