ヴィッツ、プリウス、ワゴンRたち「国民車」の30年とその行方


 戦後日本の歩みとともに数多のクルマが現れては消えた。

「国民車」といえば、そんなクルマたちのなかでも「性能よく」「コストパフォーマンスよく」「使い勝手よく」という、三拍子そろったクルマに与えられた称号であり、それがそのまま、その時代その時代の覇権がどのクルマ、どのメーカーにあったのかをも表していたように思う。

 本企画ではそんなクルマたちを紹介していきたい。

 1970年以降に発売された「国民車的なクルマたち」をピックアップしていくと、時代の要求がそうさせたのか、4つの流れに分けることができる。

●I期…誰もが買いやすいコスパに優れた「2BOX&コスパ期(第1世代・1972年〜1982年)」。
●II期…3世代でドライブできる3列シートを持った「3列シート期(第2世代・1982年〜2001年)」。
●III期…燃費に優れ、新技術、新しい価値観を持つ「ハイブリッド&新価値期(第3世代・1993年〜2011年)」。
●IV期…再びコスパを重視した「コスパ重視期(第4世代・2003年~2019年)」。

 本企画ではIII期・IV期の30年間を中心に取り上げる。

 じつは「国民車」の企画を立ち上げておきながら、担当的には今現在ほんとうに「国民車」と呼ぶに足るクルマが存在しているのか? ちょっと疑わしく思ってもいたりする。

 その理由は最後にまとめてみたので、担当のギモンをアタマの片隅にでもおいておいてもらいながら、III期とIV期のクルマたち、30年の日本と日本車の歩みを眺めていってもらいたい。

※本稿は2019年7月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


【III期 01】 再び軽が国民車へ。初代ワゴンRの衝撃

 ミニバンブーム(編集部註:本企画の流れとしてはII期に入る)前夜とほぼ同時期に画期的な軽自動車が誕生する。1993年登場の初代ワゴンR。今に通じる背の高い軽自動車の先駆けだ。

●軽自動車の常識を覆した革新モデル│スズキ初代ワゴンR(1993~1998年)

背を高くすることで室内を広くするなど革新的発想が盛り込まれた軽。月販目標5000台をはるかに超え、生産ラインを拡張したほど

 旧規格だからボディは今の軽よりも小さいが、ゆとりの4名乗車の空間には驚かされたものだ。後席の背もたれを前に倒すと、座面が下がり広く平らな荷室になる仕組みも新鮮だった。

 助手席の下には大容量の収納ボックスも備わり、現行ワゴンRと共通の特徴を備えていた。

 実は初代ワゴンRの開発段階では「こんなクルマが売れるのか?」と疑う意見もスズキ社内に根強く、コスト低減のために部品共用化率を70%まで高めていた。

 月販目標も5000台に抑えて発売したが、次第に売れゆきを伸ばし、1996年の月販平均は3倍以上の1万7000台に。

 “軽の新ジャンル”の船出は、実は順風満帆ではなかったのだ。

【III期 02】 コンパクトハッチにも新たな風、ヴィッツ誕生

 コンパクトカーで新たな価値を生んだのが1999年に発売された初代ヴィッツ

●キャッチコピーは「21世紀マイカー」│トヨタ初代ヴィッツ(1999~2005年)

Aセグ・コンパクト市場へ新たに投入。1999年のCOTYを受賞し、トヨタの売れ筋、カローラを上回るヒット作に

 前身となるスターレットなどのコンパクトカーに比べ、質感を大幅に高めたのが注目された。丸みのあるスタイルと入念に作り込まれた内装は、ミドルサイズセダンに見劣りしない…と、当時の私は感じたものだ。

 走行安定性と乗り心地も優れ、欧州などでもヤリスの名称で売られて人気モデルに。国内販売の月販目標は、発売時点では9000台だったが、2000年には平均1万3000台を超えるほどの人気。

 また発売当初のエンジンは1Lだったが、2001年に初代フィットが登場して好調に売れると、半年後には1.3Lを搭載する買い得なU・Dパッケージを急遽追加。

 価格はフィットで売れ筋のAと同額に抑えて、強敵を必ず追撃するトヨタの迅速な商品開発力を見せつけた。そうしてヴィッツは国民車への道を歩んでいく。

次ページは : 【III期 03】 「お買い得感」こそが国民車を形成する ── フィットの登場