死技!? イマドキの若者は絶対使わない「時代錯誤の運転テクニック」

死技!? イマドキの若者は絶対使わない「時代錯誤の運転テクニック」

 クルマを安全に、あるいは速く走らせるための特別なテクニックがある。しかし、かつては上級者必須と言われたテクニックも、技術の進歩によってクルマやそれを取り巻くアイテムが変わってしまい、現代では不要、もしくは時代遅れになっているものも多い。そこで今回はこのような“死技”を紹介してみよう。アナタはいくつ知ってる?

文/長谷川 敦、写真/アウディ、スバル、トヨタ、Newspress UK、マツダ、メルセデスベンツ、写真AC

【画像ギャラリー】まだまだあるぞ!! 死技になりつつある運転テクニック(10枚)画像ギャラリー

もうF1レーサーもできない? 「ヒール・アンド・トゥ」

 以前はスポーツドライビングの基本テクニックと言われたのが「ヒール・アンド・トゥ」だ。これはマニュアルトランスミッション車でシフトダウンする際に使うテクニックで、右足のつま先(トゥ)でブレーキ、かかと(ヒール)でアクセルを踏み、減速のためブレーキを踏んだ時にエンジン回転数が落ちすぎないようにするのが目的。

 言葉にしただけでも難しそうだが、実際にやってみるとその難易度はかなりのもの。しかし、先に書いたようにスポーツドライビングの基本ではあるので、昔の運転好きはヒール・アンド・トゥの習得に時間を費やした。

 このヒール・アンド・トゥはブレーキとアクセルの踏み加減が微妙で、クラッチをつないでいない瞬間にアクセルをあおりすぎた場合にエンジン回転が必要以上に上がってしまい、オーバーレブでエンジンにダメージを与えることもあった。

 もちろん、オートマ車ではこのテクニックは使えず、ギヤセレクトはマニュアルであってもクラッチレスのシフトなら、エンジンの回転数はクルマ側で適切に調整してくれるため、ヒール・アンド・トゥは不要だ。

 実車F1でフットクラッチを使用せず、シフト操作はハンドル裏のレバー(パドル)で行うセミオートマチック車が登場したのが1989年で、そこからF1をはじめレースカーには急速にこのシステムが普及。現在ではエントリークラスのレースモデルでもパドルシフトがほとんどいう状態だ。

 こうした事情もあり、近年では実車レーサーでもヒール・アンド・トゥの経験がないというケースが増えている。実際、2021年までにF1で合計8勝をあげたオーストラリアのダニエル・リカルドは、カートからジュニアフォーミュラ、そしてF1に上がるまでヒール・アンド・トゥを行う必要がなく、本人もそれをできないと語っている。  

 かつてはそれができて一人前どころか、それでようやくスポーツ走行のスタートラインに立ったとまで言われていたヒール・アンド・トゥ。だが現在は、日常走行はもちろん、スポーツ走行でもこのテクニックを披露する機会は激減している。

技術の進歩でこちらも過去の遺産に 「ダブルクラッチ」

死技!? 「イマドキの若者は絶対使わない」時代錯誤の運転テクニック
公道車両はおろかレースカーでも数が減っている3ペダル式。ロードカーやレーシングモデルを問わず、もはやクラッチ操作そのものが死技になってしまった?

 オートマ車全盛の現在では「ダブルクラッチ」はもとよりクラッチという言葉自体も聞く機会が減っている。しかし、過去に行われていたダブルクラッチはギヤの負担を減らすテクニックのひとつであった。

 ダブルクラッチとは、シフトダウンを行う際に一度クラッチを踏んでギヤをニュートラルポジションに戻し、そこでアクセルをあおってエンジン回転を上げておいてから再びクラッチを踏んでギヤチェンジを行うもの。もちろん、この作業は素早く行われる。

 シフトダウンの際に各ギヤの回転数に違いがあると、ギヤチェンジ時の回転差でギヤとギヤがうまくかみ合わず、ギヤが“ガリって”しまう危険性がある。これはギヤを痛める要因になるので、一度ニュートラルにしてから回転を合わせるのだ。

 ギヤの回転をシンクロさせる機構は以前から用いられているが、かつてのこの機構は精度が低く、スポーツドライビングでなくてもダブルクラッチを使うケースは多かった。しかし、その後シンクロの性能も上がり、現在のマニュアル車でもダブルクラッチを駆使する必要はほとんどない。

次ページは : 細かいハンドル操作はもう古い!? 「ソーイング」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ