雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

雰囲気はミニ「Z32フェアレディZ」!? 日産NXクーペはセクレタリーカーとして北米で成功も日本では「時代の徒花」に?

 連載第5回目となる今回の日産ヘリテージコレクションの名車紹介では、日本ではキワモノ的な扱いだったが、メイン市場である北米では大人気を誇った「NXクーペ」を取り上げる。

文/大音安弘、写真/池之平昌信、日産

【画像ギャラリー】日産NXクーペは1990年代の個性派モデル! セクレタリーカーとして北米では大成功したが……(21枚)画像ギャラリー

■RZ-1後継として誕生したNXクーペ

7代目サニーのクーペモデルとして1990年に誕生したNXクーペ
7代目サニーのクーペモデルとして1990年に誕生したNXクーペ

 スポーツカーのようなカッコよさが愛された時代、多くのスペシャルティカーを誕生した。そのひとつに、北米を中心に展開された働く女性のための小さくお洒落なクーペの「セレクタリーカー」がある。小さなクルマを得意とする日本メーカーが、欧州のメーカーと激しい戦いを見せたジャンルのひとつでもある。

 NXクーペは、1990年(平成2年)1月11日、基本構造を共有する7代目サニーシリーズ(B13)のバリエーションのひとつとして登場。日本では、先代6代目サニーのクーペ「サニーRZ-1」の後継として位置付けられていた

サニーRZ-1。6代目サニーのクーペとして登場したが、NXクーペとは性格がまったく異なっていた
サニーRZ-1。6代目サニーのクーペとして登場したが、NXクーペとは性格がまったく異なっていた

 しかし、メイン市場となる北米では、日本でも販売された変わり種の2ドアスペシャルティカーであった2代目エクサ(現地名パルサーエクサ)の後継モデルに位置づけられている。このため、海外仕様では「NX」を名乗った。

■NDIが手がけた未来的デザインが特徴

NXクーペのリアビュー。3ドアHBタイプのクーペで、Z32フェアレディZを小さくキュートにしたようなデザインにも見える
NXクーペのリアビュー。3ドアHBタイプのクーペで、Z32フェアレディZを小さくキュートにしたようなデザインにも見える

 未来的かつスタイリッシュなエクステリアデザインは、カリフォルニアのデザインセンター「日産デザインインターナショナル(NDI)」によるもの。現在のニッサンデザインアメリカである。ターゲットユーザーを熟知していることを強みに、軽快で気軽に乗れるセレクタリーカーに仕上げていた。

 そして、カリフォルニアの気候にも最適な太陽光や風の変化を楽しめるTバールーフも与えていた。この点は、エクサの後継を意識したのもあったのだろう。特にユニークなのが、奥まった楕円形のヘッドライトを備えたグリルレスのフロントマスクだ。

 RZ-1とは異なり、サニー一家であることよりも、よりセレクタリーカーとして魅力的な存在を目指したといえる。ちなみに、サニーセダンは日本の日産テクニカルセンターの作品である。

NXクーペのインテリア。デジタルメーターを標準採用していた
NXクーペのインテリア。デジタルメーターを標準採用していた

 内装はサニーとダッシュボードは共通デザインとしているが、2ドアクーぺのため、ドアトリムや後席など専用部品も多数採用する。そのひとつで象徴的なのが、スペシャルティカーで人気のアイテムであったデジタルメーターの標準化だ。

 また、ドア開口部には傘の収納スペースを装備しており、雨天時でも車内を濡らさない工夫が施されていた。もちろん、この傘には水抜き用のドレンが装備されている。後席とラゲッジスペースはスタイルを優先し、小ぶりとなっていた。

次ページは : ■Tバールーフ仕様も設定していた

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!