「ユーザーの皆さんもホントにそれ必要?」決算会見でスズキ社長が激白!「スズキの作るクルマ」はなぜ売れる?

「ユーザーの皆さんもホントにそれ必要?」決算会見でスズキ社長が激白!「スズキの作るクルマ」はなぜ売れる?

 スズキの鈴木俊宏社長が、2022年度上半期(4~9月)の決算会見で、クルマの装備について述べたことがニュースになった。「ユーザーの皆さんにも考えていただきたい。何でも付いているということが、本当に自分のクルマに必要なのか」。スズキのクルマがなぜ世界レベルで好調を持続できているのか、その要因を解き明かす。

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、ベストカーWeb編集部、トヨタ

■スズキの作るクルマはなぜ売れるのか?

バックモニターはユーザーにとってはありがたい装備のひとつではある。ただし、納期遅れの原因となる半導体を多く使うことになると筆者は指摘している
バックモニターはユーザーにとってはありがたい装備のひとつではある。ただし、納期遅れの原因となる半導体を多く使うことになると筆者は指摘している

 これは最近の新車に見られる納期の遅延と、価格の上昇に関係する指摘だ。今はクルマの装備が充実して、価格も高くなった。事故を防ぐ安全装備の充実は好ましいが、快適装備も増えた。

 運転席と助手席の電動調節機能、リアゲートの電動開閉機能、光の帯が流れるような方向指示機、大型のディスプレイ、スピーカーの数が多い上級オーディオ……、さまざまな上級装備が幅広い車種に採用されている。

 このような装備の充実により、今のクルマの価格は、15年ほど前の同じ車種の同じグレードと比べて約1.2~1.4倍に上昇した。また、これらの上級装備には、供給量が不足している半導体やワイヤーハーネスも豊富に使われる。装備の充実は価格を高めて、なおかつ納期が遅延する原因にもなっている。

 スズキの販売店では以下のように述べている。

「半導体による納期の遅れは、ディーラーオプションのカーナビやETCユニットにも当てはまる。お客様が早期の納車を希望される場合、カーナビやETCユニットを装着していない状態で納車し、入荷した段階で取り付けることも多い。いろいろと手間を要する」。

 鈴木俊宏社長の「何でも付いているということが、本当に自分のクルマに必要なのか」という問い掛けは、ユーザーから自動車業界まで、今の時代に皆で考えるべき大切なテーマだろう。

■デザイン優先で後方視界のよくないクルマも

新型セレナはモニターに頼らずとも視界がいいことを開発者が目指して作られたモデルだと筆者は主張する
新型セレナはモニターに頼らずとも視界がいいことを開発者が目指して作られたモデルだと筆者は主張する

 交通事故を減らす安全装備は、前述のとおりオーディオのような快適装備とは異なるが、見直すべき点もある。例えば、半導体を多く使うといわれるドライバーの死角を補う各種のモニターだ。これらがなかった時代には、後方の見にくいクルマはトラックのような商用車にかぎられていた。

 それが今では、乗用車にも後方がマトモに見えないクルマが増えた。外観を躍動的に感じさせるため、サイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げて、後方視界を故意に悪化させている。「モニターがあるから、後ろは見えなくても大丈夫」という発想でデザインされ、日本車、輸入車を問わず、モニターが必要不可欠の装備になった。

 このようなクルマで車庫入れなどを試すと、インパネに装着されたモニターを見ながら後退することになる。左右方向から急速に近付く自転車などを見落としやすく、モニターが万全でないことがわかる。

 つまり、今は危険なカーデザインが増えて、これを補うために、不完全なモニターの装着が必須条件になっている。この商品開発が価格を高め、納期を遅らせる原因にもなっているわけだ。以前のように視界の優れたカーデザインを採用すれば、半導体などを使う高価なモニターを採用する必要も薄れる。

 ちなみに視界に配慮して開発された新型シエンタや新型セレナの開発者は「視界は安全性を高めるうえで、とても大切だ。後方視界についても、ドライバーが自分の目で直接確認できるようにデザインすべきで、モニターに頼ってはならない」という。

 その一方、同じメーカーでも車種が変わると、C-HRやフェアレディZのように、後方の見にくいクルマが開発される。

次ページは : ■バランスの取れた商品開発がスズキの強み

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ