新旧ミックス具合が絶妙!! あのロンドンタクシーがEVで登場 1120万円だけどこれいい!!

 世界で最も有名なタクシーと言えばロンドンタクシーで、その歴史は古い。しかし、自動車産業が電動化に舵を切るなか、伝統のロンドンタクシーと言えども例外ではない。

 日本ではトヨタがジャパン(JPN)タクシーを2017年から販売しているが、ロンドンに対しジャパンというネーミング、エクステリアデザイン、コンセプトなどロンドンタクシーの影響を大きく受けているのがわかる。

 新世代のロンドンタクシーは、LEVCジャパンを通して日本に正規輸入されている。最新モデルであるロンドンタクシーTXを松田秀士氏が試乗&レポートする。

文/松田秀士、写真/LEVC

【画像ギャラリー】日本の景色にもジャストフィット!! ロンドンタクシーの魅力がわかる厳選20カット!!


後輪駆動採用で優れた小回り性

伝統のクラシカルなデザインを踏襲したネオクラシックなデザイン。丸灯が内蔵される異形ヘッドランプと大型グリルがいい味を出している

 ロンドンタクシーというと英国調の歴史を感じさせるエクステリアデザインの落ち着いたモデルを想像しがちだが、現在のモデルは時代にふさわしい装備と性能に進化している。

 大きな変化はやはりEV化だ。これは現在の経営権が中国のジーリー社に移行していることと関係がある。ジーリー社はボルボも傘下に収める企業。

 それゆえステアリング周りなど操作系の随所にボルボ車と同じパーツが使われていることに気付くのだ。

 まずそのスペックだが、現行モデルはかなり大きい。

ジャパンタクシーはトヨタが東京オリンピックに普及させることを目的に2017年に発売開始。とトヨタ車で唯一のLPG+モーターのハイブリッド

 全長4855×全幅2036×全高1880mm、ホイールベース2985mmだ。ちなみにトヨタ・ジャパンタクシーは全長4400×全幅1695×全高1750mm、ホイールベース2750mmだ。 

 このように比べてみても現在のロンドンタクシーは巨大。しかし、決定的な違いはジャパンタクシーがFFであるのに対してロンドンタクシーはFRなのである。

これによってジャパンタクシーの最小回転半径が5.3mなのに対してロンドンタクシーは4.012mと圧倒的に小回りができるのだ。これはロンドンにある高級ホテル、サボイ・ホテルのエントランスを切り返しせず1回で通過するためだとか。

パワフルではないし、重量も重いが、FRのメリットを生かして小回りが利くので、日本の街中でもキビキビ走って気持ちい

 FRゆえに駆動軸は後輪にあるわけで、フロントタイヤの切れ角を大きくとれるから実現したこの小回り性能。

 同じくホンダeもRRという後輪駆動ゆえに小回りが利く。今後EVのキーワードは後輪駆動になるのかもしれない? と筆者は感じるのだ。

 BEV(バッテリーEV)であれば後輪軸上にモーターを置くだけでホンダeのように後輪駆動が可能になる。

 したがってフロントタイヤは操舵に集中させることができるわけで、ハンドリングもよく小回りも利くという一石二鳥になるわけだ。

全幅はミラーをたたんだ状態のもので、ミラー・トゥ・ミラーは2036mm

ボルボのパーツを多用することによる安心感

 で、ここではタクシーの運転手さんになった気持ちでドライブしてみよう。

 まず英国ゆえに右ハンドルだ。これは助かる。ちょっとSUVチックなドライビングポジションでアイポイントが高く見通しもいい。

 ディスプレイ類はステアリングの奥に速度計などの丸形3連メーター。そして左側のダッシュにはナビなどのディスプレイが完全にドライバー向けにオフセットされている。

非常に現代的なコックピットにはボルボのパーツが数多く使われている。ちなみにロンドンタクシーは助手席には乗車できない

 助手席からは見えなく、運転手さん専用だ。そしてじっくりこのダッシュパネル周りを見渡すとナビディスプレイはほとんどボルボと同じ。

 ディスプレイもシフトノブなどの操作類もほぼボルボのモノがそのまま使われている。したがって操作性もよく、安心感も高いというもの。

 走り出す前は神経質で運転が難しいのでは? と勝手に予想していたのだが、まったくそのようなことはなく、むしろ日本でも使い慣れたボルボのシステムのおかげで違和感なくなじみやすいのだ。

ワイドな全幅だが、日本の狭い道でもストレスなく走らせることができるのは、最小回転半径が小さいから。大きいが取り回し性に優れるのは魅力

 そして一番心配していた全幅2036mmという大きさ。ミラー格納時の全幅は1945mmなので実際に運転しているときにはそれほど横幅を感じずに運転することができる。

 少し気を付けるとすれば車重が2310㎏で客席6人フル乗車だとそれなりの重量になるので、ブレーキは早めに早めにというのを心掛けた。

 今回は筆者を含めて2名乗車だったので、その場合はまったく問題ないブレーキで大丈夫。

 そしてEVゆえに停止&発進がとてもスムーズでストレスがない。とにかくこの重い車体でも普通のガソリン車以上にスッと加速する。

 背の高いこの大きな車体からは想像ができないほどスムーズで、都内のストップ&ゴーでもほとんど疲れないのだ。

 で、実際に走ってみるとやはり最小回転約4.0mは素晴らしい。細目の路でも1回でUターンが可能。この大きさからはまったく想像がつかない。

モーターならではのスムーズな加速は魅力的。発進時だけでなく、高速道路を走行しても加速性能に不満はない

独特の6人乗り仕様

 では後部の客席に乗り込んでみよう。

 まず感じるのが室内の広さだ。乗降部の大きさはジャパンタクシーでは720(横幅)×1300(高さ)mmだがロンドンタクシーでは857(横幅)×1319(高さ)mmとなっている。

スライドドア並みに幅広い開口部は乗降性抜群。専用のスロープを使用すれば、車椅子でも楽々乗降できるのはさすが伝統のなせる業

 こう見ると車格の割にはジャパンタクシーもよくできていることがわかるが、室内に入り込むとその差は歴然でとにかくスペース感が大きい。

 3席ずつ向かい合わせに座る6人乗りなのだが、前方側のシートは跳ね上げ式となっていて、使わなければその広いスペースに車椅子を入れることができる。

 専用のスロープも付いているので無理なくスムーズに乗ったまま搬入ができるのだ。専用のスロープそのものの耐荷重も250㎏と十分な余裕がある。

対面式の3+3のシート配列の6人乗りとなっている。3人以下で乗る場合は、前側の3席は収納でき、広大なスペースが生まれる

 特筆なのは走行中の室内静粛性。EVゆえに静かなのは確かにそうなのだが、ボディの造りがとても堅剛でロードノイズを含めて非常に静か。

 この広い空間といい、とにかくストレスフリーなのだ。運転席ともパネルで完全遮断されているので防犯もコロナも心配ないだろう。さらに運転席とはマイクを介して通話ができるようになっている。

レンジエクステンダーにより満タンで約510km走行

日本で販売を開始したロンドンタクシーTXだが、その販売台数については非公開。2020年11月現在で運行しているタクシー会社はないもよう

 搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量は31kWhなので日産リーフの標準仕様よりひと回り小型の容量で約126㎞の走行距離。

 これに1.5Lガソリンエンジンで発電して走るレンジエクステンダーとしての機能も持っているので満タン36Lで約510㎞の走行が可能だ。

 200Vチャージ以外にチャデモの急速充電も可能で価格は1120万円。商用ベースとしてこの価格をどう見るのか? 筆者にはわからないが、その風格といい高級ホテルの送迎にはピッタリと感じた。

 しかも、環境を大切にする姿勢のアピールにもなる。日本でも走り回る姿が見たいものだ。

充電口はフロントマスク、ヘッドランプ横にある。バッテリーのみでは航続距離は少ないが、レンジエクステンダーにより安心

【画像ギャラリー】日本の景色にもジャストフィット!! ロンドンタクシーの魅力がわかる厳選20カット!!