クルマからの「SOS」信号に気づけ!! ドライバーなら絶対に覚えておきたい警告灯6選

クルマからの「SOS」信号に気づけ!! ドライバーなら絶対に覚えておきたい警告灯6選

 車には、さまざまな警告灯があります。エンジンを始動すると全点灯する警告灯の中でも覚えておくべき警告灯はどれなのでしょうか。今回は、覚えておいておきたい警告灯を5つピックアップし、それぞれどのような意味なのか紹介します。

文/齊藤優太
アイキャッチ写真/Deemerwha studio-stock.adobe.com
写真/Adobe Stock

■そもそも警告灯とは?

赤色が危険、黄色が注意、緑色が安全と色によって警告灯の意味が分かれている(shiguretoki-stock.adobe.com)
赤色が危険、黄色が注意、緑色が安全と色によって警告灯の意味が分かれている(shiguretoki-stock.adobe.com)

 そもそも警告灯とは、車の異常や故障を知らせる灯火です。また、安全システムや運転操作に関する注意を促す警告灯もあります。いずれの警告灯も、注意喚起のために点灯するため、放置しないようにしましょう。

 また、警告灯は色によって意味が変わります。色ごとの意味は、黄色が「注意」、赤色が「危険」、緑色が「安全」です。

 このように警告灯の色で「安全・注意・危険」をひと目で認識できます。同じマークでも色によって意味が異なることも併せて覚えておきましょう。

■すぐに安全な場所への停車が必要な「危険」を示す警告灯

電気系統に異常があるときに点灯する「充電警告灯」(shiguretoki-stock.adobe.com)
電気系統に異常があるときに点灯する「充電警告灯」(shiguretoki-stock.adobe.com)

 すぐに車を停める必要がある危険度が高い警告灯には、「充電警告灯」や「油圧警告灯」、「水温警告灯」などがあります。

 ただし、車を停めるときは安全な場所に停止するようにしてください。

【充電警告灯】

 充電警告灯は、電気系統に異常があるときに点灯する警告灯です。

 12Vのバッテリー警告灯が点灯したまま走行を続けてしまうと、バッテリーが破損したり、エンジンが突然停止したりすることがあります。そのため、充電警告灯が点灯したらすぐに安全な場所に車を停めましょう。

【油圧警告灯】

 油圧警告灯は、エンジン内部を循環しているオイルの圧力が低下すると点灯する警告灯です。

 油圧警告灯が点灯したまま走行を続けると、エンジンが故障したり、破損したりする可能性があります。油圧警告灯が点灯したらすぐに安全な場所に車を停めましょう。

【水温警告灯】

 水温警告灯は、青色に点灯したり、赤色に点灯したりします。青色の点灯は、エンジンが冷えている状態を示すため、異常ではありません。

 いっぽう、赤色の水温警告灯は、水温が高いときに点灯します。赤色の水温警告灯が点灯すると、エンジンがオーバーヒートする可能性があるため、すぐに安全な場所に停車させてください。

次ページは : ■早めの点検が必要な「注意」を示す警告灯

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!