フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

フリードは乗り心地がいい!! ブレーキには不満も!? コンパクトミニバンから感じたホンダらしさとは

 登場から長い年月が経ち、フルモデルチェンジの噂も流れているフリード。やはり設計の古さは隠せずにいるが、それでもスペース効率に優れたレイアウトと熟成されたトランスミッションはさすがホンダのデキ!! 

※本稿は2023年9月のものです
文/水野和敏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

■動きはまさに前期型フィットそのもの

全長4265mm、ホイールベース2740mm。エンジンルームの前後長を短く切り詰め、車室の全長を可能な限り大きくとっているパッケージングが特徴的だ
全長4265mm、ホイールベース2740mm。エンジンルームの前後長を短く切り詰め、車室の全長を可能な限り大きくとっているパッケージングが特徴的だ

 さて、いつものように歩くほどのゆっくりした速度で走り出します。

 これはまさに前型のフィットですね。操舵に対し一瞬の間をおいて反応する感覚だとか、サスがストロークしながら外輪に荷重がかかっていく動き方など、この挙動の作り方は嫌いではありません。

 新型フィットはサスペンションの動きを滑らかにしているのはいいのですが、全体的にフロントが動きすぎ。特にフロントに荷重が寄る下り坂のコーナリングでは、フロントアウト側が前のめりにおじぎをします。全体的なバランスは前型のほうが安定していました。

 さてこのフリードですが、わざとこじるような操舵をしてもフロントがつんのめるようなことはなく、切り返しの動作でもリアの追従性がよく、変にリアが粘るような違和感はありません。安心感のあるバランスのよい操安性です。乗り心地もいいです。

■改良されたDCT&ハイブリッド

ノイズは許容範囲な反面、ブレーキはやや容量不足か。若干ではあるがエンジンの騒音が室内に入る
ノイズは許容範囲な反面、ブレーキはやや容量不足か。若干ではあるがエンジンの騒音が室内に入る

 ロードノイズは全体的によく抑えられています。ちょっと後輪からリアサスを通じてルーフレールを共振する騒音が入ってきますが許容範囲です。

 ブレーキはやや容量不足を感じます。止まる瞬間に伸びてしまう感覚があります。

 DCTを使ったハイブリッドは、初期にはトラブルが多く発生しましたが、ずいぶんと改良されましたね。シフトアップ、ダウンの動作感に違和感はありません。

 ハイブリッドとは言いますが、モーターの押し出し感はそれほど大きくはなく、あくまでもエンジン主体のパワートレーンです。ややエンジンの騒音が室内に入ってきます。

■水野和敏 取材メモ

エンジンルームを極力小さく、その分キャビンスペースを広くというホンダの思想が息づいている
エンジンルームを極力小さく、その分キャビンスペースを広くというホンダの思想が息づいている

・エンジンルームを最小限のサイズとして、限られた全長の中でキャビンスペースを最大限に活かすパッケージングはいかにもホンダらしい工夫を感じさせる

・3列目シートは跳ね上げ式収納。荷室スペースは規制されるが、座面前後長がたっぷりとあり、また座面、背もたれともにクッション厚があって座り心地がいい

・7速DCTにモーターを組み合わせたハイブリッドは改良されたが、やはり設計の古さを感じさせる

次ページは : ■ホンダ フリードハイブリッド(90点)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!