60歳からのクルマ選び! 成熟したオトナ諸氏にぜひとも乗ってほしいモデル4選

60歳からのクルマ選び! 成熟したオトナ諸氏にぜひとも乗ってほしいモデル4選

 先日めでたく還暦を迎えた編集部ババ。現在ほしいのがマツダのCX-30なのだそうだ(詳細は本文にて)。企画担当の個人的な感覚になるかもしれないが、還暦過ぎてバリバリのスタイリッシュSUVを買おうなんて、たとえばババより一回り以上年上の親を持つ身からすると、60代のイメージは変わったなと思う。「今日がこれからの人生で一番若い日」なんて言葉もある。「生涯現役」を目指す諸氏に、共に歩む相棒として是非ともオススメしたい4モデルを伝授!

※本稿は2022年10月のものです
文/松田秀士、清水草一、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年11月26日号

【画像ギャラリー】人生はこれからだ! まだまだ「枯れた」なんて思われたくない人にオススメの国産&輸入車4台をチェック!(12枚)画像ギャラリー

■松田秀士のオススメモデル

トヨタ GRスープラ。RZにのみ6速MTを設定する
トヨタ GRスープラ。RZにのみ6速MTを設定する

 やっぱりスポーツカーに乗ってほしい! できればMT車だ。

 MTは3ペダルとシフト操作を行うので拡散的集中力を養う(維持)するのに効果がある。

 また3ペダルを扱うからしっかりとシートに収まり体幹筋を使う。

 そこでお薦めするのがGRスープラRZ(トヨタ)。MTの設定があり、シルキー6と呼ばれる3L直6ターボのスムーズでトルクフルなエンジン性能を引き出すテクニックを磨くのも老化対策だ。

日産 フェアレディZ。スープラもZも2シーターなので趣味性は高くなるが、速く走るだけが目的ではない中高年にもお薦めできる落ち着き感も持ち合わせている
日産 フェアレディZ。スープラもZも2シーターなので趣味性は高くなるが、速く走るだけが目的ではない中高年にもお薦めできる落ち着き感も持ち合わせている

 同じくフェアレディZ(日産)にもMT仕様があり、若かりし頃のあのZの思い出に浸りながらのドライブは成長ホルモンが爆発分泌するに違いない。

■清水草一のオススメモデル

マツダ ロードスター990S
マツダ ロードスター990S

 国産スポーツなら断然ロードスター(マツダ)がお薦め! なにせ新車で買えるクラシックカーだ。永遠の青い鳥になってくれる。

 より軽量な990Sならパーフェクト! MT操作することでボケ防止に役立つだろう。

 輸入車ならアバルト 595がお薦めだな。

アバルト 595。ロードスターもこちらもキビキビとした走りが信条のライトウェイトモデル。スラッとした印象のロードスターと、サウンドも走りもちょっと武骨なアバルトといった感じだ。どちらも生活に刺激を与えてくれること間違いなしだ
アバルト 595。ロードスターもこちらもキビキビとした走りが信条のライトウェイトモデル。スラッとした印象のロードスターと、サウンドも走りもちょっと武骨なアバルトといった感じだ。どちらも生活に刺激を与えてくれること間違いなしだ

 見た目からして若々しいでしょ? しかも年寄りが乗っても無理してる感がなくて、逆にかわいらしく見える。

 スポーツモデルとしては価格的に手頃だし、燃費だってそんなに悪くない。それでいてアドレナリンがドバドバ分泌される! まさに回春剤!

次ページは : ■めでたく60歳を迎えた編集部 ババの選択

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ