斬新デザインが今や大人気!! クラウンクロスオーバーへの評価はどう変わった?

斬新デザインが今や大人気!! クラウンクロスオーバーへの評価はどう変わった?

 2022年9月の登場からあっという間に1年が経とうとしているトヨタ クラウンクロスオーバー。セダンとSUVを融合させた斬新なスタイルで話題を集めたが、新鮮味がある登場したての時と現在では、クルマへの評価はどう変わったのか?

※本稿は2023年5月のものです
文/岡本幸一郎、片岡英明、国沢光宏、写真/ベストカー編集部、トヨタ
初出:『ベストカー』2023年6月26日号

■超話題のターボハイブリッドを新搭載!

2022年9月登場のトヨタ クラウンクロスオーバー(価格:435万~640万円)
2022年9月登場のトヨタ クラウンクロスオーバー(価格:435万~640万円)

 新世代サルーンを目指してクロスオーバーへと大変身した新型の第一弾。パワーユニットは2.5Lハイブリッドに加えて、新開発の2.4Lターボハイブリッドを設定。全車4WDとして、スポーティな走りを実現する。

●トヨタ クラウンクロスオーバー Gアドバンスト・4WD
・全長×全幅×全高:4930×1840×1540mm
・車重:1770kg
・最小回転半径:5.4m
・パワーユニット:2.5L、直4(186ps/22.5kgm)+モーター(F:119.6ps/20.6kgm/R:54.4ps/12.3kgm)
・燃費:22.4km/L
・価格:510万円

■岡本幸一郎先生からの再・通信簿

リアモーターや4輪操舵を駆使した走りの実力はかなりのもの
リアモーターや4輪操舵を駆使した走りの実力はかなりのもの

・パワー感:8点
・ハンドリング:8点
・快適性能:8点
・環境性能:8点
・実用性:8点
・お買い得度:8点

 走りの実力はかなりのもので、リアモーターや4輪操舵を駆使してFFベースとは思えないハンドリングを実現している。ハイブリッドの動力性能も燃費もまずまず。半面、横置き4気筒エンジンはこの車格にはちょっと不似合いか。

●総合評価:88点

次ページは : ■片岡英明先生からの再・通信簿

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します