ヴィッツ、プリウス、ワゴンRたち「国民車」の30年とその行方

 戦後日本の歩みとともに数多のクルマが現れては消えた。

「国民車」といえば、そんなクルマたちのなかでも「性能よく」「コストパフォーマンスよく」「使い勝手よく」という、三拍子そろったクルマに与えられた称号であり、それがそのまま、その時代その時代の覇権がどのクルマ、どのメーカーにあったのかをも表していたように思う。

 本企画ではそんなクルマたちを紹介していきたい。

 1970年以降に発売された「国民車的なクルマたち」をピックアップしていくと、時代の要求がそうさせたのか、4つの流れに分けることができる。

●I期…誰もが買いやすいコスパに優れた「2BOX&コスパ期(第1世代・1972年〜1982年)」。
●II期…3世代でドライブできる3列シートを持った「3列シート期(第2世代・1982年〜2001年)」。
●III期…燃費に優れ、新技術、新しい価値観を持つ「ハイブリッド&新価値期(第3世代・1993年〜2011年)」。
●IV期…再びコスパを重視した「コスパ重視期(第4世代・2003年~2019年)」。

 本企画ではIII期・IV期の30年間を中心に取り上げる。

 じつは「国民車」の企画を立ち上げておきながら、担当的には今現在ほんとうに「国民車」と呼ぶに足るクルマが存在しているのか? ちょっと疑わしく思ってもいたりする。

 その理由は最後にまとめてみたので、担当のギモンをアタマの片隅にでもおいておいてもらいながら、III期とIV期のクルマたち、30年の日本と日本車の歩みを眺めていってもらいたい。

※本稿は2019年7月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ