R34スカイラインもついに……北米25年ルール適用で値上がり確実の98年生まれ国産名車6選

R34スカイラインもついに……北米25年ルール適用で値上がり確実の98年生まれ国産名車6選

 アメリカの初年度登録から25年以上経過したクルマであれば、右ハンドル車の輸入・走行を認めるクラシックカー登録制度……いわゆる「25年ルール」。そこで、2023年で登場から25年を迎える「流出危惧車」と、その値上がり危険度をご紹介する。

※本稿は2023年4月のものです
文/萩原文博、写真/トヨタ、日産、ホンダ、三菱自動車、SUBARU、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年5月10日号

■今年北米25年ルール適用となる日本の名車は!?

25年ルール解禁後の高騰後の最たる例がR32型スカイラインGT-R。解禁前までは100万円台で買える個体もあったが、今や最安で400万円台という状況に
25年ルール解禁後の高騰後の最たる例がR32型スカイラインGT-R。解禁前までは100万円台で買える個体もあったが、今や最安で400万円台という状況に

 R32GT-Rやスープラ(A80)などの、いわゆるネオクラシック車の中古車価格高騰の原因となっている米国の「25年ルール」。

 今回は、今年ルール適用となる1998年初度登録の要注意車をピックアップ! その値上がり危険度とともに紹介していく!

■日産 スカイライン(R34)

クーペのほうが価格が高く、セダンは約78万〜約577万円
クーペのほうが価格が高く、セダンは約78万〜約577万円

 2023年にアメリカの25年ルールが適用されるモデルとしてまず紹介するのは、日産R34スカイラインだ。

 R33型GT-Rに匹敵する動的剛性感を実現したボディを採用したR34スカイラインクーペ/セダンは、R33よりホイールベースを55mm短縮。2ドアクーペは全長を60mm短くして、走行性能を向上。

 搭載するエンジンはNEOストレート6と呼ばれる直6エンジンで、最強の2.5L直6ターボは最高出力280psを発生する。

●値上がりの危険度は?

 現在の中古車相場を見ると、最高値はクーペが698万円、セダンが577万円と高額になっているが、今後は価格の安いクルマが市場からどんどん姿を消していくため、値上がりは必至。ゆえに値上がり危険度は激高となる!!

・中古車価格帯:約240万〜698万円(クーペ)
・値上がり危険度:激高

■スズキ 3代目ジムニー

米国では軽トラも人気だ。タフなオフローダーとしてジムニーもすでに注目されている
米国では軽トラも人気だ。タフなオフローダーとしてジムニーもすでに注目されている

 25年前の1998年は、軽自動車の規格変更が行われた年で、多くの軽乗用車が新規格となって登場した。旧型のジムニーも1998年に登場。

 ジムニー伝統のラダーフレームを踏襲しているものの、新設計の衝撃吸収構造となったフレームやサスペンションを改良し、オンロードの操縦安定性とオフロードの走破性を向上させている。エンジンは直3ターボの1種類でミッションは5速MTと4速ATが組み合わされる。

●値上がりの危険度は?

 ジムニーは国産車のなかでも値落ちしにくい車種の一台だが、中古車の最高値は238万円と新車時価格と変わらない。軽トラックや軽バンが人気上昇中なので、本格オフローダーのジムニーの値上がりは必至だ。

・中古車価格帯:約10万〜238万円
・値上がり危険度:激高

次ページは : ■三菱 ランサーエボリューションV

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!